メインメニューを開く

佐々木 すみ江(ささき すみえ、1928年(昭和3年)6月22日 - 2019年(平成31年)2月17日)は、日本女優声優。本名:青木すみ江(旧姓:佐々木)。血液型はA型、身長160cm。所属事務所アルファエージェンシー。夫はジャーナリスト産経新聞編集局長、筑波大学名誉教授を務めた青木彰東京府出身。日本女子大学家政学科卒業。劇団民藝(当初は東京民衆芸術劇場)養成所1期生(同期は大滝秀治奈良岡朋子)。

ささき すみえ
佐々木 すみ江
本名 青木すみ江
(旧姓:佐々木)
生年月日 (1928-06-22) 1928年6月22日
没年月日 (2019-02-17) 2019年2月17日(90歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府
死没地 日本の旗 日本 東京都
身長 160 cm
血液型 A型
職業 女優声優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1951年 - 2019年
配偶者 青木彰(1951 ‐ 2003年)
所属劇団 劇団民藝1950年 - 1971年
事務所 アルファエージェンシー1982年 - 2019年) 
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
夢千代日記』シリーズ
ふぞろいの林檎たち』シリーズ
花より男子2
篤姫
ゲゲゲの女房
花のち晴れ〜花男 Next Season〜
映画
愛の亡霊
吉原炎上
吹き替え
アルフ
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1951年劇団民藝の結成に参加。『その妹』で初舞台を踏んで以降、多くの作品に出演。当時としては長身であり、目鼻立ちもくっきりしていたために「和製ソフィア・ローレン」と評された。同年、青木と結婚。

1971年に起きた対立により、下條正巳鈴木瑞穂佐野浅夫らと共に劇団を退団。その後は『ふぞろいの林檎たち』など、各作品に脇役として出演し、女優としての地位を確立した。

2008年に出演した大河ドラマ篤姫』での主人公・天璋院の養育係である菊本役は好評で、それほど出演回数は多くはなかったが「女の道は一本道でございます」というセリフが話題となり、若い世代にも顔が知られるようになった。

2019年まで精力的に活動していたが、同年2月17日午前中に自宅で倒れて東京都内の病院に緊急搬送され、同日12時59分、肺炎のため死去[1][2][3]。90歳没。

出演編集

テレビドラマ編集

NHK編集

日本テレビ編集

TBS編集

フジテレビ編集

テレビ朝日編集

テレビ東京編集

WOWOW編集

映画編集

吹き替え編集

その他編集

出典編集

外部リンク編集