メインメニューを開く

地理編集

大阪市都島区の南部に位置する。北は東野田町、東はJR大阪環状線を挟んで城東区新喜多、南は寝屋川を挟んで中央区大手前及び城見、西は旧淀川(大川)を挟んで北区天満とそれぞれ接する。

河川編集

歴史編集

町名の由来編集

もとは京橋片原西町・京橋片原東町という町名で、京橋北詰から東へ京街道が伸びており、両町とも街道の片側(北側)にだけ家屋が立ち並ぶ片側町だったことから「片町」と通称されたことによる[5]

沿革編集

  • 1708年宝永5年) 京街道の南側にも家屋を建てることが許可され、片側町から両側町へ変容したことにより、相生西町・相生東町に改称。
  • 1724年享保9年) 享保の大火の影響により、新しく家屋が建てられて間もない京街道の南側約3分の2が火除地として収公され、以降再び片側町の様相を呈するようになる(町名は変更なし)。
  • 1872年明治5年) 相生西町・相生東町を統合して相生町に改称。
  • 1895年(明治28年) 浪速鉄道片町駅が開業。
  • 1969年昭和44年) 片町1 - 2丁目の現行町名に改称。

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)3月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
片町一丁目 903世帯 1,287人
片町二丁目 520世帯 662人
1,423世帯 1,949人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 1,267人 [6]
2000年(平成12年) 1,381人 [7]
2005年(平成17年) 1,632人 [8]
2010年(平成22年) 1,956人 [9]
2015年(平成27年) 2,090人 [10]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 639世帯 [6]
2000年(平成12年) 847世帯 [7]
2005年(平成17年) 1,111世帯 [8]
2010年(平成22年) 1,376世帯 [9]
2015年(平成27年) 1,452世帯 [10]

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11][12]。なお、小学校・中学校入学時に学校選択制度を導入しており、通学区域以外に都島区の小学校・中学校から選択することも可能。

丁目 小学校 中学校
片町一丁目 全域 大阪市立桜宮小学校 大阪市立桜宮中学校
片町二丁目 全域

施設編集

 
イオン京橋店
 
大坂橋

商業施設編集

教育機関編集

公園編集

  • 片町一丁目児童遊園

企業編集

かつて存在した施設編集

交通編集

出身者編集

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

  1. ^ 大阪府大阪市都島区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳人口・外国人人口” (日本語). 大阪市 (2019年7月26日). 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 片町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 都島区の豆知識”. 都島ドットコム. 2018年9月4日閲覧。
  6. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ 都島区小学校一覧 (PDF)”. 大阪市 (2019年9月27日). 2019年10月22日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  12. ^ 都島区中学校一覧 (PDF)”. 大阪市 (2019年9月6日). 2019年10月22日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  13. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集