メインメニューを開く

真島吾朗 プロフィール

  • 初出作品龍が如く
  • 格闘スタイルドス捌きを基調とした我流
  • 出身地日本の旗 日本不明
  • 生年月日:1964年5月14日
  • 身長:186cm
  • 体重:80kg
  • 血液型:AB型
  • 関連キャラクター桐生一馬

真島 吾朗(まじま ごろう)は、セガゲームスアクションゲーム龍が如く』シリーズに登場する架空の人物。

担当声優宇垣秀成

概要編集

嶋野組時代の暴れっぷりから「嶋野の狂犬」と呼ばれるヤクザ。若かりし日は、支配人として働いていたキャバレーでの手腕の凄さから「夜の帝王」と呼ばれていた。

服装は素肌に直接羽織った蛇柄のジャケットと左目の眼帯(『3』以降は蛇のマークがついたもの)がトレードマークで、『2』では黄色のドカヘルも特徴的となっており、この服装以外にも『3』以降は幹部という立場から黒のスーツに赤シャツに黒ネクタイ、若き日の『0』ではキャバレーの支配人という立場からタキシードを着用していた。体に白蛇般若をあしらった五分袖の額彫りの刺青を入れている[1]。愛用の匕首(ドス)である「鬼炎(きめら)[2]のドス[注 1]」を常時持ち歩いている。主な髪型はテクノカット(『0』ではポニーテール)で、煙草はハイライトを愛煙している。

ノリの良い人懐こさの裏に凶暴性を秘めた極めて危険な人物で、敵だけでなく子分達にも暴力を振るうが、子分達に手を上げるのは場の空気を読まない行動をしたり、筋の通らない真似をした時などの子分達に非があった場合のみで、普段は子分達からは慕われている。また関西弁で話すが、関西の人間でないために独特なクセがついていたり(制作陣曰く「真島弁」[3])、桐生一馬のことを「桐生チャ〜ン」と呼んだりと良くも悪くもコミカルな性格をしている。しかし、本来は『0』でも見られる生真面目な性分である様で、以降も狂人を意図的に演じていると思われる節も見え隠れしている。また、女性や子供に対して非常に優しい一面を持っており、『0』でのサブストーリー及びマコトとの関係にも窺える他、『極』においてもキャバレーの支配人時代でも女性を商売道具とすることに嫌悪感を持っていたことを述べている。

1』の頃は出演シーンは少なく脇役的な扱いであったが、劇中での際立ったパーソナリティもあってシリーズを重ねるごとに人気が上昇していき、シリーズの重要な部分も任されるようになったことで先述したような本来のコミカルな面は『3』以降はあまり目立たなくなり、本来の性分であるシリアスな面が強調されるようになった。2013年の「龍が如くシリーズ キャラクター総選挙」では主人公である桐生を抑えて1位になっており[4]、『1』のリメイクである『』では大幅に出番が追加されたり[注 2]、『2』のリメイクである『極2』では自身を主人公とした追加シナリオが描かれたりと脇役だった頃と比べて人気キャラ故の扱いも受けるようになった。

戦闘スタイルはプレイヤーとして登場した『0』では素手攻撃主体の「喧嘩師スタイル」、野球のバットを使った「スラッガースタイル」、ブレイクダンスを元にした「ダンサースタイル」を駆使して戦い、『1』以降の敵[注 3]としての戦闘スタイルは素早さを生かしたドスを使った攻撃[注 4]を主体としており、合間に蹴りを織り交ぜるなどのトリッキーな戦いを行う[注 5]。リメイク版の『極』では、ドス以外にも先述した3つのスタイルも使用する。『4』ではフィギュアスケートスピンのように回転しながら攻撃したり、『5』では(ゲーム内の演出であるが)5体に分身して見える程のスピードで動くという人間離れした技も披露した。

外伝作品である『OF THE END』では「Mark IV.EXP」と呼ばれる自身の愛用のショットガンを使用しているが、弾倉化した設計により、連射が可能・装弾数が17発と多い(通常は12発)・リロード時間が短いなどの通常のショットガンとは異なる仕様になっている。

劇中での活躍編集

本シリーズ編集

回想での主な出来事

東城会直系堂島組の傘下に位置する嶋野組の組員として活動し、1985年4月21日(当時20歳)に親の出世のために上野誠和会会長の上野吉春を襲撃する代紋違いの兄弟分である東城会系笹井組組員の冴島大河に組織の意向に反抗してまで加勢しようとしたが、上野誠和会の葛城勲と繋がっていた東城会の柴田組によって監禁され、構成員に抵抗したために左目をドスで刺されて隻眼になる(『4』)。その後、1992年(当時28歳)にはアイドルだった朴美麗や俳優の勝矢直樹と出会って友人関係となり、撮影中に怪我でアクション俳優としての生命を絶たれた勝矢のその後の仕事を世話したり、朴に関しても後に結婚して子を儲けるが、アイドル活動を続けていくために朴が独断で子供を堕ろしたことが原因で離婚する(『5』)。

