メインメニューを開く

百済楽(くだらがく)は、朝鮮百済から日本に伝わった雅楽の一種である。

概要編集

「百済楽」という言葉自体が登場するのは、『日本書紀』の天武天皇12年(683年)1月の

是の日に、小墾田儛(をはりだのまひ)及び高麗(こま)百済・新羅、三国(みつのくに)の楽(うたまひ)を庭(おほば)の中に奏(つかへまつ)

であるが[1]、百済から楽人が渡来したことは、『書紀』の欽明天皇15年(554年)2月に百済が援軍を大和王権に依頼し、将軍を交替したのに合わせて、五経博士僧侶を交替させ、新たに易博士・暦博士・医博士・採薬師・楽人を貢上した、みな請願によって交替した、とあるのが初出である[2]

箜篌(くご)・横笛などを使用したもので、楽師の数は職員令17では4人、『令集解』に引用されている雅楽大属尾張浄足説では、芎篌師・横笛師(歌も兼任)・韓琴師・儛師各1名ずつ、大同4年(809年)3月のでは韓琴師が莫目師になっている[3]

続日本紀』によると、天平3年(731年)6月に「雅楽寮の雑楽生の員を定む」とあり、これにより楽生の数が決められている。それによると、百済楽は26人であるが[4]、養老令では20人となっている。その内訳は嘉祥元年(848年)9月の格では横笛生1人、莫牟生1人、箜篌生2人、儛生4人、儛女10人、多理志古生1人、歌生1人で、同年のうちにこのうち箜篌生1人・儛生2人、儛女を減じて7人としている[3]

天平16年(744年)2月には聖武天皇のための百済王氏による演奏があり[5]、延暦10年(791年)10月には桓武天皇のために藤原継縄が率いて百済王氏に百済楽を演奏させており[6]、それぞれ演奏者が昇叙されている。

百済楽は平安時代には高麗楽に吸収された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 、『日本書紀』巻第二十九、天武天皇下、12年正月18日条
  2. ^ 、『日本書紀』巻第二十九、欽明天皇15年2月条
  3. ^ a b 岩波書店『続日本紀』2 p548補注11-8
  4. ^ 『続日本紀』巻第十一、聖武天皇、天平3年6月29日条
  5. ^ 『続日本紀』巻第十五、聖武天皇、天平16年2月20日条
  6. ^ 『続日本紀』巻第四十、桓武天皇、延暦10年10月12日条

参考文献編集

関連項目編集