メインメニューを開く

相沢 三郎(あいざわ さぶろう、1889年明治22年)9月6日 - 1936年昭和11年)7月3日)は、日本陸軍軍人皇道派に属した相沢は、真崎甚三郎教育総監更迭に憤激し1935年8月12日に統制派永田鉄山軍務局長を殺害した(相沢事件)。

相沢 三郎
Saburo Aizawa.JPG
生誕 1889年9月6日
日本の旗 日本 宮城県 仙台市
死没 (1936-07-03) 1936年7月3日(46歳没)
日本の旗 日本 東京府 代々木
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
皇道派
軍歴 1910 - 1936
最終階級 陸軍中佐
テンプレートを表示

妻の米子との間の娘は陸軍士官学校44期の志村陸城中尉に嫁ぐ。

目次

経歴編集

本籍は宮城県仙台市。旧仙台藩士で裁判所書記公証人となる相沢兵之助とまき子の長男として生まれた。

一関中学(現 岩手県立一関第一高等学校)を経て、仙台陸軍地方幼年学校陸軍中央幼年学校を卒業する。

陸軍士官学校に入り、明治43年(1910年)5月28日に卒業する。 卒業期は第22期で、同期には第2航空軍司令官鈴木率道中将や、第3軍司令官の村上啓作中将のほか、原田熊吉中将・寺倉正三中将・北野憲造中将等各軍司令官や企画院総裁となる鈴木貞一中将がいた。

同年12月26日陸軍歩兵少尉任官し、歩兵第4連隊付を命ぜられる。

大正2年(1913年)12月中尉になる。

大正7年(1918年)6月台湾歩兵第1連隊付となる。

大正9年(1920年)8月大尉に進級し、同9月陸軍戸山学校教官に就任する。

大正14年(1925年)5月陸軍士官学校付に異動、大正15年(1926年)8月歩兵第13連隊中隊長を命ぜられる。

昭和2年(1927年)7月少佐進級と共に歩兵第1連隊付となる。この時の任務はいわゆる「配属将校」で、日本体育会体操学校(後の日本体育大学)に配属され学校教練を担当した。

昭和6年(1931年)8月歩兵第5連隊大隊隊長となる。

昭和7年(1932年)8月から歩兵第17連隊付となる。

昭和8年(1933年)8月、陸軍中佐歩兵第41連隊付。

1935年7月15日に真崎甚三郎が教育総監を更迭された。これに不満を持った真崎は自身の更迭の経緯を文書にして皇道派青年将校に配布した。これを読んだ相沢は憤激し、永田鉄山軍務局長が陰謀の首魁であると考え、上京し永田に面会を求め辞任を勧告したが、逆に諭され満足して福山へ戻った。

この頃相沢は常軌を逸した振る舞いが目立ったため、定期異動において昭和10年(1935年)8月1日台湾歩兵第1連隊付で台北高等商業学校配属将校となった。

同年8月12日に千駄ヶ谷西田税宅に一泊した後、陸軍省山岡重厚整備局長に異動の挨拶をおこなったその足で永田鉄山軍務局長を刺殺した(相沢事件)。犯行後に相沢は、「この後、偕行社で買い物を済ませ、そのまま台湾に赴任するつもりである」と口にしている。

左手に傷を負い、刀に血糊が付着していたこと、軍務局長室に相沢の軍帽が置いてあったことからその場で憲兵に拘束される。同23日待命となり、同年10月11日予備役編入となる。

1936年5月7日第1師団軍法会議に於いて死刑判決が下された。上訴するも同6月30日棄却され、同年7月3日、代々木衛戍刑務所内で銃殺刑に処された。

相沢の事件前後の言動から、彼が精神異常であったとみる者がいる一方で、永田殺害後に山岡重厚中将がハンカチで傷の手当てをして、部下に命じて医務室に案内させたり、医務室への廊下の移動中にも誰ひとり逮捕しようとする者もなく、かえって根本博大佐から感激の握手を受けたり、山下奉文大佐から注意の言葉を受けたりして、維新を成したと称賛を受ける、と思っていたからだ、との主張もある[1]

