メインメニューを開く

甲斐 靖文(かい やすふみ、1939年6月30日 - )は、日本の作曲家、編曲家。明治大学マンドリン倶楽部音楽監督、常任指揮者、OB会会長。古賀政男音楽文化振興財団理事。

甲斐 靖文
出生名 甲斐靖文
別名 (ペンネーム:湯野カオル)
生誕 1939年6月30日
出身地 日本の旗 日本大分県別府市
学歴 明治大学法学部卒業
ジャンル 歌謡曲流行歌)・演歌
職業 作曲家編曲家指揮者音楽監督
レーベル 日本コロムビア
著名使用楽器
マンドリンマンドラ大正琴

大分県別府市に生まれる。1958年明治大学法学部入学、明治大学マンドリン倶楽部に入部する。1962年卒業、古賀政男に師事し作曲、編曲を学ぶ。1965年に日本コロムビアに専属作曲家として迎えられ、藤山一郎島倉千代子都はるみ舟木一夫大川栄策ペギー葉山大月みやこキム・ヨンジャなど多くの歌手の曲や、日本相撲協会練成歌(作曲)、インストゥルメンタルのLP、カラオケなどを合わせると、これまでに約5,000曲以上のスコアを作っている。コマーシャルや記録映画、芝居の音楽に仕事の幅を広げる。現在は30年問専属だったコロムビアを離れ、フリーの作家として活躍している。

目次

プロフィール編集

活動編集

明治大学マンドリン倶楽部用にオリジナル曲「津軽組曲」「風の中で」「荒城ファンタジー」「マンボ・デ・メイジ」「夢求めて」などを作曲。特に「津軽組曲」より「夏」はすべての演奏会で演奏され常に不動の人気を誇っている。また「大地の子」をテーマに作曲した「百里香」(唄:荻原かおり)も各地の演奏会で好評を博している。その他にも懐かしき古賀メロディーを現代風のスタイルに新編曲した「ボレロ酒は涙かため息か」「マンボ無法松の一生」「サンバ柔」などは古賀メロディーに新しい風を吹き込んだものであり、編曲の素晴らしさを存分に味わうことができるものである。

功績編集

2001年11月、明治大学創立120周年記念式典に於いて、大学より特別功労賞を受賞した。返礼として、2002年明治大学讃歌「希望あふれて」を作曲し、大学に寄贈した。2008年12月、日本大衆音楽文化賞を受賞。

明治大学マンドリン倶楽部音楽監督、常任指揮者を1973年から務めている。

主な作品編集

作曲編集

  • 「津軽組曲」
  • 「希望あふれて(明治大学讃歌)」
  • 「くちなし有情」
  • 「人はみな旅人」
  • 「女の子守唄」等

編曲編集

参考文献編集

  • 明治大学マンドリン倶楽部創部80周年記念誌 「青春よ永遠にⅡ 明治大学マンドリン倶楽部80年の歩み」
  • 明治大学マンドリン倶楽部OB会 ホームページ

外部リンク編集