メインメニューを開く

灰とダイヤモンド」(はいとダイヤモンド)は、1985年8月8日に発売された沢田研二の44枚目のシングルである。

灰とダイヤモンド
沢田研二シングル
初出アルバム『架空のオペラ
B面 デビューは悪女として
リリース
ジャンル ポップス
レーベル イーストワールド/東芝EMI
作詞・作曲 李花幻
ゴールドディスク
沢田研二 シングル 年表
AMAPOLA
(1984年)
灰とダイヤモンド
1985年
アリフ・ライラ・ウィ・ライラ 〜千夜一夜物語〜
1986年
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • ザ・タイガースでデビューして以来所属していたナベプロを独立し、東芝EMI(現・ユニバーサルミュージックLLCVirgin Musicレーベル)に移籍しての第1弾となる作品。前作の「AMAPOLA」(1984年9月)から、1年近く振りのシングル・リリースとなった。
  • 同年にリリースされた唯一のシングルで、アルバム『架空のオペラ』先行シングル。
  • 作詞・作曲者の「李花幻(りかげん)」は「いいかげん」をもじったジュリー本人のペンネームであると言われているが、当時のプロデューサーであった大輪茂男はその説を否定したのの、曲自体はジュリーが作ったものだと発言している[1]。一説には同曲の詞があまりにも当時のジュリーの真情をリアルに描いているため、あえてジュリー本人のみならずファンにも作品から距離を置かせるために用いたという。
  • これまでのバンドサウンドと異なり、ヴァイオリンを大きくフィーチャーしている。なおB面の「デビューは悪女として」にはホーンサウンドがフィーチャーされている。
  • B面ではセールスにおけるジュリーの絶頂期を支えた作詞:阿久悠、作曲:大野克夫が久々に復活している。

収録曲編集

  1. 灰とダイヤモンド
  2. デビューは悪女として

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 東海ラジオ『J-POPタイムカプセル あの日からあの日へ』(2016年1月3日放送)にて、ゲスト大輪茂男のトークより。