メインメニューを開く

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花

シリーズ第25作

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』(おとこはつらいよ とらじろうハイビスカスのはな)は、1980年8月2日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの第25作目[2]。リリー三部作の完結篇。

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
製作 島津清
出演者 渥美清
倍賞千恵子
江藤潤
前田吟
下條正巳
笠智衆
浅丘ルリ子
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1980年8月2日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 12億5000万円[1]
前作 男はつらいよ 寅次郎春の夢
次作 男はつらいよ 寅次郎かもめ歌
テンプレートを表示

概要編集

同時上映は『思えば遠くへ来たもんだ』(主演:武田鉄矢)。マドンナは3度目の出演となる松岡リリー役の浅丘ルリ子[2]。観客動員数は206万3千人。

尚、2006年3月、シリーズ全作品を放映したNHK-BS2が募集した人気投票で、視聴者から「後半24作品中のベスト1」に選出された。

1997年12月27日公開の『虹を掴む男 南国奮斗編』では本作上映予定の看板が置いてある場面があり、映写機の故障で上映はされなかった。

あらすじ編集

寅次郎が旅先でみた夢では、寅次郎は「鼠小僧寅吉」であり、盗んだ小判を貧しいさくら・博夫婦にあたえ、追手たちから逃げる。

博が小岩でリリーを見かける。リリーは寅次郎に逢いたいと博に告げる。とらやで、寅次郎の噂をしていると、偶然寅次郎から電話があり、リリーが逢いたがっていると伝えると、寅次郎は興味を見せない素振り。しばらくして、寅次郎は柴又に帰ってくる。しかし間の悪いことに、とらや一行は水元公園にピクニックへ出掛ける所であった。慌てて、荷物を隠し体裁を取ろうとするさくら達。その事で機嫌を損ねた寅次郎は、さくら達と大喧嘩をする。

出て行こうとする寅次郎の下へ、手紙が届く。手紙の内容は、リリーが沖縄で病気で倒れたとの事で、寅次郎はあわてて沖縄に向かおうとする。皆で相談しあった結果、飛行機で行く事に決まるが、寅次郎は断固拒否する。博に説得されしぶしぶ了解するが、翌日飛行場で柱にしがみつき駄々をこねる。そこへ通りかかったスチュワーデスに連れられ搭乗し、なんとか沖縄へと飛び立つ。

寅次郎と再会したリリーは涙を流し喜ぶ。次第に、彼女の病気はよくなり、漁師町で一緒に生活を始める。しかし、その一方で地元の娘と浮かれる寅次郎。ある日、ちょっとしたことで二人は大喧嘩。翌日リリーは沖縄を去ってしまう。寅次郎は慌てて身支度を整え、手近な船に乗り、東京へ戻ろうとする。

島伝いに鹿児島までゆき、そこから鉄道でなんとか柴又にたどり着いた寅次郎だが、飲まず食わずの旅であったためそこで行き倒れになり、柴又は大騒ぎとなる。

そこへリリーがとらやを訪ねてきて、再会した寅次郎たちはおおいに喜び合うのであった。さくらはリリーに寅次郎と結婚して欲しいと思い、寅次郎も「俺と所帯を持つか」と発言するが、リリーは冗談として聞き流す。そうして、柴又駅で二人は、さくらと共に、悲しく別れるのであった。好き合いながらも、お互いのプライドや体裁で一緒になれないリリーと寅次郎であった。

その後、旅先のバス亭で寅次郎が待っていると、通り過ぎたバスからリリーが降りてきて、これから草津に行くので一緒に行こうと誘い、二人はバスに乗りこむ。

スタッフ編集

キャスト編集

ロケ地編集

記録編集

受賞編集

脚注編集

  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)390頁
  2. ^ a b 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p39
  3. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
  4. ^ 1980年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

関連項目編集

外部リンク編集