メインメニューを開く

滋賀県道・京都府道3号大津南郷宇治線

日本の滋賀県と京都府の道路

滋賀県道・京都府道3号大津南郷宇治線(しがけんどう・きょうとふどう3ごう おおつなんごううじせん)は、滋賀県大津市松原国道口交点を起点に京都府宇治市宇治橋西詰交点に至る府県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svg
滋賀県道3号標識
Japanese Route Sign Number 3.svg
京都府道3号標識
滋賀県道3号 大津南郷宇治線
京都府道3号 大津南郷宇治線
主要地方道 大津南郷宇治線
制定年 (滋賀県側)1954年
(京都府側)1955年
起点 滋賀県大津市松原【地図
終点 京都府宇治市宇治妙楽【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0422.svg 国道422号
E88 京滋バイパス
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道62号標識
京都府道62号宇治木屋線
Japanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道7号標識
京都府道7号京都宇治線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道15号標識
京都府道15号宇治淀線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

「宇治川ライン」と呼ばれ、ほぼ全区間琵琶湖国定公園内の瀬田川 - 宇治川沿いを走るドライブコースでもある。ほとんど全線で片側1車線となっているが、土砂崩れやその復旧工事のために片側交互通行となることがある。

路線データ編集

歴史編集

  • 1954年昭和29年)9月から1955年(同30年)3月にかけて認定され、当初の路線名は「宇治瀬田線」であった。
    • 宇治市を起点とし、栗太郡瀬田町(現:大津市)に至る主要地方道であった。
  • 1964年(昭和39年)11月26日天ケ瀬ダムの竣工により曽束大橋を含む大津 - 宇治間が開通した[1]
  • 1972年(昭和47年)3月から現在の路線名になり、1981年(同56年)4月から大津市側の大半は国道422号との重複区間になった。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、府県道大津南郷宇治線が大津南郷宇治線として主要地方道に指定される[2]

路線状況編集

重複区間編集

  • 国道422号(起点 - 滋賀県大津市石山南郷町)
  • 京都府道62号宇治木屋線(京都府綴喜郡宇治田原町郷之口末山・宇治田原町宵待橋 - 宇治市宇治妙楽・宇治橋西詰交差点)

通行規制編集

夏季に車両規制がある。

  • 規制区間:宇治市天ヶ瀬・宵待橋間
    • 規制対象:自動二輪車および原動機付自転車
    • 規制時間:7月20日前後から8月31日 / 終日

地理編集

 
平等院付近
京都府宇治市宇治塔川で撮影
 
終点付近
京都府宇治市宇治字妙楽で撮影

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大津市『新修大津市史』第9巻 南部地域、大津市、1986年11月29日。
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集