メインメニューを開く

熊谷花火大会(くまがやはなびたいかい)は、埼玉県熊谷市荒川河川敷で行われる花火大会。埼玉県内でも有数の規模の花火大会である。

あついぞ!熊谷 熊谷花火大会
概要
正式名称 熊谷花火大会
旧名称 大熊谷復興花火大会
開催時期 8月第2または第3土曜日
初回開催 1948年(大熊谷復興花火大会)
会場・場所 埼玉県熊谷市
荒川荒川大橋下流
熊谷市街側河川敷
打ち上げ数 約10,000発
主催 熊谷市観光協会・熊谷商工会議所・熊谷市商店街連合会
人出 400,000人(例年)
最寄駅 JR上越新幹線高崎線秩父鉄道秩父本線熊谷駅
直通バス なし(駅から徒歩10分以内)
外部リンク あついぞ!熊谷 第61回熊谷花火大会:熊谷市
テンプレートを表示

概要編集

  • 主催者:熊谷市観光協会・熊谷商工会議所・熊谷市商店街連合会
  • 日時:8月第2または第3土曜日(雨天時は、翌日曜日→翌週土曜日→翌週日曜日の順に順延)。
    2020年(第71回)は2020年東京オリンピック開催の影響により、8月では適切な警備体制が用意できないことから、2ヶ月前倒して6月6日の開催とする予定[1]
  • 時間:19:00~21:00
  • 開催場所:荒川の荒川大橋下流の河川敷。熊谷市街地側(熊谷桜堤下、荒川緑地)が観覧会場、対岸が打ち上げ会場である。
  • 人出:多い年で45万人、少なくとも35万人以上は訪れる。埼玉県内では戸田橋花火大会(・いたばし花火大会)に匹敵する人数である。
  • 歴史:第二次世界大戦空襲での被害から復興したことを記念した1948年「大熊谷復興花火大会」を起源としており、2009年の開催で60回、2019年の開催で70回を数えた(それぞれ記念の大会として開催された)。埼玉県内で最も歴史ある花火大会とされている。
  • 打上数:10,000発。埼玉県内では、こうのす花火大会(15,000発)に次ぐ2番目の打上数である。

特徴編集

  • メッセージ花火」。通常の地元企業などの提供による花火のほか、メッセージ花火と称して市民など個人で提供する花火がある。いずれも提供された花火を打ち上げる際、荒川緑地会場においてメッセージをアナウンスさせることができる。
  • 「スターマインコンクール」。各花火業者がスターマインの技術の高さを争う。
  • 「ワイドスターマイン」
  • 熊谷市のまちづくり事業「あついぞ!熊谷」にあわせ、2006年より同名称を冠している(2010年は「あついぞ!熊谷 第61回熊谷花火大会」)。
  • 二尺玉を上げており、しばらく中止していたが、2007年から復活した。
  • 「斜め打揚げ」。2010年に実施。埼玉県内初。

観覧場所編集

  • 熊谷桜堤の下に位置する河川敷(荒川緑地)を観覧会場とする。
  • 2007年からは有料観覧席も用意し、JTB首都圏熊谷支店が販売を受託している(翌年から一部プレイガイドでの購入が可能になった)。
その他

アクセス方法編集

電車編集

  • 熊谷駅から徒歩5分
    JR高崎線では、終了後に熊谷駅始発大宮行き臨時普通列車数本を運転(かつては上野行きもあった)。大会が延期となった場合であっても、高崎線臨時列車は本来の予定日に運行され、順延日には設定されない。
    秩父鉄道では、終了後に熊谷駅発寄居行き・羽生行きの臨時列車各1本を運転(かつては開始前・終了後に多数の臨時列車が運転されていた)。
    その他:2016年のみ、熊谷駅を発着するバス路線のうち、土休日ダイヤでの最終便の発車時刻が早い、葛和田行き・犬塚行きのみ21:30以降に臨時便が運行された。

編集

  • 周辺各地に臨時駐車場を用意。また熊谷市街地にある各種ショッピングセンターなどの駐車場も提供される。ほとんどが有料である。ほとんど満車になってしまい、周辺も渋滞するので、早めの行動を心がけたい。

交通規制編集

  • JR高崎線秩父鉄道の線路以南・国道407号・打ち上げ会場を囲んだエリアが車両通行止めとなる。
  • 車両通行止めエリア内にある熊谷駅南口ロータリーも閉鎖となり、路線バスの発着に変更がある。

過去に発生した問題・事故編集

  • 以前は、第2土曜日固定だったが、2004年はお盆休みと重なり、例年以上の観覧客が訪れ、通路が狭い熊谷駅秩父鉄道改札~南口の間では、将棋倒し寸前の危険な状態となったため、翌年からは、第2または第3土曜日とした(ただし、同じ曜日配置となった2010年は第2土曜日に開催している)。
    以降、熊谷駅JR改札口から駅出口まで簡易フェンスを設置、混乱回避のために規制・整理誘導され、必要に応じてJR改札口の入場規制や会場とは逆方向である北口の迂回利用を案内することもある。
  • 2011年は、開催中に打ち上げ開場にて火災が発生。一時中断して、消火作業が行われる騒ぎとなった。再開後は、時間の問題で目玉であるスターマインコンクールや提供者からのPRが割愛される事態となった

主催3団体連名による「お詫び」)。

関連項目編集

めぬま花火大会編集

  • めぬま花火大会は、熊谷市と合併した旧妻沼町で行われていた花火大会である。
  • 合併した最初の夏である2006年は開催したが、2007年は「主催者の都合」で中止となり、2008年は予定すらされていない(廃止・休止・統合その他一切発表されていない)。
  • 毎年、8月の最終土曜日に開催されていた。
  • 1987年より行われており、現時点で最後の開催である2006年大会で20回を数えた。
  • 利根川刀水橋の上流方面の河川敷で開催されていた。

外部リンク編集