メインメニューを開く

瀬戸地域(せと ちいき)は、岡山県岡山市東区にある広域地区。かつての赤磐郡瀬戸町(せとちょう)に相当する。2007年1月22日に岡山市に編入合併し、瀬戸支所の管轄地域となった。本項では赤磐郡瀬戸町(町制前の名称は磐梨郡 → 赤磐郡物理村(もどろいそん))についても述べる。

瀬戸地域
せと
日章旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
自治体 岡山市
行政区 東区
旧自治体 赤磐郡瀬戸町
面積
41.78km²
世帯数
6,774世帯
総人口
15,236
登録人口、2018年7月31日現在)
人口密度
364.67人/km²
隣接地区 市内
東区西大寺・上道
市外
備前市瀬戸内市赤磐市
岡山市東区役所瀬戸支所
岡山市東区役所瀬戸支所
北緯34度44分1.76秒 東経134度2分20.28秒 / 北緯34.7338222度 東経134.0389667度 / 34.7338222; 134.0389667座標: 北緯34度44分1.76秒 東経134度2分20.28秒 / 北緯34.7338222度 東経134.0389667度 / 34.7338222; 134.0389667
所在地 〒709-0897
岡山県岡山市東区瀬戸町瀬戸45
リンク 瀬戸支所公式ページ
瀬戸地域の位置(岡山県内)
瀬戸地域
瀬戸地域
テンプレートを表示

2010年現在、地域内全域の大字に「瀬戸町」の名を冠している。

目次

概要編集

岡山市の最東部にあたり、岡山県の南東部、旧赤磐郡の南端に位置する。北隣は赤磐市(旧赤磐郡山陽町)、西隣は岡山市東区上道(旧上道郡上道町)、南隣は岡山市東区西大寺(旧西大寺市)、東隣は赤磐市(旧赤磐郡熊山町)でとなる。

地区の中央に鉄砲山と呼ぶ小高い山があり、周辺は瀬戸鉄砲山公園が整備され、山頂にはテレビ放送の備前瀬戸中継局が設置されている。その東側を吉井川、西側を砂川が流れている。

鉄砲山と砂川にはさまれた瀬戸駅周辺地区、砂川西岸の玉井地区、鉄砲山南麓の潟瀬地区、および鉄砲山から北東にやや離れた吉井川流域の万富地区からなる。

南西部と北東部にはやや平地が広がるが大半は標高100m - 350mの丘陵地となっている。町の東端を吉井川が北から南に流れており、川沿いの北東部・万富地区に麒麟麦酒岡山工場があり、平成19年4月には中四国では初の体育学部を要する「環太平洋大学(IPU)」が設立された。

地勢編集

主な自然環境
  • 山:鉄砲山(166m)、龍王山(242m)、大森山(351m)
  • 河川: 吉井川砂川
  • 池: 鍛冶屋大池、宮池

歴史編集

せとちょう
瀬戸町
   
瀬戸町旗 瀬戸町章
廃止日 2007年1月22日
廃止理由 編入合併
瀬戸町建部町岡山市
現在の自治体 岡山市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
赤磐郡
団体コード 33321-2
面積 41.78km2
総人口 14,893
(2006年10月31日)
隣接自治体 岡山市、備前市瀬戸内市赤磐市
町の木 マツ
町の花 サツキ
瀬戸町役場
所在地 709-0897
岡山県赤磐郡瀬戸町瀬戸45番地
旧瀬戸町役場庁舎位置
外部リンク 瀬戸町(Internet Archive)
座標 北緯34度44分1.7秒
東経134度2分20.1秒
 表示 ウィキプロジェクト

古墳時代にはこのあたりが瀬戸内海の海岸線であった。このためか、「江尻」、「潟瀬」といった海辺を思わせる地名が残っている。

奈良時代には班田がおかれたため、条里制のあとが残っている。一般に古代 - 中世の道はアップダウンを避けて等高線に沿って曲がりくねることが多いが、この地域は条里制の名残で瀬戸駅周辺の道は碁盤の目状である。

