メインメニューを開く

片岡 市太郎(かたおか いちたろう、1877年2月13日 - 没年不詳)は、日本の元俳優である[1][2]。本名は塚本 末吉(つかもと すえきち)[1][2]横田商会で映画製作を開始して以来の牧野省三を支えた、「マキノ」ブランド初期の主演俳優として知られる。のちに元子役のマキノ登六が「片岡市太郎」を名乗るが、33歳も年齢が違う別人である。

来歴・人物編集

1877年(明治10年)2月13日京都府京都市堺町通丸太町通(のちに上京区の同所)に、目の前にある京都御所専門の彫刻師・原沢彦右衛門の子として生まれる[1][2]1881年(明治14年)に父が死亡、塚本清三郎の養子となる。大谷友松一座の片岡市蔵に弟子入りし、片岡市太郎を名乗って京都真砂座で初舞台を踏む。養父とともに各地を巡業、学校教育は受けられなかった[1][2]

1894年(明治27年)、17歳で京都岩上座に立つ[1]。そののちに名古屋の市川新四郎一座に参加、立女形となる[1][2]。同一座が京都千本座を常打ち小屋としたときに、当時同劇場の経営者だった1歳下の牧野省三と出逢う。1908年(明治41年)に牧野が横田永之助の横田商会に依頼され、サイレント映画『本能寺合戦』を初めて監督、9月17日に公開されるが、ここから始まる一連の牧野監督作に市川新四郎一座で出演している。1909年(明治42年)10月、牧野が岡山の金光教本部を参詣したときに発見した尾上松之助を主演に据えた本格的な映画製作を開始するが、その第1作『碁盤忠信 源氏礎』に市太郎は源義経役で出演する。同作以降、市太郎は舞台を廃業し映画俳優となる[1][2]

横田商会、1912年大正元年)の同社の合併による日活の設立、1919年(大正8年)の牧野の日活からの独立によるミカド商会の設立、そして牧野の日活への復帰、と牧野省三の行動に、市太郎は完全に同行する[1][2]。この間、市太郎は牧野の異父妹・京子と結婚し[1]マキノ・ファミリーの一員となる[1][2]。ミカド商会設立第1作、金森万象監督の『都に憧れて』では牧野京子と共演している。

1921年(大正10年)6月、牧野省三が再度日活から独立、等持院撮影所を建設し、牧野教育映画製作所を設立、さらには1923年(大正12年)の同社のマキノ映画製作所への発展的な改称・改組にあたっても市川幡谷とともに「マキノ」の初期を支えた[1][2]。同年秋には新スター阪東妻三郎が登場、二川文太郎井上金太郎といった20世紀生まれの20代前半の監督が登場するにあたり、次第に脇にシフト、47歳を迎える1924年(大正13年)の沼田紅緑監督の『燃ゆる渦巻』での環歌子との共演あたりが最後の主役となる[1][2]。後に退社し、晩年は京都府葛野郡花園村(現在の右京区)でビリヤード場を経営していた[2]没年不詳

おもなフィルモグラフィ編集

  • 碁盤忠信 源氏礎 1909年(明治42年) 監督牧野省三 ※横田商会
  • 都に憧れて 1919年(大正8年) 監督金森万象 ※ミカド商会
  • 燃ゆる渦巻 1924年(大正13年) 監督沼田紅緑 ※マキノ映画製作所等持院撮影所

関連事項編集

編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本映画俳優全集 男優篇』(キネマ旬報社、1979年)の「片岡市太郎」の項(p.143)を参照。同項執筆は吉田智恵男
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』(映画世界社、1928年)の「片岡市太郎」の項(p.47)を参照。

外部リンク編集