白石顕二

白石 顕二(しらいし けんじ、1946年 - 2005年6月22日[1])は、アフリカ文化研究者。

目次

経歴編集

茨城県出身[1]東京都立大学法学部卒[2]。映画、音楽、美術、スポーツなどアフリカ文化全般の紹介につとめた。

2005年6月22日、急性心筋こうそくのため死去、59歳[1]

映画編集

ワガドゥグ全アフリカ映画祭(FESPACO)やカルタゴ映画祭カイロ国際映画祭などアフリカ各地の映画祭を取材する。その一方、東京アフリカ映画祭の運営に携わり[2][3]、アフリカの映画人を多数日本へ招いた。

音楽編集

グリオの伝統音楽からターアラブムビラ音楽、ジャズ、レゲエまで論じつつ、マヌ・ディバンゴパパ・ウェンバアブデル・アジズ・エル・ムバラクサリフ・ケイタトーマス・マプフーモミリマム・マケバなどのミュージシャンを紹介。

美術編集

ジョージ・リランガ[4]ジャファリー・アウシなど現代アフリカの美術作品を紹介。

主な著書編集

主な共著、共編編集

  • 白石顕二・山本富美子編 『ティンガティンガ アフリカン・ポップアートの世界』講談社1990年
  • 白石顕二・山本富美子編 『ジャファリーのアフリカ』 講談社、1992年
  • 白石顕二・山本富美子編 『アフリカ・フォイ リランガの宇宙』 講談社、1993年

主な訳書編集

TV番組編集

脚注編集

  1. ^ a b c 白石顕二氏死去 アフリカ文化研究者”. 共同通信 (2005年6月30日). 2013年7月20日閲覧。
  2. ^ a b 石塚正英. “白石顕二遺著『アフリカルチャー最前線』紹介と偲ぶ集い開催の案内”. ちきゅう座. 2013年7月20日閲覧。
  3. ^ 特別公開企画 立命館大学グローバル COE プログラム「生存学」創成拠点「アフリカ/世界に向かう―稲場雅紀さんから」”. 立岩真也 (2007年7月29日). 2013年7月20日閲覧。
  4. ^ アフリカ文化伝えた白石顕二氏の本刊行”. asahi.com (2006年8月20日). 2013年7月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集