メインメニューを開く

白井 さゆり(しらい さゆり、1963年1月2日 - )は、日本経済学者。本名は白井早由里(読み同じ)。慶應義塾大学総合政策学部教授(2016年9月 - )、日本銀行政策委員会審議委員(2011年4月1日 - 2016年3月31日)。

専門分野は国際経済学マクロ経済学、アジア経済論、通貨政策。2011年4月より須田美矢子の後任として日本銀行政策委員会審議委員に就任。2016年3月、同審議委員を退任。東京都出身。

経歴編集

日銀政策委員会審議委員として編集

2011年4月1日、日本銀行政策委員会審議委員に就任[2]

2013年4月4日、金融政策決定会合で「量的・質的金融緩和」の導入に賛成した[3]

2014年10月31日、金融政策決定会合で「量的・質的金融緩和」の拡大に賛成した[4][5]

2016年1月29日の金融政策決定会合では、マイナス金利の導入に「量的・質的金融緩和の補完措置導入直後のマイナス金利の導入は、資産買入れの限界と誤解される惧れがあるほか、複雑な仕組みが混乱を招く惧れがある」として反対した。[6]

著作編集

単著編集

  • 『検証 IMF経済政策-東アジア危機をこえて-』東洋経済新報社、1999年4月
  • 『カレンシーボードの経済学-香港にみる米ドル連動制の再考』日本評論社、2000年
  • 『入門現代国際金融』東洋経済新報社、2002年3月
  • 『メガバンク危機とIMF経済政策』角川書店、2002年12月
  • 『人民元と中国経済』日本経済新聞社、2004年10月
  • 『国際比較くらしと経済 これならわかる 日本の実力』NHK出版、2007年1月
  • 『欧州迷走-揺れるEU経済と日本・アジアへの影響―』日本経済新聞社、2009年12月 ISBN:978-4-532-35394-0
  • 『欧州激震―経済危機はどこまで拡がるのか―』日本経済新聞社、2010年9月 ISBN:978-4-532-35444-2
  • 『ユーロ・リスク』日本経済新聞社、2011年6月 ISBN 978-4-532-26126-9

共著編集

  •  『東アジア共同体と日本の針路』青木 保,白井 早由里,神保 謙,浦田 秀次郎,福島 安紀子, 田中 明彦(監修),伊藤 憲一、日本放送出版協会 ISBN 978-4-140-81074-3
  •  『How to Strengthen Banks and Develop Capital Markets in Post‐Crisis Asia』 吉野 直行,白井 早由里,吉冨 勝,長富 祐一郎、慶應義塾大学出版会、2006年7月 ISBN 978-4-766-40998-7

講演CD編集

  •  『揺れる欧州経済の深層と日本・アジアへの影響』暦日会パワーレクチャー事務局、2010年05月

脚注編集

  1. ^ 平成27年度中の役員及び局室長級職員の主な再就職状況日銀 2016年5月2日
  2. ^ 審議委員の発令について日本銀行 2011年4月1日
  3. ^ 公表資料2013日本銀行 2013年4月4日
  4. ^ 日銀・政策決定会合、金融緩和を拡大Qnewニュース 2014年10月31日
  5. ^ 公表資料2014日本銀行 2014年10月31日
  6. ^ 日本銀行当座預金にマイナス金利を導入Qnewニュース 2016年1月29日

関連項目編集

外部リンク編集