メインメニューを開く

物部村(ものべそん)は、高知県の北東部、物部川の源流域にかつて存在していた市町村合併により、現在は香美市物部町となっている。物部川につくられた永瀬ダムにより形成された奥物部湖周辺の大栃地区に市役所支所など中心集落がある[1]

物部村
廃止日 2006年3月1日
廃止理由 新設合併
香美郡香北町土佐山田町物部村
香美市
現在の自治体 香美市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 高知県
香美郡
団体コード 39328-2
面積 291.12km2
総人口 3,392
(2004年)
隣接自治体 大豊町香北町香我美町安芸市
那賀町東祖谷山村
村の木
村の花 ヤマザクラ
他のシンボル 村の鳥:コマドリ
村の日:7月18日
物部村役場
所在地 781-4401
高知県香美郡物部村大栃1641番地
外部リンク 物部村
Kochi MonobeMura.png
 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

面積の約95%を山林が占め、林業柚子(ゆず)の栽培などの農業、それを使った特産品が主な産業である。特に柚子は、果実のまま賞味される高級品「玉ゆず」の産地と知られる[2]

剣山国定公園のエリア内にあるべふ峡など、四季折々の自然が楽しめる。また、陰陽道古神道の一つといわれるいざなぎ流が伝わる地域としても有名なほか、平家の落人伝説も残っている。

1956年の合併当初は人口およそ11,000人であったが、過疎化が著しく末期には3000人強まで激減していた。

地理編集

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

行政編集

  • 村長:宗石教道(1989年就任)

経済編集

産業編集

  • 主な産業
    農業:柚子銀杏が中心。柚子はおよそ200戸が栽培しており、売上高は6億円程度である。
    林業:
  • 産業人口

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

地域編集

健康編集

  • 平均年齢

教育編集

幼稚園・保育所編集

  • 物部村立大栃保育所(現・大栃保育園)

小学校編集

  • 物部村立大栃小学校(現・香美市立大栃小学校)

中学校編集

  • 物部村大栃中学校(現・香美市立大栃中学校)

高等学校編集

交通編集

鉄道・バス路線編集

鉄道は村内には通っていない。そのため路線バスが公共交通機関である。中心部である大栃地区と土佐山田駅とを結ぶ大栃線JR四国バスが運行している。

このほか香美市営デマンドバス「ものべゆず号」が運行されている[3]

道路編集

高速道路
最寄りのインターチェンジ:高知自動車道南国インターチェンジ南国市
一般国道
市町村内を走る一般国道:国道195号
都道府県道
市町村内を走る県道:

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡・観光スポット編集

  • べふ峡
  • 西熊渓谷
  • 奥物部湖
  • 奥物部ふるさと物産館(物産店、レストラン、奥物部美術館)[4]

祭事・催事編集

  • いざなぎ流神楽
  • 湖水祭(8月)

物部を舞台にしたゲーム編集

脚注・出典編集

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』 地名情報資料室編、東京堂出版、1990年。ISBN 978-4490105322

関連項目編集