白馬連峰(しろうまれんぽう、はくばれんぽう)とは、飛騨山脈(北アルプス)北部の後立山連峰のうち、白馬岳を中心とする連峰北部の群を指す。

白馬連峰
Hakubarenpou.JPG
鑓ヶ岳(中央)・白馬岳(右)
所在地 日本の旗 日本 長野県富山県新潟県
位置
上位山系 飛騨山脈後立山連峰
最高峰 白馬岳(2,932m
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

「白馬連峰」という呼び方は、白馬地域の観光案内などで使用されることが多い。

類似の呼称に白馬連山(しろうまれんざん)があり、たとえば特別天然記念物「白馬連山高山植物帯」の名称に用いられている。

白馬連峰の山のうち、白馬岳・杓子岳鑓ヶ岳の3峰は、併せて白馬三山(しろうまさんざん、はくばさんざん)と称される。

主な山編集

白馬連峰と白馬盆地青木湖
白馬三山(左から鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)

関連項目編集

外部リンク編集

関連画像編集