メインメニューを開く

瓦屋橋

大阪市、東横堀川に架かる橋

瓦屋橋(かわらやばし)は、大阪市東横堀川に架かる橋。

瓦屋橋
Kawarayabashi Osaka JPN 001.jpg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 大阪市中央区
交差物件 東横堀川
建設 1966年昭和41年)竣工
座標 北緯34度40分15.58秒 東経135度30分38.51秒 / 北緯34.6709944度 東経135.5106972度 / 34.6709944; 135.5106972
構造諸元
形式 桁橋
全長 37.6m
9.0m
地図
瓦屋橋の位置(大阪市内)
瓦屋橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

大阪市中央区瓦屋町2丁目と島之内2丁目の間を結んでいる。橋の上を阪神高速1号環状線が通過している。

概要編集

橋の東詰一帯はもともと西成郡西高津村領内だったが、1615年元和元年)に御用師の寺島宗左衛門が4万6千を拝領し、1694年元禄7年)には南瓦屋町(現在の瓦屋町)として大坂三郷に組み込まれた。このあたりは古代より良質の粘土が取れ、江戸時代には大坂市街における瓦生産の中心地だった。また、現在の大阪市立中央小学校付近には土浦藩蔵屋敷を置いていた。

瓦屋橋は元禄年間に出された『新版摂津大坂東西南北町嶋之図』や1703年(元禄16年)刊の『公私要覧』では、元禄時代中期に初めて架けられたと言われている。当時の橋は『地方役手鑑』によると橋長十九間二尺(38.0m)、幅員一間半二尺七寸五分(3.8m)の木橋だった。その為、江戸時代には約15年おき[1]に橋が架け替えられた。

明治時代になっても木橋のままだったが、1932年昭和7年)10月に橋長37.7m、幅員6.5mの鋼桁橋に架け替えられた。四径間よりなり、橋脚は長さ6.5mの鋳鉄製の柱が3本建となっていた。戦後の1966年(昭和41年)に三径間になり、橋脚には場所打杭基礎が用いられて橋の強度は高められた。1969年(昭和44年)に歩道部が拡幅され、全幅員が9.0mとなって現在に至っている。

仕様編集

  • 桁橋
  • 橋長37.6m、幅9.0m。

周辺情報編集

交通アクセス編集

鉄道
バス
道路

脚注編集

  1. ^ 記録上では、1761年宝暦11年)、1776年安永7年)、1797年寛政9年)、1808年文化5年)、1830年文政13年)に架け替えられたと残っている。

外部リンク編集