青木湖(あおきこ)は、長野県大町市北部にあるである。仁科三湖のうち最も北に位置し、最大の面積をもつ。

青木湖
青木湖.jpg
所在地 日本の旗 日本
長野県大町市
面積 1.73[1] km2
周囲長 6.65 km
最大水深 58 m
平均水深 29 m
貯水量 0.054 km3
水面の標高 822 m
成因 構造湖
淡水・汽水 淡水湖
湖沼型 貧栄養湖
透明度 8 m
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

地理院地図 Googleマップ 青木湖の位置

青木湖の位置(長野県)
青木湖の位置(長野県)
青木湖
青木湖の位置(長野県)
青木湖と白馬盆地白馬連峰
青木湖と中綱湖(左下)周辺の空中写真。
1977撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

目次

地理編集

  • 面積は1.7km2で、長野県内では諏訪湖野尻湖についで3番目、全国では59番目の広さ、標高822m、周囲長6.5km、全面結氷はしない、貧栄養湖で透明度9.8m[2]。西側には北アルプスがある。透明度が高く、水深58mは長野県内で最も深い。流入河川が無いにもかかわらず水位が維持されていることから、湖底にかなりの量の湧水があると考えられている。流出河川は農具川で中綱湖木崎湖へと繋がる。

歴史編集

  • 糸魚川静岡構造線による地溝上にできた断層性構造湖で、約3万年前に発生した西側の山の大規模な斜面崩落による谷(かつての姫川)の堰止めにより形成されたと考えられている[3][4]
  • 1954年昭和29年)、長野県による青木湖総合開発事業が完成し、青木湖の水が灌漑水力発電に利用されるようになった。高瀬川の支流・鹿島川の水を湖畔にある昭和電工の青木発電所を経て青木湖に流入させ、水温を上昇させた上でくみ上げ、鹿島川流域の農地に配水する。もともと鹿島川の水は農業用水として利用するには冷たい(農具川と比べ水温が10℃も低い)という問題を抱えていたが、この開発によって解消された。このほか、昭和電工の常盤・広津発電所にも送水している[5]
  • 1975年(昭和50年)1月1日午前11時20分頃、24名の犠牲者を出した「青木湖バス転落事故」が発生した。湖畔の市道を走行していたホテルのスキー客送迎バスが急カーブで運転を誤り同湖に転落したものである。助かった乗客の多くは車体後部におり、前部にいた者ほど犠牲が多かった。
  • 1976年公開の「犬神家の一族」の、「湖面から逆さに突き出す両足」は、青木湖で撮影されたものである。

特徴編集

周辺編集

参考画像編集

参考文献編集

  • 大町市史編纂委員会編集『大町市史 第四巻 近代・現代』大町市、1985年9月1日。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月24日閲覧。
  2. ^ 国立天文台理科年表 2009年』丸善2008年11月
  3. ^ 長野県北西部,青木湖の成因と周辺の最上部第四紀層第四紀研究 Vol. 39 (2000) No. 1 P 1-13
  4. ^ 梓川上流・トバタ崩れ (1757) に伴う天然ダムの形成と決壊対策砂防学会誌 Vol. 60 (2007-2008) No. 3 P 44-49
  5. ^ 『大町市史 第四巻 近代・現代』555 - 556ページ。

関連項目編集

外部リンク編集