白川忠富王

室町時代の日本の公卿。白川雅兼王の次男。正二位・非参議、神祇伯。白川伯王家17代。「忠富王記」

白川 忠富王(しらかわ ただとみおう、正長元年(1428年) - 永正7年2月1日1510年3月10日))は、室町時代日本公卿神祇伯になる前は白川忠富と称した。

生涯編集

白川雅兼王の次男として誕生。

応仁元年(1467年)、従三位に昇叙し公卿入りを果たす。延徳2年(1490年)に資氏王の病気による辞任を受けて、神祇伯に任命され忠富王と称す。永正7年正月25日、病気のために養子・雅業に伯職を譲り、その5日後の2月1日に薨去した。享年83歳。

日記に『忠富王記』がある。

官歴編集

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『公卿補任』後土御門天皇応仁元年条。「四月廿六日叙。元左中将。」とある。
  2. ^ 『改訂伯家家譜』(『伯家記録考』附録)忠富王の項。
  3. ^ 『公卿補任』後土御門天皇延徳二年条を最後に民部卿の文字が見えず。一時期兼任したか、もしくは転任したかは不明。

参考文献編集