牧水・短歌甲子園

牧水・短歌甲子園(ぼくすい・たんかこうしえん)は宮崎県日向市が主催し、2011年から開催している高校生を対象とした短歌の全国大会。当地出身の歌人若山牧水を顕彰する大会である。岩手県盛岡市で毎年同時期に開催される全国高校生短歌大会も「短歌甲子園」の愛称があるが、別の大会である。

概要編集

毎年8月下旬に、予選を勝ち抜いた全国12チーム(1チーム3名)によって行われる。1次リーグを1グループ3校で争い、その中から1校だけが決勝トーナメントに進むことができ、トーナメント戦で決勝戦まで行われる。野球打順に見立てて、1番から3番まで順番に短歌を披露し、批評し合う。全国高校生短歌大会との違いとしては、作品だけではなくディベートも加味して勝敗が判断されること(この点は俳句甲子園に近い)、短歌が三行書きではなく一行書きで表記されることが挙げられる。

準決勝は題詠、決勝は自由題。4人の審査員が投票して勝敗が決まる。審査員は伊藤一彦俵万智大口玲子笹公人

個人作品の表彰もある。

歴代成績編集

歴代の優勝校・準優勝校
回数 優勝 準優勝
第1回
(2011年)
妻高校 宮崎大宮高校
第2回
(2012年)
宮崎西高校 八重山商工高校
第3回
(2013年)
高鍋高校 宮崎西高校
第4回
(2014年)
福岡女学院高校 宮崎大宮高校
第5回
(2015年)
延岡高校 福岡女学院高校
第6回
(2016年)
宮崎商業高校 宮崎西高校
第7回
(2017年)
横浜翠嵐高校 延岡高校
第8回
(2018年)
宮崎西高校 宮崎商業高校
第9回
(2019年)
宮崎西高校 金沢錦丘高校
第10回
(2020年)
高田高校 宮崎西高校
歴代の個人作品表彰
回数 作品 作者
第1回
(2011年)
若山牧水記念文学館長賞 357私の頭の奇数色青いままでは不安は割れない 早瀬梨花(日向高校)
第2回
(2012年)
牧水賞 ねじ花のらせん階段駆けのぼり君の瞳にわたしを映す 海老原愛(宮崎西高校)
若山牧水記念文学館長賞 いつもより高く結んだポニーテール揺らして君の朝を横切る 海老原愛(宮崎西高校)
第3回
(2013年)
牧水賞 「やるせない」「つらい」「せつない」放課後の類語辞典に私を探す 佐藤美晴(宮崎西高校)
若山牧水記念文学館長賞 砂漠にも夜が来ていた水を抱き立ちつくしているサボテンがいる 川﨑瑞季(宮崎大宮高校)
第4回
(2014年)
牧水賞 帰り道赤信号が嬉しくて君との時間ちょっぴり延長 武井久美(八重山商工高校)
若山牧水記念文学館長賞 「小石」浜「恋し」と代えて駅に吊るホタテの絵馬に君の名を書く 山本莉菜(盛岡第二高校)
第5回
(2015年)
牧水賞 じっちゃあよこれが二高の制服なん胸はりみせる彼岸の墓前 角掛風香(盛岡第二高校)
若山牧水記念文学館長賞 ツチノコを見たK君と共に解く『男子のための恋愛検定』 牧将暉(宮崎商業高校)
俵万智賞 授業中廊下の窓をマンボウのように横切る校長先生 宮本卓明(宮崎西高校)
大口玲子賞 「数式ってきれい」と笑う君こそが僕の解きたい方程式だ 平田寛樹(球陽高校)
笹公人賞 新作のキャラメル味と目が合えば買わざるを得ない私はかわいいい 上妻真緒(延岡高校)
日向若山牧水顕彰会長賞 抛られた言葉を消せる消しゴムがあったらなんて考える夏 川上このか(飛騨神岡高校)
第6回
(2016年)
牧水賞 きみが好き「th」の発音とか自転車を漕いでる背中の角度とか、とか、 牧将暉(宮崎商業高校)
若山牧水記念文学館長賞 降水の確率二割で傘を持つ我が恋敵は持たないはずだ 小嶋伸介(八女高校)
