メインメニューを開く

男女7人秋物語』(だんじょしちにんあきものがたり)は、1987年10月9日から12月18日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ。主演は明石家さんま

男女7人秋物語
ジャンル テレビドラマ
脚本 鎌田敏夫
演出 生野慈朗
清弘誠
出演者 明石家さんま
大竹しのぶ
片岡鶴太郎
岩崎宏美
山下真司
オープニング 森川由加里SHOW ME
プロデューサー 武敬子
山本典助
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1987年10月9日 - 12月18日
放送時間 金曜21:00 - 21:54
放送枠 TBS金曜9時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 11
テンプレートを表示

前年にヒットした『男女7人夏物語』の続編。

目次

概要編集

キャストは明石家さんま大竹しのぶ片岡鶴太郎のみ夏物語から据え置き、他のメンバーは入れ替えた。池上季実子演じる浅倉千明はロンドンに転勤した設定で、夏物語のラストには付き合って結婚の約束までした貞九郎(鶴太郎)は独り者に戻っている。野上君章(奥田瑛二)は中国に転勤し恋人である沢田香里(賀来千香子)も同伴、椎名美和子(小川みどり)は結婚し幸せに暮らしている設定。歌手の岩崎宏美俳優としてレギュラー出演した数少ない連続ドラマとなる。

最高視聴率は36.6%。ドラマは夏物語のオープニングと同じように、良介が寝ていたベッドに違う人間(今回は山下真司演じる高木)が寝ており、良介がベランダに出て電話をかけるシーンから始まる。踏切で桃子が良介にしがみ付いて泣くシーンなどは、名シーンとして語り継がれている。また、翌1988年4月1日には、男女7人(さんま、大竹、岩崎宏美、鶴太郎、山下、手塚理美岡安由美子)が再び集結し「さんちゃんしーちゃんなんでもトーク」が放送され、出演者の裏話的なトークが披露された。なおタイトルは夏物語と同じく「男女7人」だが、実際には柳葉敏郎麻生祐未を加えた「男女9人」での恋愛ドラマが繰り広げられた。なお、大竹しのぶは前夫服部の死後3か月でこのドラマの撮影に挑んでいる[1]

このドラマの放送後に製作されたゴールデンコンビ(さんま・大竹)の映画いこかもどろか』公開直後、実生活でも愛を育んでいた二人が結婚した(のちに離婚。ふたりの間に生まれたのはIMALU)。また、本作から10年後、同じスタッフ・同じコンセプト(役どころは異なるものの、中年になった良介というコンセプト)のドラマ『その気になるまで』が日曜劇場で放送され、さんま、手塚が出演した。

明石家さんまが第4話の撮影が完全には終了していないことを知らずに調髪をしてしまい、第4話は場面ごとに良介(さんま)の髪の毛が伸び縮みする不自然な内容となる。

沖中美樹(岩崎宏美)が経営する荒三丸のシーンなど、鶴見の国道駅周辺でロケが多く行われていた。

今井良介(明石家さんま)と神崎桃子(大竹しのぶ)が、いつも偶然に出会う地下街は川崎アゼリアでロケが行われており、最終話の夜の歩道のシーンもアゼリアを出た近くの歩道。良介の名セリフ「もう遅いねや」は、地下街アゼリアから市街へでる階段で撮影された。

劇中良介が通勤に使っていた日本カーフェリー(後のマリンエキスプレス)川崎-木更津便が話題となり、ドラマとの相乗効果で乗降客が増加したが、東京湾アクアラインの完成により1997年12月17日をもって廃止された。

主題歌は森川由加里の「SHOW ME」で、夏物語の主題歌である石井明美の「CHA-CHA-CHA」に続き、こちらも大ヒットした。ドラマのクライマックスでは毎回、「SHOW ME」のイントロが流れ、演出に一役買っている。2018年10月6日より放映されている創味食品の創味シャンタンCM「追いシャン篇」では替え歌として使用され、さんまがサビを「ソーミー・ソーミー・創味シャンタン」と歌い上げる様も話題になった[2]

ストーリー編集

マイケルジャクソンのツアーに同行、それを書くことでノンフィクションライターとして売り出す夢を持って神崎桃子が渡米して1年。いつしか彼女から恋人・今井良介への連絡も途絶えていた。 マイケルジャクソンは来日したのに桃子ちゃんは帰ってこないよねと友人の大沢貞九郎にからかわれる始末だ。

その貞九郎は浅倉千明とはうまくいかず別れ、その後、千明は海外勤務していた。貞九郎は当時と同じく結婚式場で働いている。椎名美和子はお見合い結婚して家庭におさまっていた。野上君章は中国転勤となり、沢田香里がその後を追い、当時の仲間は今井と貞九郎だけになっていた。