中世には豪族の物理(もどろい)氏が支配した。

沿革編集

旧・瀬戸町編集

町長
  • 最終町長:土井堅郎 - 1995年1月20日就任(合併後に合併特例区長となる)
姉妹都市・提携都市

行政編集

経済編集

農業が中心産業であるが、キリンビール岡山工場が立地し、工業生産額も多い。また住民の多くは岡山市内等に通勤する勤労者である。

  • 農業 - 丘陵地を利用したモモブドウなどの果樹栽培を中心とした農業が盛んである。瀬戸町の篤農家大久保重五郎が開発したモモの品種白桃は画期的で、後の様々なモモの品種のルーツとなった。
  • 工業 - 麒麟麦酒の工場がある。かつては果樹産地の特長を活かした缶詰工場があった。
  • 商業 - 瀬戸駅周辺地区では、北隣の赤磐市下市地区と南隣の岡山市東区平島地区に大規模なショッピングセンターがいずれも車で至近距離であり、顧客を奪われてしまっているが、生活必需品の零細な商店からなる商店街がある。また万富地区では、経営者の高齢化などで商店の閉店があいつぎ、車を持たない家庭の買い物難民化が問題となっている。笹岡地域に岡山県東部最大のショッピングセンター(イオン)が進出するという構想がある。
  • 金融 - 岡山東農業協同組合本店、中国銀行瀬戸支店、トマト銀行瀬戸支店、ゆうちょ銀行
  • サービス業:病院・医院・歯科医院等の医療機関は人口の割に多い。理髪店・美容室等も比較的多い。ホテルはない。飲食店も少ない。
  • 主要企業 - 麒麟麦酒岡山工場、ユニバーサル製缶岡山工場、光軽金属工業など

教育編集

小学校・中学校
高等学校
四年制大学
短期大学

交通編集

鉄道路線
 
瀬戸駅
 
万富駅
バス路線
道路

名所編集

 
大廻小廻山城跡

出身有名人編集

関連項目編集

その他編集

電話番号

電話の単位料金区域は岡山瀬戸MAに属し、市外局番は、086(600 - 609、950 - 959、994 - 999)となっている。

  • 2001年3月3日に逼迫対策で08695(2 - 9)から0869(50 - 59)に変更。
  • 2006年3月4日に再度の逼迫対策で0869(50 - 59)から086(600 - 609、950 - 959)に再変更。
    • なお、それまで同一の市外局番だった、邑久MA(瀬戸内市)は0869(20 - 29、34)、備前MA(備前市和気町・赤磐市熊山地区)は0869(60 - 89、92 - 93)・08699(4 - 9)のまま変更なし。
  • 2008年3月1日より、備前MAから赤磐市熊山地区(08699(4 - 9)→ 086(994 - 999))が当該MAに編入。
    • なお、その他の備前MA(備前市和気町)は従来通り0869(60 - 89、92 - 93)のまま変更なし。
  • 2011年2月23日より、久米南町の一部(086(958)→ 0867(28)、加入者番号も大幅に変更)が福渡MAに編入。
  • 岡山瀬戸MAに属している地域
    • 赤磐市(山陽地区の一部を除く)・岡山市東区瀬戸町・美咲町(柵原地区の一部(高下・飯岡))
郵便番号

郵便物の集配は、以下の支店が行っている。

脚注編集

  1. ^ 赤磐郡の他4町(山陽町、熊山町、赤坂町吉井町)と市役所の位置関係で対立し(他4町が山陽町に市役所を置く案を出したが、瀬戸町のみが瀬戸に置くことを主張し譲らなかったことが原因)、瀬戸町は赤磐郡合併協議会から離脱。赤磐郡の他四町(前記)2005年3月7日は対等合併し赤磐市を新設した。
  2. ^ 瀬戸町合併特例区終了式(岡山市長室・市政日誌 平成24年1月)

外部リンク編集