メインメニューを開く

煉瓦女工』(れんがじょこう)は、野澤富美子短編小説またはそれを表題とする短篇集、およびその映画化作品、舞台作品である。

野澤の文壇デビュー作「隣近所の十ヶ月」(『ホトゝギス1940年4月号掲載)、表題作「煉瓦女工」(『公論』1940年5月号掲載)を含む7編を収録した同名の短編集(鈴木信太郎装幀)。1940年5月、第一公論社から刊行され、ベストセラーになった。

短編集『煉瓦女工』は八田尚之によって脚色されて、1940年南旺映画千葉泰樹監督により映画化された。戦後、1946年になってようやく映画が公開されたこともあり、原作が再評価されて、1947年の新教育社版、小池富美子名義の新日本文学会版(1948年)が出ている。また、1954年奈良岡朋子の初主演で劇団民藝が舞台化した。

あらすじ編集

表題作「煉瓦女工」を含めて、舞台は横浜市・鶴見の運河沿いの生麦地区と潮田地区。主人公の少女は病弱にも関わらず家族の生活のために女工として働く。「隣近所の十ヶ月」では、長屋の人々との交流が描かれる。短編集に収録された各作品が独立していながら、ひとつの作品世界を構築している。

評価編集

宮本百合子が評論「若い婦人の著書二つ」(『新女苑』1940年7月号)で、「好評であることが十分にうなずけるつよい迫力をもった、生々しい筆致」と評価し、戦後、「『婦人と文学』附録」(筑摩書房、1951年4月)で、取り上げ、「荒々しく切なく、そしてあてどのない日本の下層生活を、その荒々しさのままの筆力で描き出して、一種の感銘を与えた」と評した。

映画編集

煉瓦女工
監督 千葉泰樹
脚本 八田尚之
出演者 矢口陽子
三島雅夫
三好久子
小高たかし
徳川夢声
水町庸子
音楽 深井史郎
撮影 中井朝一
配給 松竹
公開   1946年2月14日
上映時間 63分
製作国   日本
言語 日本語(一部朝鮮語
テンプレートを表示

煉瓦女工』は、1940年南旺映画が製作して、1946年松竹が配給した日本映画

八田尚之が脚色。横浜市の鶴見川河口付近でロケが行われた。貧困家庭出身で女工として働く少女が夜学の学友の朝鮮人の少女や、河口で暮らす貧しいが心温かい人々と交流する姿を描いた。本作を製作した南旺映画は、新協劇団と関わりが深く[1]、同年8月19日に一斉に逮捕された三島雅夫小沢栄太郎赤木蘭子信欣三松本克平宇野重吉滝沢修原泉ら同劇団の俳優が重要な役で多数出演していた。

映画は1940年に完成したが、戦前の検閲を通過出来ずに、戦後の1946年になって漸く公開された。朝鮮語の指導を後に朝鮮演劇建設本部に入る安英一(アン・ヨンイル)が担当している。

キャスト編集

参考文献編集

  • 岩本憲児「特別寄稿 『煉瓦女工』は日本ネオレアリズモ映画の先駆け?--リアリズムとトリヴィアリズムの描写について」『映画学』通号17(映画学研究会、2003年)[2]

舞台編集

1954年2月18日から3月1日まで、劇団民藝栗原有蔵脚色、松尾哲次演出により、一ツ橋講堂で新人公演として上演[3]し、初日から大入りとなった[4]

出演者編集

初主演の奈良岡朋子ほか、内藤武敏大滝秀治佐々木すみ江田口精一垂水悟郎北林谷栄鈴木瑞穂草薙幸二郎下元勉中野孝次[5]

出典編集

外部リンク編集