メインメニューを開く

目加田 誠(めかだ まこと、1904年〈明治37年〉2月3日 - 1994年〈平成6年〉4月30日)は、古典中国文学者九州大学名誉教授、日本学士院会員。

目次

人物編集

山口県岩国市生まれ[1]東京帝国大学支那文学科卒[1]第三高等学校教授を経て、九州大学教授[1]。1950年「詩経研究」で九大文学博士昭和39年(1964年)九大退官後、早稲田大学教授。昭和60年(1985年)学士院会員。詩経、唐詩などの著書が多数ある。1989年の平成への改元の時に、最終3案に残った「修文」を提案した。 自宅がある福岡県大野城市で没した。国文学者の目加田さくをは妻。

現在その蔵書は、大野城市立大野東中学校に保管されており、大野城市により蔵書の点検をしている。

著書編集

訳・註解編集

著作集編集

  • 目加田誠著作集』(全8巻)、龍渓書舎 1981年(昭和56年)〜 1986年(昭和61年)
  1. 「詩経研究」
  2. 「定本 詩経訳注 上」
  3. 「定本 詩経訳注 下」
  4. 中国文学論考」
  5. 「文心雕龍」
  6. 唐代詩史」
  7. 「杜甫の詩と生涯」
  8. 「中国文学随想集」

記念論集編集

脚注編集

  1. ^ a b c 目加田誠 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年7月29日閲覧。