メインメニューを開く
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 大阪市 > 中央区 > 大手前

大手前(おおてまえ)は、大阪府大阪市中央区町名。現行行政地名は大手前一丁目から四丁目まで。2015年10月1日現在の人口は185人、世帯数は122世帯[1]郵便番号は〒540-0008。

大手前
大阪府庁舎
大阪府庁舎
大手前の位置(大阪市内)
大手前
大手前
北緯34度41分15.6秒 東経135度31分05.1秒 / 北緯34.687667度 東経135.518083度 / 34.687667; 135.518083
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市
中央区
人口
2015年(平成27年)10月1日現在)
 • 合計 185人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
540-0008 
大阪府警察本部

地理編集

大坂城の西に位置し、大阪府庁大阪府警察本部、各省庁の出先機関が入居する合同庁舎などが立ち並んでいる。

河川編集

歴史編集

江戸時代には、大坂城の正面虎口である追手口(大手口)は大坂城代が警護に当たり、現在大手前となっている町域には大坂城代下屋敷、京橋口定番上屋敷、大坂東町奉行所などが置かれていた。明治に入ると兵部省(のち陸軍省)の所管となり、大阪陸軍病院などが建てられた。

1879年郡区町村編制法施行の際に、東区の町名として大手前之町の町名が誕生した。ただし、大手前之町は現在の大手前より町域が狭く、現在の大手前1丁目のうち京街道沿いは京橋前之町と京橋1丁目、上町筋以東は馬場町の一部で、大手前4丁目は全域が法円坂町の一部であった。

大正後期まで大手前之町は陸軍の施設で占められていたが、南隣の法円坂町へ移転した輜重兵営跡地へ、1923年大阪府立大手前高等女学校梅田から、1926年に大阪府庁が江之子島から移転した。敗戦後は府庁の別館などが建ち、1958年には中部憲兵隊司令部跡地に大阪府警察本部が城内から移転した。

1989年の東区と南区の合区の際に、中央区の町名として現行住居表示が実施された。

地名の由来編集

大坂城追手口(大手口)の前であることに由来する。

施設編集

交通編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集