メインメニューを開く

実録忠臣蔵

1921年・1922年の映画。牧野省三監督

実録忠臣蔵』(じつろくちゅうしんぐら)は、1921年(大正10年)製作・公開、牧野省三監督による日本サイレント映画剣戟映画である。同年6月、牧野は日活から独立して牧野教育映画製作所を設立、翌1922年(大正11年)、同社でセルフリメイクしている。⇒ #1922年版

実録忠臣蔵
監督 牧野省三
脚本 牧野省三
出演者 尾上松之助
中村扇太郎
製作会社 日活京都撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1921年3月10日
上映時間 15巻
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

その後、本作で尾上松三郎名義で出演した池田富保監督が、1926年(大正15年)に再び尾上を主演とした全三部の『実録忠臣蔵』を制作し、大ヒットとなった(こちらは一部ではあるがパテベビー版が現存する[1])。

1928年(昭和3年)には、「実録忠臣蔵」の決定版『忠魂義烈 実録忠臣蔵』として、牧野は2度目のセルフリメイクをした。

略歴・概要編集

牧野省三は、1910年(明治43年)、日活の前身の一社である横田商会尾上松之助を主演に『忠臣蔵』を監督し、以来、数度にわたって『忠臣蔵』をテーマに作品を生み出した[注釈 1]が、本作を従来と差別化し、「実録」と銘打ったのは、演出のリアリティを打ち出したからである[注釈 2]

本作に端役で出演した市川百々太郎はのちの尾上華丈、おなじく牧野正唯はのちのマキノ雅弘である。

本作は、牧野の独立の直前に製作・公開されたが、同年6月に「教育映画しかつくらない」という約束で独立した。同年11月には、横浜大正活映から井上金太郎内田吐夢二川文太郎渡辺篤江川宇礼雄岡田時彦鈴木すみ子ら若手俳優を受け入れた[2]。つぎに牧野は、彼らを出演させて、リメイクを製作した。⇒ #1922年版

オリジナル及びリメイク版は共に現存していないとみられる。二度目のリメイク『忠魂義烈 実録忠臣蔵』も、制作時の火災、戦災などの不運に見舞われた結果、戦後の再編集版しか現存していない。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

1922年版編集

実録忠臣蔵
監督 牧野省三
脚本 牧野省三
原作 渡辺霞亭
出演者 阪東彦蔵
嵐璃昇
撮影 田中出羽
製作会社 牧野教育映画製作所
配給 大正活映
公開   1922年5月27日
上映時間 13巻
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

実録忠臣蔵』は、1922年(大正11年)製作・公開、牧野省三監督による日本のサイレント映画、剣戟映画である。前年に日活京都撮影所が製作した作品のセルフリメイクである。牧野が前年に設立した牧野教育映画製作所の製作である。本作に出演する内田吐夢は、まだ俳優であり、映画監督にはなっていない。

製作を中止し配給会社となった大正活映が配給した。本作を試写会で観たまだ無名の寿々喜多呂九平が、東京を離れて京都入りし、牧野の門を叩いた[3]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

脚注編集

注釈
  1. ^ これらの作品は一本にまとめられ、弁士の説明と浪曲の口演を挿入した編集版が現存する
  2. ^ 池田富保版では討ち入り時の浪士たちの隊列や衣装などが史実に基づいているのが確認できるが、牧野版は今日フィルムが現存しないため演出の詳細は不明となっている
  1. ^ 尾上松之助の忠臣蔵 幻のフィルム発見、赤穂民報、2015年9月9日
  2. ^ 『日本映画監督全集』、キネマ旬報社、1976年、竹中労執筆「古海卓二」、p.350-362。
  3. ^ 『日本映画監督全集』、岸松雄執筆「寿々喜多呂九平」、p.223-224。

外部リンク編集