俵万智賞 夏だね、と話しかければ蕎麦の花こぼれるばかりあなたの夏は 杉本茜(横浜翠嵐高校)
大口玲子賞 さっきまで変な人だと思ってたもぞもぞするのは恋だったんだ 三樹初菜(延岡高校)
笹公人賞 ひと声でメスを集める野良猫よ恋の鳴き方教えておくれ 木村一平(八女高校)
日向若山牧水顕彰会長賞 テレビから「花は咲く」が流れれば隣で母は涙溜めてる 熊谷友里(盛岡第二高校)
第7回
(2017年)
牧水賞 強がりの言葉並べる君を見て守りたくなる小さな背中 中川繭子(日向高校)
若山牧水記念文学館長賞 アボガドの種をくり抜くその海を愛するようにスプーンの舟 山本菜々香(金沢錦丘高校)
俵万智賞 屋上のフェンスに二人もたれてる「七月六日は何の日だっけ」 古野間百花(東京家政学院高校)
大口玲子賞 暁の日本海に着弾すイカ釣り船の真上を越えて 髙橋このみ(金沢錦丘高校)
笹公人賞 担任と母が衝突する真夏ただ眺めおり海王星より 今東壮之晟(宮崎西高校)
日向若山牧水顕彰会長賞 鳥はいつ自分が飛べると知るのだろう屋上に踏み込むときの風 神野優菜(福岡女学院高校)
第8回
(2018年)
牧水賞 鮎の骨そっと引き抜くやさしさで居眠りの母の眼鏡をはずす 宮本陽香(宮崎西高校)
若山牧水記念文学館長賞 ぶつかって理解しあえて抱きあって涙は永遠に光源となる 齊藤若菜(札幌創成高校)
俵万智賞 向日葵をぐいと見上げる角度にてはじめてひとに贈るくちびる 宮本陽香(宮崎西高校)
大口玲子賞 「片想い」と言う名で君を憎んでた涙も出ずに気づいた夜明け 望月菜緒(札幌創成高校)
笹公人賞 ケンカしてコンビニよって愚痴言って夏のアイスはズルズル溶けて 黒木もえ(宮崎商業高校)
日向若山牧水顕彰会長賞 年々に寄贈されたるパイプ椅子並びて閉校式が始まる 帖佐光浩(宮崎西高校)
第9回
(2019年)
牧水賞 兄と空けたワインボトルをアルバムのように眺める父の横顔 宮本陽香(宮崎西高校)
若山牧水記念文学館長賞 流星群見上げる夏のベランダに叶わなかった母の恋聞く 浦田ゆり(宮崎南高校)
俵万智賞 顔面がひっくり返るくらい泣く居間に酸っぱいプラムの匂い 國﨑萌子(盛岡第三高校)
大口玲子賞 水香るスタート台に手をかけて号令までの孤独を抱く 及川亜美(盛岡第三高校)
笹公人賞 荒神の面をはずしたじいちゃんがにっこり笑う人にもどりて 佐藤ひかる(宮崎南高校)
日向若山牧水顕彰会長賞 海底の隆起で生まれたこの町で恋をしているダイナミックに 沖村采城(金沢錦丘高校)
第10回
(2020年)
若山牧水記念文学館長賞 瞬きで夕焼け丸ごと切り取って私は完全無欠になりたい 亀谷柊瑠(高田高校)
俵万智賞 優しさはつながり光の輪をつくる春の厨に小瓶が並ぶ 赤津百夏(並木中等教育学校)
大口玲子賞 吾の肉も地面にズンと溶けてゆくそこから芽生え始める若葉 辻愛生(福岡女学院高校)
笹公人賞 瞬きで夕焼け丸ごと切り取って私は完全無欠になりたい 亀谷柊瑠(高田高校)
日向若山牧水顕彰会長賞 茜時祖母の話を聞きたくてリンゴの皮は丁寧に剝く 小板橋彩花(高崎商科大学附属高校)
牧水・短歌甲子園実行委員会会長賞 水切りは水面を三度跳ねるまで恋は相手に気付かれるまで 前川陽香(高田高校)
牧水・短歌甲子園OBOGみなと賞 毛穴全部にUSBをぶちこみたいって言えないくらい貴方が好きよ 三浦香穂(盛岡第一高校)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集