人物編集

  • 剣道四段銃剣道の達人であり、陸軍戸山学校の剣術教官を務めた。相沢事件において永田軍務局長に切りかかった際に、右手で持った軍刀の斬撃だけでは致命傷を与えることができず、とっさに左手で刀身を握って、銃剣付き小銃を両手で構えるような体勢を取り、永田を刺殺した。左手の傷はこの際にできた。
  • 少尉時代には仙台の輪王寺に下宿して、無外禅師の教えを受け、三年間生活を送った。

弁護人を務めた菅原裕の著書には、次のような評がある。[1]

  • 仙台藩士の相沢の父は明治維新の際、東北諸藩朝敵の汚名を受けたことを深く慙愧慨嘆し、祖先の汚名をそそぐために、一意専心ご奉公を心がけ、常に一死以って君国に報じる覚悟がなければならないと、三郎を戒めた。
  • 質素にして、常に綿服をまとい、一見古武士の風格があり、上官には恭敬をもって仕え、部下には慈愛をもって臨み、至誠至忠、その言行は模範的であった[2]
  • 他人に対しては丁重、慇懃であり、皇室や国家に関すること以外は、人と論争したことがなかった
  • 然諾を重んじ、偽りをいったり駆け引きをしたりはしなかった。
  • 少年時代より毎朝皇居の遥拝を欠かさず、獄中でも変わらなかった。
  • 尊皇絶対の信念に触れるときには、誰であっても屈せず、毅然として譲らなかった。また他人の言説に惑わされたり、付和雷同するようなことは少しもなかった。
  • 十月事件五・一五事件の関係者に好意を寄せていたので、親友らが忠告すると、「自分は父の訓えを必ず果たさなければならない。そのためには他人に利用されたり、または他人に頼って事をおこすようなことはない。しかし自ら信ずれば、必ず単身であっても実行する決心である」と明言したという。

東京大学教養学部教授をつとめた竹山道雄は、「あのころは、現状維持の平和主義者は保守派であり、新体制は進歩派だった。しかし相沢中佐は、やはり病気だったのだそうである。梅毒が神経をおかしはじめる初期には、あのようにカッとなって乱暴をはたらくことがあるのだそうである。・・・内外の事情が錯綜し混乱している中に、いくつもの偶発事件がおこって、それが重なってついに大戦争という結果になった。しかし、何にしても国の命運が一梅毒患者の妄想をきっかけとしてくつがえったのだから、歴史とははかりがたいものである」と述べている[3]。のち、竹山は「私が病名まで出したことは、いささか早まっており、これには十分の証拠がなかったことを認めなければなりませんので、これは撤回いたします」と述べている[4]。 死刑執行の模様が塚本刑務所長の「遺稿」に記されている。

「昭和12年7月3日午前4時48分、相沢を出房させたのだが、房前20余米突の廊下を、言渡所に控えていた私を見かけ、付添の看守長の指図も余所に、にこにこ微笑を含んで丁寧に謝辞を述べ、傍の検察官に黙礼し、進んで執行を要求するような落ち着き払った態度であった。(略)。相沢は『目隠しはやらないで下さい。武人の汚れだから』と拒絶する。規則だからと言えば『私に限りその必要はありません』『それでは射手が困りますから』といへば『射手が困る、それではやりましょう』と従順に目隠しをなし、『私は外に出るのだと思っていましたが、この中でやるのですか』といって悠々刑架に就き、平然として少量の水を呑み、執行を受けたのである」[4]

死刑執行に際して、以下の歌を妻・米子への辞世の句として残している。

『まごころに よりそう 助けかひありて 仕へはたして 今帰へるわれ』

脚注編集

  1. ^ a b 菅原裕『相沢中佐事件の真相』
  2. ^ 池田純久『日本の曲り角』
  3. ^ 1967年6月21日 読売新聞文化欄
  4. ^ a b 「相沢中佐の梅毒説」田々宮英太郎 『検索!二・二六事件 - 現代史の虚実に挑む』 雄山閣出版 1993年

参考文献編集

  • 菅原裕 『相沢中佐事件の真相』 経済往来社 1971年
  • 田々宮英太郎 『検索!二・二六事件 - 現代史の虚実に挑む』 雄山閣出版 1993年

演じた人物編集

関連項目編集