男はつらいよ 寅次郎春の夢

日本の映画作品、『男はつらいよ』シリーズ第24作

男はつらいよ 寅次郎春の夢』(おとこはつらいよ とらじろうはるのゆめ)は、1979年12月28日に公開された日本映画『男はつらいよ』シリーズの24作目。同時上映は桃井かおり主演の『神様のくれた赤ん坊』。

男はつらいよ 寅次郎春の夢
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
栗山富夫
レナード・シュレイダー
製作 島津清
出演者 渥美清
倍賞千恵子
林寛子
前田吟
ハーブ・エデルマン
下條正巳
笠智衆
香川京子
音楽 山本直純
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1979年12月28日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 12億2000万円[1]
前作 男はつらいよ 翔んでる寅次郎
次作 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花
テンプレートを表示

マイケルのさくらへの愛情の告白という倫理的課題を、寅次郎は、欧米人には日本人のように許されぬ恋心を心に仕舞いこむ「」は持ち得ないとする日本人の文化的優位性でもって解している。もっともこれとは逆に、マイケルの母親は、米国文化の優越感から、日本を「カミカゼとハラキリの怖い国」とみなす偏見に満ちた手紙を出しており、監督は両国の文化的齟齬を両国民の無知と誤解という次元でユーモラスに相殺している。

あらすじ編集

寅次郎が見る夢は、1930年代のサンフランシスコチャイナタウン。流れ者の寅次郎が瀕死の重傷を負って入ってきて、死んだら妹にお守りを渡してくれと頼むが、頼んだ相手がさくらだった。そこへ寅次郎を追ってFBIの捜査員(ハーブ・エデルマン)もやってくるが、自滅。博の船長が救ってくれて日本に帰れることになったところで、夢が覚める。

寅はとらやに帰ってくるが、土産に持ってきたブドウの件で一悶着。さらに、英語塾に通っている満男が自分のこと(寅(次郎))を英語で「タイガー」と言うとしゃれたことがきっかけでむくれ始め、最後にはみなが自分をどう猛な虎のようにみなしていると思って、大げんかになり、とらやを飛び出す。

帝釈天の境内で落ち込んでいる外国人マイケル・ジョーダン(ハーブ・エデルマン)を見かけた御前様は、英語がわからず、さくらだったら英語が分かるのでは思って、とらやに連れてくる。ちょうどそのとき、満男の英語塾の先生であるめぐみ(林寛子)の母親で、英語に精通した圭子(香川京子)がとらやを訪れており、マイケルが宿を探しているのだと通訳する。気の毒そうなマイケルを見かねた御前様の勧めで、「日米親善」の名の下に、マイケルはとらやの2階に滞在することになる。

ビタミン剤のセールスマンとしてアメリカのアリゾナから来日したものの、日本の商習慣が分からず失敗続きのマイケルを、とらやの人たちは「マイコさん」と呼び、親切にもてなす。両者の間には最初は距離があったが、次第にお互いの根の良さを理解し合うようになり、居心地の良い関係を築く。中でも親身の姿勢を示し、日本女性の優しさ・美しさを体現したようなさくらに、人妻と知りながらも、独身のマイケルは恋心を抱くようになる。

旅先の和歌山からとらやに舞い戻った寅次郎は、マイケルがとらやに滞在していることを知り、アメリカは嫌いだといって周囲を困らせる。さくらに馴れ馴れしいマイケルのことが気に入らず、マイケルも寅次郎がさくらの兄だと知らなかったこともあって、険悪な雰囲気となる。しかし、めぐみに寅次郎とさくらの兄妹関係について説明され、申し訳なさのあまり出て行こうとするマイケルを見て、寅次郎は握手の右手を差し出す。さらに二人で飲みに行き、文化の違いを乗り越え、次第に友情が芽生える。

さて、寅次郎はこの少し前、とらやを訪れた圭子と出会っていた。そして、圭子が未亡人と知ると、例のごとく一目惚れ。頻繁に圭子の家を訪れ、幼なじみの大工の棟梁を脅して圭子の家の増築を急がせるなど、恋に邁進する。そんな中、圭子とめぐみがとらやに招かれ、団らんの中で、日米比較文化論のようなものが語られる。自分の気持ちをはっきり相手に伝えるべきか否か。言葉に出さない相手の気持ちを察することができるか否か。前者について、マイケルが、夫婦なのにさくらにキスしたり手を握ったりしない博は、さくらのことを愛していないのではないかと訊いたと、めぐみは言う。また後者について、寅次郎は、目で告白して目で断られたら、「分かりました、いつまでもお幸せに」と目で答え、そのままクルッと背中を向けて黙って去ると言う。

マイケルは、商売の打開策として関西に向かい、たまたま京都の芝居小屋で大空小百合の「蝶々夫人」を観た際、観劇中にさくらを思い浮かべてしまうほどになっていた。ビタミン剤が売れずにアメリカに帰ることにしたマイケルだが、とらやに立ち寄った折、思いつめてさくらに「アイラブユー」と告白してしまう。さくらは、めぐみから教えられたばかりの拙い英語で、毅然と "This is impossible." と答える。その頃、圭子の家を訪れた寅次郎は、圭子の知人の船長・柳田に出会う。めぐみの説明で柳田がもうすぐ圭子と結婚してもおかしくない立場の男性であると知り、身を引く。圭子への土産として持ってきた福寿草が英語でアドニスで、「神話に出てくる二枚目」を意味すると知り、自らの「三枚目」ぶりを悟る寅次郎であった。

とらやを発とうとする寅次郎に、さくらはいつもとは少し違う態度で接する。自らがマイケルに告白されたことが気に掛かっていたのだ。しかし、そのことをさくらに告げられた寅次郎は、自分の気持ちをはっきり相手に伝えることで失敗したマイケルが、言葉に出さない相手の気持ちを察して身を引いた自分と同じような、恋に不器用な人間であると理解する。そして、日米の考え方の違いに思いをはせ、マイケルを勘弁してやってくれとさくらに言う。

マイケルと一緒にとらやを出て行った寅次郎は、マイケルとの最後の別れを上野の飲み屋で過ごす。翌朝、「これを持ってりゃ結婚できるよ」と首に提げたお守りを渡す。マイケルは、アメリカに帰る飛行機から江戸川を見て、感慨にふける。

正月になり、帰米したマイケルから、「思い起こせば恥ずかしきことの数々」「今はただ後悔と反省の毎日」という、どこかで見たような趣旨の葉書がさくら宛に届く。マイケルは、いまだ手帳の中にさくらの写真を忍ばせ、恋心を忘れられずにいるのであった。

スタッフ編集

キャスト編集

ロケ地編集

アリゾナ・ロケには渥美清も参加。寅次郎がマイケルとガソリンスタンド店員の会話を不思議そうに見つめているという、本編では使用されなかったシーンを「予告編」に先駆けて出された「特報」で見ることができる。

その他編集

  • 本作にマイケル・ジョーダン役で出演したハーブ・エデルマン(Herb Edelman)は、主にテレビドラマの分野で活動しエミー賞に2度ノミネートされた事があるアメリカ合衆国の俳優。

記録編集

  • 観客動員:184万1000人[3]
  • 配給収入:12億2000万円[1](11億6000万円[3]とも)

脚注編集

  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)390頁
  2. ^ 第26作でも、小学校の同窓会の場面で同じ役として出てくる。
  3. ^ a b 日経ビジネス』1996年9月2日号、131頁。
[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集