同じ旅行代理店でツアーコンダクターとして働く今井は川崎市に転勤、海外勤務となった先輩宅の留守を頼まれて木更津にある先輩宅(一軒家)へと越してきていた。

通勤で使うフェリーの中、1年ぶりに桃子に再会する良介。「どうでもいいけど、帰ってきたなら帰ってきたって連絡くらいしてもいいんちゃうの」。平気なふりを装って桃子に言う良介。その桃子には、恋人らしき横山健という男性の連れがいた。

失意の良介。「俺たちは新しい恋をするのが一番」と貞九郎に励まされ、貞九郎と、学生時代の友人で現在は行政機関で体育の講師をしている高木と共に、かつての時のように合コンへと出かける良介。

相手は親の後を継ぎ、釣り漁船店を経営し、自らが海に出て対応する、さっぱりした性格の沖中美樹。チケットショップで働く、美人でスラリとしているが、優柔不断で何事もなかなか決められない小泉ひかる。親の不仲で振り回され、寂しさを抱え、男性をとっかえひっかえして遊び回り、後始末をいつも美樹に頼んでくる、建設関連企業の研究室勤務である島村一枝。

誰もが色っぽく男性の扱いに長けている島村一枝に惹かれ、男3人のアタックが始まる。一方、良介は美樹と意気投合して、釣り漁船に乗せてもらう約束をしていながら、横山健と桃子とまた再会したその夜、一枝に会ってしまい、失意の中で一夜を共にしてしまう。

一枝がそれを美樹に告げ、怒りまくり、「バカヤロー!」と電話で良介を一喝する美樹。不思議なことに、それで良介と美樹の関係は近づくのだった。一枝は高木にもアプローチを欠かさない。しかし、良介との一夜のことを貞九郎に知らされた高木は一枝を拒絶、変わり身の早い彼は小泉ひかるへとアタックし始める。

一枝の寂しさを理解して、温かく見守る貞九郎。わがままの限りを尽くしながら、一枝もまた貞九郎といるとほっとするのだった。桃子を忘れ、美樹と向き合っていこうとする良介。近づいてくる桃子にも「もう遅いねや」ときっぱり伝える。しかし良介と桃子とはあちこちで再会してしまう。昔のことが蘇り、楽しい時間があることで良介は揺れ続ける。一枝に邪魔されたり、桃子の影に怯えながらも良介とうまくやっていこうと頑張る美樹。

桃子は渡米先で急病になり、献身的に看病してくれたのが横山だったが、彼が次に病に倒れた時に放っておけず、「私には待っててくれている人がいるんだから」と言いながら看病し、いつしか横山と恋仲になってしまったという経緯があった。

その横山の母親は依存的な性格で、桃子は休みの度に横山の実家に通い、すぐにあちこちが痛いと騒ぐ母親のサポートをせねばならなかった。すまないと言いながら母親を突き放せず、桃子に苦労をかける横山。彼もまた良介の存在を恐れつつ、桃子に甘えていた。

一枝はある日、自分が捨てた男から会社前で中傷のビラをまかれ、会社の人間たちから無視されたり冷たい扱いをされることになる。必死に頑張る一枝。彼女に振り回されながらも、友情を捨てきれない美樹は一枝を励まし続ける。

桃子がある時、「病院に一緒に来てほしい」と良介に言いにやってくる。付き添わされた場所は産婦人科。なんでそんなところに俺がついていかなあかんのや!と激昂しながらも、心配で一緒に行ってしまう良介。妊娠しているかもしれないと受診したが、それは間違いだった。「もし赤ちゃんができていたら、あなたと本当にさよならしないといけないと思うと」と嗚咽する桃子。良介はいつしか桃子を抱きしめていた。

「桃子ちゃんは勝手すぎるよ」と貞九郎には言われ、「あんたこそ不誠実」と一枝にもすさまじい勢いで詰め寄られ、美樹が自暴自棄な行動をとったことで「おまえらのせい」と高木にも責められたが、「俺はあいつとおったらおもろいねん」とその非難を受けとめる良介。

貞九郎にも変化が起きていた。小泉ひかるの同僚の工藤波子という美女から猛アプローチを受け、腰が引けていたが、波子が本気だったことを知り、勇気を出して波子に会いに行った。

高木は小泉ひかるへのアプローチが成功して、ふたりはつきあっていた。驚くことに、優柔不断なひかるが彼といると、はっきりとものが言えて、物事をきっぱり決められる態度へと変わり、周囲を驚かせるのだった。

良介と桃子がようやく一緒に住もうとした時にも非難は免れなかった。そんな時に桃子には、大阪出張の話が訪れる。「こんな時に!」とふたりは大喧嘩になるが、桃子は大阪に行ってしまうのだった。それは彼女が周囲の非難に打ちひしがれた末の行動でもあり、良介はそれもわかっていた。

