メインメニューを開く
中央区農人橋2丁目付近(2007年7月)

松屋町筋(まつやまちすじ)は、大阪府大阪市を南北に縦断する主要地方道の愛称。町名松屋町と同様に、「まっちゃまちすじ」と発音されることが多い。

目次

概要編集

区間は天神橋交差点(土佐堀通天神橋筋)から公園北口交差点(国道25号)までの約4.1kmで、全線大阪市道天神橋天王寺線の一部区間にあたる。

学園坂交差点以北は南行き一方通行となっており、西側を並走する北行き一方通行の堺筋と対になっている。

時間帯・曜日により、制限速度が50キロの場合と、60キロの場合がある。

概ね上町台地の西麓を通るため、東へ曲がると谷町筋にかけて上り坂になっており、とりわけ下寺町交差点(千日前通)以南では急坂になっている。

道路愛称の由来である中央区松屋町付近には雛人形五月人形玩具駄菓子などの問屋街が広がっている。また、天王寺区下寺町および浪速区下寺のそれぞれ南部にはオートバイ販売店が集中しており、バイク通りとも呼ばれている。

歴史編集

松屋町筋の名称は1806年文化3年)の地図が初見で、当初は天神橋以北と同様に天神橋筋と呼ばれていた。

  • 1932年昭和7年)1月 大阪市第1次都市計画事業に伴い、3.3幅から13間幅へ拡幅工事着手
  • 1938年(昭和13年)7月 拡幅工事完成
  • 1970年(昭和45年)1月 南行き一方通行開始

沿線情報編集

 
松屋町界隈・松屋町交差点から北望
 
下寺町界隈・学園坂交差点から南望

北区

中央区

天王寺区

交差する道路編集

関連項目編集

外部リンク編集