メインメニューを開く

田崎 俊雄(たさき としお、1974年11月1日 - )は、栃木県出身の卓球選手。明治大学を経て、実業団の協和発酵(現・協和発酵キリン)所属。

田崎俊雄 Table tennis pictogram.svg
基本情報
生年月日 1974年11月1日
選手情報
世界ランキング 最高22位
利き腕
グリップ ペンホルダー
フォア面ラバー 表ソフト
バック面ラバー 粒高ラバー
戦型 速攻型
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

人物編集

日本を代表するペンホルダー表ソフト速攻型の選手。巧みな台上プレーからの両ハンドスマッシュに冴えを見せ、独特のフォームから繰り出される多種多様な速攻は「カミカゼ速攻」と呼ばれ唯一無二のプレースタイルともいえる。また、ダブルスの名手でもあり全日本卓球選手権の男子ダブルスで4度優勝している。

1999年にドイツ卓球ブンデスリーガ1部リーグの所属のチームであるゲナンに移籍、松下浩二に続く日本人として二人目の卓球ブンデスリーガ1部リーグ選手という経歴をもつ。

2000年の世界卓球選手権クアラルンプール大会団体銅メダル、2002年ジャパンオープンダブルス優勝など、国際大会でも多く活躍。2008年1月の全日本卓球選手権を最後に現役を引退。その後は協和発酵・卓球スクールの指導者として第二の人生を歩んでいる。

2011年の関東学生春季1部リーグで高山幸信に代わり、母校明治大学の監督代行を務め、8年ぶりの春季リーグ優勝を果たした[1]

主な戦績編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 卓球部 8年ぶり春季リーグ制覇/関東学生春季1部リーグ戦”. 明大スポーツ新聞部 (2011年5月). 2013年11月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集