メインメニューを開く
町端区公民館

町端(まちばた)は、沖縄県糸満市糸満の行政区の一つ。8区と呼ぶこともある。

目次

概要編集

字糸満のもっとも西に位置しており、沖縄県道77号糸満与那原線より北側および国道331号より西側を占めているが、糸満ロータリーの北東側の一部も占めている。

糸満ロータリーの北には山巓毛(さんてぃんもう)という小さな高台(標高約25メートル)があり東シナ海を一望できるほか、毎年旧暦5月4日(5月下旬-6月頃)に行われる糸満ハーレーでは1週間前からハーレーの鉦(かね)が早朝に打ち鳴らされる(このハーレーの鉦が鳴ると梅雨が明けるという慣わしだが、ハーレーが行われるのは梅雨の中盤-末期の間と毎年異なる)。

1960年代までは糸満漁港周辺と糸満ロータリー北側周辺のみの小さな集落ながら、海人(ウミンチュ)の町として沖縄の主な漁村の一つだった。復帰直前の1970年代初めに漁港西側が埋め立てられ当区が埋立地の北半分を占めるようになり(南半分は前端区)、面積が大幅に拡大した。そしてそれまで隣の新島区にあった役所などの公共機関がこの埋立地に移転し、市の中心部として発展してきた。しかし、復帰後に行われた市の大規模な埋め立て事業(西崎潮崎町)で、これまで当区内にあった市役所・消防署・警察署・電報電話局の公共施設やパン蒲鉾の食品工場が次々とこれらの埋立地に移転していき、市の中心部として次第に衰退していった。それでも古くからの海人の町は健在で、交通量の増加で糸満ロータリーが市の交通の要所として機能している。現在旧市役所跡をはじめ区の西側で国道のバイパスである沖縄西海岸道路糸満道路が建設されており、周辺も含めさらなる発展が期待されている。

ちなみに隣の当区公民館と西区公民館は同じ道路沿いにありわずか約200メートルくらいしか離れていない。

主要施設編集

現在ある主要施設編集

かつてあった主要施設編集

  • 糸満市役所(1971年に新島区から移転、2002年に潮崎町へ移転)
  • 糸満警察署1976年に西崎へ移転)
  • 糸満市消防本部(1990年に大里へ移転)
  • 糸満電報電話局(1989年NTT糸満営業所へ改称、1999年のNTT再編に伴う業務集約で廃止)
  • 沖縄銀行糸満支店(1981年に糸満ロータリーそばの斜め向かいの琉球銀行糸満支店跡へ移転。移転後は歯科医院として建物ごと再利用)

交通編集

道路編集

糸満ロータリーを中心に国道331号が南北に、沖縄県道77号糸満与那原線が東西に通っている(県道の起点は当区内の旧市役所前)。また沖縄西海岸道路糸満道路(国道331号バイパス)が西側に通る予定(2012年頃に開通予定)。

路線バス編集

区の西端部に糸満バスターミナルがあり、琉球バス交通沖縄バスが乗り入れており(那覇バス真栄里糸満営業所があるため乗り入れない)、那覇方面と市内各地(主に高嶺地域三和地域)や南部戦跡方面の結節点でもある。 当区内には糸満市役所入口・糸満市場入口・糸満ロータリー・糸満西区の4か所のバス停があり、路線ごとに停車するバス停が異なる(糸満ロータリーバス停は国道側と県道側の各方面別に3か所あり、方向別に停車する場所が異なるため注意が必要)。

4か所のバス停すべてに停車する路線バス編集

糸満西区を除く3か所のバス停に停車する路線バス編集

  • 34番・糸満(東風平)線(沖縄バス)
  • 35番・糸満(志多伯)線(沖縄バス)
  • 36番・糸満~新里線(沖縄バス)
  • 82番・玉泉洞糸満線(琉球バス交通)
  • 85番&86番・国吉線(琉球バス交通)
  • 107番&108番・南部循環線(琉球バス交通)
  • 200番・糸満おもろまち線(沖縄バス)
  • 235番・志多伯おもろまち線(沖縄バス)
  • 334番・国立劇場おきなわ線(沖縄バス)

糸満ロータリーのみ停車する路線バス編集

  • 33番・糸満西原(末吉)線(那覇バス
  • 46番・糸満西原(鳥堀)線(那覇バス)

隣接する地域編集

外部リンク編集