メインメニューを開く

概要編集

日清戦争が終り、軍備拡張の必要性から増設された6個師団の一つで、兵士はおもに東北地方出身者から構成された。編成時の所属歩兵連隊歩兵第5連隊歩兵第17連隊歩兵第31連隊歩兵第32連隊。初代師団長は台湾総督府幕僚参謀長だった立見尚文中将1898年11月15日に師団司令部、監督部が開庁した[1]

歴史編集

八甲田雪中行軍遭難事件編集

勝利に終った日清戦争であるが、ロシアフランスドイツによる所謂三国干渉によってロシアとの間に緊張が高まっていた。ロシアとの一戦は避けられないとの予測から陸軍は対露戦を準備し、寒冷地での訓練を第8師団に指示した。これに基づき師団は1902年(明治35年)1月八甲田山における行軍訓練を行ったが、この時死者199名という惨事を起こしている。これが八甲田雪中行軍遭難事件である。

日露戦争編集

いざ日露戦争となり、師団も1904年(明治37年)6月動員下令となるがすぐには戦地に派遣されず、満州軍の予備隊に位置付けられる。1905年(明治38年)1月に至り戦況の芳しくない黒溝台会戦に援軍として派遣されたが、ロシア軍に包囲され、大きな被害を出した。救援に来た第3師団、第5師団がロシア軍を撃退し第8師団は解囲される。その後奉天会戦に参加する。

日露戦争後の1910年朝鮮半島に駐留し、1921年(大正10年)のシベリア出兵に参加する。

大陸戦線編集

1931年満州事変では熱河作戦に参加し、1937年(昭和12年)から満州に駐屯する。1938年(昭和13年)1月13日に第3軍の戦闘序列に編入されて綏陽に駐屯した。1939年(昭和14年)に歩兵第32連隊が新設の第24師団に転出した。

太平洋戦争編集

太平洋戦争前の1941年(昭和16年)9月19日、第8師団は第25師団とともに第20軍の戦闘序列に編入されて、掖河に移駐した。以後、満州守備の中核部隊として満州国内にて対ソ戦の訓練や抗日パルチザン掃討等の治安維持活動に従事していた。

1944年(昭和19年)2月に、絶対国防圏の防衛強化のため第3派遣隊の編成を命じられ、第8歩兵団司令部と隷下歩兵連隊の各1個大隊、野砲兵第8連隊第1大隊、工兵第8連隊第2中隊を抽出された。第3派遣隊はエンダービー島に展開し、同年6月に独立混成第11連隊(通称号:備17585部隊)に改編された。エンダービー島では補給途絶のため飢餓と熱帯病に苦しみ、多くの戦病死者を出した。同年9月にチューク諸島(トラック島)に主力は転進し、以後、終戦まで陣地構築などを行った。

1944年(昭和19年)7月から、師団本隊はフィリピン戦線に投入された。レイテ島の戦いに歩兵第5連隊基幹の高階支隊を増援として送ったが、支隊はアメリカ軍や抗日ゲリラによって即座に殲滅された。なお、同支隊はレイテに投入された最後の陸上戦力である。師団主力はルソン島南部に第41軍の中核として展開した。第8師団はルソン島の戦いでアメリカ軍や抗日ゲリラとの戦いでなす術なく消耗していき、全滅寸前で終戦を迎えた。

歴代師団長編集

  • 立見尚文 中将:1898年(明治31年)10月1日 - 1906年7月6日
  • 渡辺章 中将:1906年(明治39年)7月6日 - 1908年12月21日
  • 山根武亮 中将:1908年(明治41年)12月21日 - 1912年2月14日
  • 小泉正保 中将:1912年(明治45年)2月14日 - 1914年5月11日
  • 大井成元 中将:1914年(大正3年)5月11日
  • 白井二郎 中将:1918年(大正7年)7月2日 - 1921年7月20日
  • 小野寺重太郎 中将:1921年(大正10年)7月20日
  • 菱刈隆 中将:1924年(大正13年)2月4日
  • 真崎甚三郎 中将:1926年(昭和2年)8月26日
  • 三好一 中将:1929年(昭和4年)7月1日
  • 西義一 中将:1931年(昭和6年)8月1日 - 1934年3月5日[2]
  • 中村孝太郎 中将:1934年(昭和9年)3月5日
  • 下元熊弥 中将:1935年(昭和10年)12月2日
  • 前田利為 中将:1937年(昭和12年)8月2日
  • 塚田攻 中将:1938年(昭和13年)12月10日
  • 本多政材 中将:1940年(昭和15年)10月28日
  • 横山静雄 中将:1942年(昭和17年)6月26日
  • 横山静雄 中将:1945年(昭和20年)3月19日(第41軍司令官に移り、第8師団長事務取扱を兼ねる)

