メインメニューを開く

猿ヶ森砂丘

青森県東通村の太平洋沿岸に広がる海岸砂丘

座標: 北緯41度18分46秒 東経141度25分17秒 / 北緯41.312647度 東経141.421424度 / 41.312647; 141.421424

猿ヶ森砂丘の位置
猿ヶ森砂丘の位置
猿ヶ森砂丘
猿ヶ森砂丘の位置
下北半島の東海岸にある細長く砂色の領域が猿ヶ森砂丘

猿ヶ森砂丘(さるがもりさきゅう)は、青森県東通村の尻労(しつかり)から小田野沢までの太平洋沿岸に広がる海岸砂丘である。ほぼ全域が防衛装備庁下北試験場(弾道試験場)となっており、一般人の立ち入りはできない。幅は約1 - 2km、総延長は約17km、総面積は約1,500haであり、日本最大規模の砂丘である[1][リンク切れ]。広さは鳥取砂丘の約3倍にもなる。ヒメマリモヒバ埋没林でも有名。別名下北砂丘

砂丘湖編集

砂丘には大小20前後の砂丘湖が散在しており、大沼と左京沼はヒメマリモが生息している[1]

砂丘にある沼は北から順に

  • 丸沼
  • 小沼
  • 井戸沼
  • 妹沼
  • 姉沼
  • 長沼
  • 大沼
  • タカ沼
  • タテ沼
  • 赤川沼
  • 片貝沼
  • 左京沼
  • 荒沼

この他小さな沼が多数ある。

画像編集

出典編集

  1. ^ a b 猿ヶ森砂丘ジオサイト”. 下北ジオパーク構想推進協議会 (2010年4月30日). 2016年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集