三国町

日本の福井県坂井郡にあった町

三国町(みくにちょう)は、かつて福井県坂井郡にあった

みくにちょう
三国町
東尋坊
三国町旗
三国町章
三国町旗 三国町章
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
三国町丸岡町春江町坂井町 → 坂井市
現在の自治体 坂井市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
坂井郡
市町村コード 18361-0
面積 46.42km2
総人口 22,935
(2005年国勢調査)
隣接自治体 あわら市坂井町福井市
町の木 クロマツ
町の花 アジサイ
他のシンボル -
三国町役場
所在地 913-8501
福井県坂井郡三国町中央一丁目5-1
(現在の坂井市三国町中央一丁目5-1)
座標 北緯36度13分03秒 東経136度09分27秒 / 北緯36.21761度 東経136.15756度 / 36.21761; 136.15756座標: 北緯36度13分03秒 東経136度09分27秒 / 北緯36.21761度 東経136.15756度 / 36.21761; 136.15756
旧・三国町の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

九頭竜川の河口周辺に位置していた。かつては北前船の拠点であり、現代では越前がにアマエビなどの水揚げや、東尋坊で有名な港町であった。港付近の狭い路地には昔ながらの町並みがあり、その北の東尋坊、雄島、越前松島と景勝が続く海岸はもとより、各種の娯楽施設や祭事などがあり観光に訪れる人が多い。2005年平成17年)国勢調査による平均年齢は44.8歳。

2006年(平成18年)3月20日坂井郡に属する他町と合併して坂井市となった。

地理編集

福井市の北西側に位置し、日本海に面していた。

隣接していた市町村編集

歴史編集

沿革編集

行政編集

町長編集

姉妹都市・提携都市編集

経済編集

 
漁港
 
九頭竜川河口
 
雄島

産業編集

臨海部にはテクノポート福井が立地し[1]、化学工業が盛ん。観光関連の就業者も非常に多い。

  • 産業人口(2005年国勢調査)
    • 第一次産業 990人
    • 第二次産業 3,765人
    • 第三次産業 7,512人

港湾編集

農業編集

稲作は南東部の平地を中心に行われているが町全体的には起伏が多く、南部海岸近くは砂丘となっており水捌けのいい地面に適したラッキョウスイカなどの露地栽培、北部の丘陵地は畑作や畜産が目立つほか、出荷向けの芝生を生産しながらその一部を利用し遊園地を経営している企業もある。

漁業編集

日本海中央部まで向かう甘エビ底引き網漁以外ではズワイガニカレイハタハタなど沿岸漁業中心。また海岸付近でサザエワカメウニアワビなどの素潜り漁が行われている。冬に5mを越す高波が海岸へ押し寄せるため定置網漁や養殖は行われていない。

  • 梶漁港
  • 崎漁港
  • 安島漁港

交通編集

港湾編集

鉄道路線編集

バス路線編集

  • 京福バス
    • 三国駅を拠点に町内および福井市海岸北部へ向かう各路線、福井駅と三国駅を結ぶ2路線、芦原温泉駅から町内を循環あるいは三国駅とを結ぶ路線のほか、土曜・日曜・祝日には東尋坊永平寺永平寺町)を結ぶ快速バスを運行。

道路編集

教育編集

高等学校編集

中学校編集

小学校編集

娯楽編集

  • 三国座 - 映画館。
  • 港劇場 - 映画館。
  • みくに東映劇場 - 今新にあった映画館[2]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
歌川広重『山海見立相撲 越前三国』(1858年・安政5年)

名所・旧跡編集

観光スポット編集

祭事・催事編集

  • 三国花火大会 (8月11日)

三国町が舞台となった映像作品編集

出身有名人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 福井港海岸 福井地区 海岸保全施設整備事業の推進 (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局. p. 76. 2022年12月27日閲覧。
  2. ^ 『映画年鑑 1969年版 別冊 映画便覧 1969』時事通信社、1969年。
  3. ^ a b c d e f g h i 福井県の文化財 福井県
  4. ^ 金銅宝相華文磬 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  5. ^ 森安孝夫教授 略歴・主要業績 - 武汉大学中国三至九世纪研究所 (PDF)

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年

関連項目編集

外部リンク編集