メインメニューを開く

牧野村(まきのむら)は、かつて富山県射水郡にあったである。

牧野村
廃止日 1951年4月4日
廃止理由 編入合併
高岡市に編入
現在の自治体 高岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
射水郡
団体コード なし
隣接自治体 作道村塚原村新湊市
高岡市
牧野村役場
所在地 富山県射水郡牧野村
高岡市内での牧野地区(図中の東端の地域)
 表示 ウィキプロジェクト

目次

歴史編集

  • 1889年(明治22年) - 射水郡の姫野村、金屋村、中曽根村、上牧野村、下牧野村などが合併して牧野村となる。
  • 1940年(昭和15年) - 隣の新湊町に編入されて消滅。
  • 1942年(昭和17年) - 新湊町が高岡市に編入される。
  • 1951年(昭和26年)1月1日 - 牧野村と新湊町が高岡市から分離。牧野村が復活する。
  • 1951年(昭和26年)4月4日 - 牧野村が高岡市に再編入される。

牧野村が新湊町へ、さらに高岡市に合併された背景には、伏木港の一元的な運営を目指した国策による強制合併という面がある。戦後に戦時中に強制合併された市町村を元に戻した際に牧野村が復活したが、牧野村は発展が望めるとして、すぐ高岡市へ再編入している[1]

現在編集

旧・牧野村は、現在は高岡市の牧野地区になっている。牧野地区は射水市に食い込むような形になっており、高岡市の他の地域とは庄川で隔てられ、直接の道路)が存在しないため、一旦射水市を経由する必要があった。但し2014年3月30日、牧野地区と能町地区、さらに国道160号を結ぶ庄川橋梁「牧野大橋」が完成している。

牧野地区は射水市新湊地域とは密接で深いつながりがあり、他の高岡市の各地域とは一線を画した独自のコミュニティを形成している。管轄警察署も先代の新湊警察署時代から通して射水警察署である他、ケーブルテレビも高岡ケーブルネットワークではなく射水ケーブルネットワークのエリアになり、さらに火葬でも高岡斎場ではなく射水市斎場で行い(別れ花の儀式も射水の風習にならい、告別式の際に行わず火葬場で行う)、射水市コミュニティバスの運行エリアにも組み込まれているなど、ほとんど射水市の一地域と言っても過言ではないほどである。

脚注編集

  1. ^ 北日本新聞 2003年1月5日付朝刊34面『正念場の地方自治3 第一部 暮らしと境界』より。

関連項目編集