メインメニューを開く

烏山駅

日本の栃木県那須烏山市にある東日本旅客鉄道の駅

烏山駅(からすやまえき)は、栃木県那須烏山市南二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)烏山線である。烏山線の終着駅である。

烏山駅
駅舎(2017年8月)
駅舎(2017年8月)
からすやま
Karasuyama
(2.9km)
所在地 栃木県那須烏山市南二丁目5-6
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 烏山線
キロ程 20.4km(宝積寺起点)
電報略号 カラ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
525人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1923年大正12年)4月15日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

目次

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅夜間滞泊あり)。

かつては対向式ホーム2面2線で、通常は現在でも使用されている駅舎側のホームのみで乗降が行なわれていた。東側にあったもう1本のホーム、レールは使用されておらず、山あげ祭りの臨時客車列車における機関車の機回し作業に用いられる程度であった。2012年2月に、開発が進められている「蓄電池駆動電車システム」用車両の充電設備が設けられ、そのスペース確保としてレールが撤去され1面1線構造となった。東側ホームはそのままである[3]。なお、充電設備は2014年3月からJR東日本EV-E301系電車の定期運用開始に伴い運用を開始した[4][5]

宝積寺駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)となっている。かつてはみどりの窓口が設置されていたが、2013年に営業を終了し、代わりに指定席券売機が設置されている。

旧駅舎内の待合室は広く、多くの椅子が用意されている。このほか、隣接して臨時の待合室と改札があり、この臨時改札には「無事カエル」というかえるの置物が置いてある。

駅舎入口付近には、当駅でかつて使用されていた腕木式信号機が記念として設置されている。

発車予告メロディー編集

朝・昼・夕・夜のそれぞれの時間帯で発車3分前から以下の発車予告メロディーが流れる。JR北海道函館駅池田駅留萌駅などでは既に実用化されているが、JR東日本の駅では唯一の事例となっている。

音源は防災行政無線や学校などのチャイム用途に使われるTOAのメロディクスによるもので、通常の発車メロディーとは放送機材が全く異なるものである。

利用状況編集

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員525人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 801 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 774 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 702 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 679 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 674 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 663 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 670 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 646 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 625 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 588 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 555 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 515 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 480 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 495 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 501 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 532 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 554 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 525 [利用客数 1]

駅周辺編集

バス路線編集

 
バス乗り場(2017年8月)

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
烏山線
滝駅 - 烏山駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ 『鉄道と電気技術』2013年7月号 p.30「烏山線自動閉そく化・ATS-P化工事の概要」
  2. ^ “国内初の蓄電池電車アキュム、JR烏山線でGO”.下野新聞(下野新聞社). (2014年3月16日)
  3. ^ 交友社鉄道ファン」2012年5月号
  4. ^ 「スマート電池くん」を実用化し、烏山線に導入します (PDF) - 東日本旅客鉄道
  5. ^ 烏山線でEV-E301系が営業運転を開始 - 交友社「鉄道ファン」railf.jp鉄道ニュース 2014年3月16日

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集