帰宅後、桃子は貞九郎づてに沖中美樹からの伝言を告げられる。「あなたの気持ちはそんなものだったのか」という厳しいメッセージだったが、本当に愛し合うふたりは離れちゃいけないのよという温かさのこもったメッセージでもあった。

再会する良介と桃子。「もうお前を離さへんのや」。ふたりはしっかりと抱き合うのだった。

キャスト編集

主要人物編集

その他編集

スタッフ編集

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第一回 1987年10月09日 再会 生野慈朗 23.6%
第二回 1987年10月16日 揺れる心 26.6%
第三回 1987年10月23日 迷路 27.4%
第四回 1987年10月30日 昔の夢 清弘誠 28.2%
第五回 1987年11月06日 新しい恋 28.9%
第六回 1987年11月13日 地球滅亡の日 生野慈朗 29.0%
第七回 1987年11月20日 清洲橋 30.8%
第八回 1987年11月27日 妊娠 清弘誠 32.3%
第九回 1987年12月04日 32.3%
第十回 1987年12月11日 二人 生野慈朗 33.8%
最終回 1987年12月18日 離さない 36.6%
平均視聴率 30.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 最終話に記録した視聴率36.6%は金9枠における史上2位の視聴率を記録した(金9枠全体での最高視聴率は1977年6月放送の『赤い激流』最終話の37.2%である)。また第1話から最終話まで一度も視聴率を落とすことがなかった。
  • 関西地区での最高視聴率は、最終回の41.6%。

他作品への影響編集

  • 第四回放送日である1987年10月30日放送の『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)の1コーナー「さんま・タモリの喋っちゃいまホー」で上述の良介の髪の毛が伸び縮みする件に関してさんまが言い訳を述べていた。
  • 1987年12月5日放送の『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)の中で、「男女7人冬物語・きのうの続きの“裏話”」を放送している。ひょうきん族内では、9話+10話としている。「きのう」とは、12月4日放送の第九回「嘘」の回である。良介役=さんま、貞九郎役=鶴太郎は同じだったが、高木役を渡辺正行が、桃子役、一枝役、ひかる役、美樹役を山田邦子が、健役をラサール石井が、波子役を石井めぐみが演じている。OPは本家と同じカウントダウンで始まり、貞九郎の部屋や荒三丸の家、健のマンション、バー「ホットキャロット」や船の甲板もほぼ同じに再現されていた。
  • 同じ明石家さんまが主演している心はロンリー気持ちは「…」シリーズの中では以下のようなパロディが出ている。
    • 1986年9月25日放送のパートIVでは、大竹しのぶと柳葉敏郎が出演している。大竹しのぶは清洲橋桃子役で、清洲橋の上で「大っ嫌い!」と叫ぶシーンがある。ちなみに放映日は夏物語最終回(1986年9月26日)の前日であった。
    • 1987年10月2日のVIでは、賀来千香子が出演。空港の下りエスカレーターで、夏物語最終回の桃子のように手を振りながら下って行くシーンがある。
    • 1988年5月13日放送のVIIでは、大竹しのぶと岩崎宏美が出演。明石家さんまと関わった恋人同士役が共演している。岩崎宏美は、敬礼のポーズや荒三丸で着ていたジャンパーを羽織っている。
    • 1997年2月21日のXでは、離婚後初めて明石家さんまと大竹しのぶが共演。幽霊役で出演している。
  • 2017年4月10日放送の「さんタク」で木村拓哉と共に聖地巡礼と称して清洲橋を訪れた。船の上からさんまは白いマンションを指して「ここに住んでいる設定で、ロケもここで行った。(別方向を指して)桃子のマンションもこっちの方にある」と言っているが、実際は良介が住んでいたのは隣の茶色いマンションであった。番組内では隅田川を木村拓哉の「ロングバケーション」と「秋物語」のロケ地として紹介されたが、当然「夏物語」のロケ地でもある[3]
  • 本編終了後、出演者七人による裏話やNGシーンを集めた「男女7人秋物語評判編さんちゃんしーちゃんなんでもトーク!7人再会!!」が放映された。舞台は貞九朗のマンションで、放映時期は最終回終了後から三か月以上経った翌年1988年4月だった[4][5]

脚注編集

  1. ^ 金曜日のスマたちへ 女優・大竹しのぶの真相、2006年1月27日、2月3日、10日放送分(三週連続)
  2. ^ さんま、創味シャンタン新CMで驚く「そんなわけが……ホンマやっ!」 - お笑いナタリー、2018年9月14日0:00。
  3. ^ さんタク=” (2017年4月10日). 2017年5月8日閲覧。
  4. ^ 男女7人秋物語評判編 さんちゃんしーちゃんなんでもトーク!7人再会!!1988年4月1日20:30-22:30放映。-テレビドラマデータベース(2018年3月20日アクセス)。
  5. ^ 『1980年代全ドラマ・クロニクル』(学研、2009)、p.283。

関連項目編集

外部リンク編集