ユーエスマート株式会社(ユーエスマート)は、本社三重県伊勢市におく室内遊園地US.LAND(ゆーえすらんど)およびKids US.LAND(きっずゆーえすらんど)[2]を経営する企業である。従前は100円ショップコンビニエンスストアの中間形態の店US.MARTが主体であったが、現在はKids US.LANDを主力としている。

ユーエスマート株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 US.MART
本社所在地 日本の旗 日本
516-0051
三重県伊勢市上地町2691-27
設立 1948年昭和23年)7月
業種 小売業
法人番号 8010401113821 ウィキデータを編集
事業内容 コンビニエンスストア経営、食料品小売卸売
代表者 井上直樹(代表取締役社長
資本金 2,400万円
売上高 20億円(2014年9月期)
純利益 1億4488万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 8億2123万3000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 19億9808万5000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 800人(パート・アルバイトを含む)
決算期 9月
主要株主 株式会社エヌマート
関係する人物 田口喜啓 (代表取締役会長
外部リンク http://www.kidsusland.com/
テンプレートを表示
US.MART 西武新宿駅アメリカンブルーバード店

概要編集

以前の主力店舗の「US.MART」は、前身が食料品を扱っていたこともあり(現在も砂糖は独自ブランドで扱っている)、食品を中心とした豊富な品揃えで他の100円ショップとの差別化を図っている。また、すべての商品を(税抜き)100円にすることで[3]コンビニエンスストアとの違いも引き出している。[4]

社員との意志疎通を大切にする経営を心がけ[4]、各店舗の管理・運営は店長の裁量に任せている。これにより、都市地方といった土地柄や顧客の年齢層に柔軟に対応できるという。[5]

「15分100円で遊び放題」を謳う遊園地ショップ「US.LAND」も展開。現在は店舗網の大半が、子供向け業態「Kids US.LAND」となっており、「US.MART」「US.LAND」は縮小傾向にある。2018年10月現在では、「US.MART」は伊勢本店のみ営業していたが、10月限りで閉店し、改装することになった。

沿革編集

  • 1869年(明治2年) - 田口砂糖店創業。
  • 1948年(昭和23年)7月 - 有限会社山田食料品店商事部設立。
  • 1992年(平成4年)9月 - 有限会社ヤマショクへ社名変更。
  • 1999年(平成11年)9月 - 百円コンビニユーエスマートに社名変更。
  • 2013年(平成25年)3月 - ユーエスマートに社名変更。
  • 2014年(平成26年)12月17日 - 日本産業推進機構が株式の70%を取得。

業態編集

  • US.MART(ユーエスマート) - すべての商品が100円(税抜)で買えるコンビニエンスストア
  • US.LAND(ユーエスランド) - 15分100円(税抜)で遊べるアミューズメント
  • US.TOWN(ユーエスタウン) - 家具家電の等の販売
  • Kid's US.LAND(キッズユーエスランド) - US.LANDの子供向け店舗

事業所編集

主要取引先編集

銀座への出店編集

2005年(平成17年)、「US. MART銀座店」を東京銀座三丁目に開店した。「高級」というイメージの強い[6]銀座にあえて出店したことについて田口社長は「もし銀座に釣り堀や百円床屋ができたらどうだろう?そんな面白い考えからこの店は生まれました。[6]」と語った。

この出店は当時驚きをもって受け入れられ、2005年11月10日にはNHK総合NHKニュースおはよう日本で「ビルの地下にある15分100円の釣り堀」として全国放送で報じられた[7]ほか、全国地方新聞12紙の企画「フォトリレー ニッポンの朝」でも東京新聞発のニュースとして2006年7月14日に地下釣り堀が紹介された[8]

なお、銀座からは撤退したが東京都区部には新宿区歌舞伎町西武新宿駅アメリカンブルーバード店)や港区三田慶應大学前店)に店舗を構えたことがある(慶応大学前店も閉店)。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ユーエスマート株式会社 第6期決算公告
  2. ^ 15分100円遊び放題
  3. ^ 店舗によっては、酒類など一部この限りではない商品もある。
  4. ^ a b c 財団法人三重県産業支援センター『ふれあいインタビュー 田口 喜啓』 (インフォネット2000.4)2000年4月(ウェブアーカイブ)
  5. ^ はたらいく100円コンビニ US.MART株式会社の求人情報[リンク切れ](2010年1月29日閲覧。)
  6. ^ a b アラヤ株式会社『繁華街の百円ビル』東京流行通訊、2005年10月26日(2010年2月15日閲覧。)
  7. ^ 日本放送協会釣り堀で客を呼び込む[リンク切れ](2005年11月10日、2010年1月29日閲覧)。
  8. ^ 中国新聞都心の静寂 地下釣り堀』(2006年7月14日、2010年2月15日閲覧。)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集