歴代参謀長編集

  • 今橋知勝 歩兵大佐:1898年(明治31年)10月1日 - 1901年2月4日[3]
  • 仙波太郎 歩兵大佐:1901年(明治34年)2月9日 - 1901年2月19日[4]
  • 林太一郎 歩兵中佐:1901年(明治34年)2月19日[5] - 1905年1月14日[6]
  • 由比光衛 歩兵中佐:1905年(明治38年)1月14日- 1908年3月9日[7]
  • 大村信行 歩兵中佐:1908年(明治41年)3月9日 - 1913年3月4日[8]
  • 竹内赴夫 工兵大佐:1913年(大正2年)3月4日 - 1916年1月12日[9]
  • 高崎喜惣 歩兵大佐:1916年(大正5年)1月12日 - 1918年7月24日[10]
  • 川瀬亨 輜重兵大佐:1918年(大正7年)7月24日 - 1920年8月10日[11]
  • 南保貞次 歩兵大佐:1920年(大正9年)8月10日 - 1922年8月15日[12]
  • 坂本政右衛門 歩兵大佐:1922年(大正11年)8月15日 - 1923年8月6日[13]
  • 厚東篤太郎 歩兵大佐:1923年(大正12年)8月6日 - 1924年4月15日[14]
  • 記録勇助 砲兵大佐:1924年(大正13年)4月15日 - 1925年5月1日[15]
  • 大谷一男 歩兵大佐:1925年(大正14年)5月1日 - 1927年7月26日[16]
  • 篠原四郎 歩兵大佐:1927年(昭和2年)7月26日 - 1929年8月1日[17]
  • 高田美明 歩兵大佐:1929年(昭和4年)8月1日 - 1931年8月1日[18]
  • 小林角太郎 歩兵大佐:1931年(昭和6年)8月1日 - 1933年3月18日[19]
  • 久納誠一 騎兵大佐:1933年(昭和8年)3月18日 - 1935年3月15日[20]
  • 高木義人 歩兵大佐:1935年(昭和10年)3月15日 - 1936年3月7日[21]
  • 人見与一 歩兵大佐:1936年(昭和11年)3月7日[22] - 1937年10月
  • 西原貫治 歩兵大佐:1937年(昭和12年)10月[23] - 1938年7月15日[24]
  • 武田馨 砲兵大佐:1938年(昭和13年)7月15日 - 1939年8月1日[25]
  • 児玉久蔵 歩兵中佐:1939年(昭和14年)8月1日 - 1940年3月9日[26]
  • 福島久作 歩兵中佐:1940年(昭和15年)3月9日 - 1941年3月1日[27]
  • 小松巳三雄 大佐:1941年(昭和16年)3月1日 - 1941年11月12日[28]
  • 川目太郎 大佐:1941年(昭和16年)11月12日 - 1944年2月7日[29]
  • 浅野憲一郎 大佐:1944年(昭和19年)2月7日 - 終戦[30]

最終所属部隊編集

関連事項編集

小野田寛郎編集

終戦の後もフィリピンのルバング島に残置諜者として潜伏し30年を経て帰還した小野田寛郎少尉は、辞令の上では第14方面軍司令部附であったが、同司令部情報部を通して第8師団参謀部に所属していた。小野田が主宰する小野田自然塾ホームページ[31]では自身の軍歴を第8師団の通称号である「杉」を用いて「杉兵団参謀部に配属」と紹介している[32]

脚注編集

  1. ^ 『官報』第4614号(明治31年11月15日)、第4618号(明治31年11月19日)。
  2. ^ 『官報』第2151号、昭和9年3月6日。
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』39頁。
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』55頁。
  5. ^ 『官報』第5287号、明治34年2月20日。
  6. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』62頁。
  7. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』65頁。
  8. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』88頁。
  9. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』95頁。
  10. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』113頁。
  11. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』126頁。
  12. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』136頁。
  13. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』159頁。
  14. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』150頁。
  15. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』153頁。
  16. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』170頁。
  17. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』189頁。
  18. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』200頁。
  19. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』209頁。
  20. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』230頁。
  21. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』242頁。
  22. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』264頁。
  23. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、120頁。
  24. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』291頁。
  25. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』330頁。
  26. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』431頁。
  27. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』442頁。
  28. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』410頁。
  29. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』420頁。
  30. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』414頁。
  31. ^ 小野田自然塾ホームページ
  32. ^ 小野田寛郎軍歴

参考文献編集

  • 大江志乃夫(編・解説) 『十五年戦争極秘資料集(9)支那事変大東亜戦争間動員概史』 不二出版、1988年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目編集