大阪運輸支局

運輸支局の1つ

大阪運輸支局(おおさかうんゆしきょく)は国土交通省地方支分部局である運輸支局のひとつ。近畿運輸局管内。海事部門は小型船舶操縦免許証の受付等は行うが、原則として近畿運輸局の直轄区域となっている。

管内に2つの出先機関を持つ。

所在地編集

管轄区域編集

 
大阪府のナンバープレート

組織編集

現在、課制からスタッフ制となっており各部門には首席運輸企画専門官(検査・整備部門のみ首席陸運技術専門官)が配置されている。

  • 支局長
    • 次長
    • 総務・企画部門
    • 輸送部門
    • 監査部門
    • 検査・整備部門
    • 登録部門

沿革編集

  • 1949年 - 運輸省大阪陸運事務所として発足。「大」ナンバーの交付開始。
  • 1964年 - 交付されるナンバーが「大」から「大阪」「泉」に変更となる。
  • 1983年 - 大阪市に大阪陸運事務所なにわ支所を開設、「なにわ」ナンバーの交付開始。
  • 1988年 - 和泉支所で交付されるナンバーが「泉」から「和泉」に変更となる(総排気量360cc超550cc以下の軽自動車用中型番号標を除く。同番号標については当初から「和泉」のフル表記であった)。
  • 2007年 - 和泉自動車検査登録事務所でご当地ナンバー「堺」の交付開始。

備考編集

  • 大阪」ナンバー(「大」ナンバー)
  • なにわ」ナンバー
    • 大阪市を管轄区域とするが「大阪」が使えないため、大阪市域の古称・別称である「なにわ」が採用されている。平仮名表記となった理由は定かではない。なお、「なにわ」ナンバーは全国で二例目の平仮名ナンバーである。
    • 平仮名ナンバーは他に、「いわき」ナンバー(福島運輸支局いわき自動車検査登録事務所管内)、「とちぎ」ナンバー(栃木運輸支局佐野自動車検査登録事務所管内)、「つくば」ナンバー(茨城運輸支局土浦自動車検査登録事務所管内のうち、つくば市などのご当地ナンバー)がある。
  • 和泉」ナンバー(「泉」ナンバー)
    • 「なにわ」ナンバー交付開始以前は、大阪市大正区浪速区西成区住之江区(1974年に住吉区から分区)・住吉区・阿倍野区東住吉区平野区(1974年に東住吉区から分区)にも「泉」ナンバーが交付されていた。
    • 「泉」ナンバーは地名一文字表記の原則である頭文字を使用していない珍しいナンバーだった。和歌山陸運事務所(現・和歌山運輸支局)が既に「和」ナンバーを交付していたためで、通常なら当初からフル表記となる。

外部リンク編集