龍が如く0 誓いの場所編集

上野吉春襲撃の件で組織の命令に逆らった罰として拷問部屋の「穴倉」で行われた拷問を一年間耐え抜き、1986年(当時21歳)に嶋野組(1987年に直系組織に昇格している)の組長である嶋野太により外に出されるも極道社会から追放され、嶋野の代紋違いの兄弟分である近江連合直参佐川組組長の佐川司の監視下に置かれる。その後は一般人として蒼天堀のキャバレー「グランド」の支配人に任ぜられ、冴島を待つ場所として嶋野組への復帰を目指して、条件として提示された売上金を稼ぐために倒産寸前の店を競合犇めく蒼天堀でNo.1の人気店に押し上げるなど仕事に精を出し「夜の帝王」と呼ばれるまでになる。その後、1988年12月(当時24歳)には組への復帰の新たな条件としてマキムラマコトの殺害を命じられ、テレクラでマコトの協力者である女子大生のアッコから情報を得て「ほぐし快館」に乗り込むが、マコトが盲いている女性だと知り、彼女を鬼仁会の構成員から守り切る。その後はマコトを保護している李文海からマコトの過去を知らされマコトを守ると決意し、李と共にマコトを連れて蒼天堀から脱出しようとするも佐川組によって車に仕掛けられた爆弾により李が殺されてしまい、更には突如現れた謎の男にマコトが連れ去られてしまう。その後、マコトを追って、彼女の居場所を知る鬼仁会会長の西谷誉を探して彼の窓口である刑事のビリケンを通して留置場で西谷と会い、マコトを連れ去ったのは日侠連総裁の世良勝であることを知る。その後は佐川と共に日侠連のアジトがある椿園に向かい、そこで世良から立華鉄の頼みでマコトを保護した後に立華の協力者である桐生一馬に引き渡したことやマコトが「カラの一坪」と呼ばれる土地の所有者であるために極道から狙われていることを知らされ、更には佐川から蒼天掘を出ることを許可されて共に神室町へ向かう。神室町到着後はマコトの行方を知っている錦山彰からマコトがいなくなったことを知らされ、後にマコトを見つけ出して彼女の兄である立華を殺害した堂島組への復讐心を知り、復讐を止めるように諭すが意志は固く、取引の名目で堂島組の待つビルへ単身赴いてしまう。その後、堂島組に雇われた殺し屋の老鬼にマコトが撃たれるのを目の当たりにしたことで全ての元凶である堂島組組長の堂島宗兵に対する怒りから「狂犬」の如き狂気を露わにし、堂島組本部へ単身で乗り込み、そこで堂島組若頭補佐の阿波野大樹を破る。直後に堂島と共に現れた老鬼と激突し死闘の末に勝利し、堂島に復讐しようとしたが駆け付けた世良によって止められ、彼から諭されたことで復讐を止めた。事件後は嶋野組に復帰し、事件を通して佐川や李、西谷らの生き様に触れたことで「誰よりも楽しく、誰よりも狂った生き方」を志し、「何があっても諦めない執着心」を教えてもらった佐川にお礼を言い、別れた。後日、神室町で視力が戻ったマコトと再会するも、彼女の幸せを願いながら声を聞かせずに立ち去った。エピローグにて桐生と会遇するところで物語は終わるが、この出会いから二人のライバルとしての関係が始まるのである。

龍が如く編集

嶋野組の若頭となり、嶋野組の傘下組織として自身が組長を務める真島組を設立したが、1995年10月(当時31歳)に部下を引き連れて顔見知りである桐生と再会し、彼を知らずに襲った部下に傘で制裁を加えた後はその場を後にする。その後、2005年12月(当時41歳)には桐生が刑務所から出所した情報を得ると桐生を誘き寄せるために澤村遥を誘拐[注 6]してバッティングセンターで戦うも敗北し、直後に子分が無断で自身の仇を討とうとしたために体を張って桐生を庇い、一時は意識不明の重体となる。復活後は桐生と決着をつけるために、荷台に子分達を乗せた数台のトラックと共に会員制高級ソープランドである桃源郷に突っ込ませて襲撃し、桐生とタイマン勝負をするが傷が完治していなかった影響もあって敗北した。

リメイク作品の『極』では、1995年10月に桐生に「筋の通ったことをさせる」と言ったことに逆上して殴りかかり、それでも反撃しない桐生にドスを突き付けるシーンや、出所した桐生の前に現れ獄中生活で衰えた桐生に対し、かつて以上の力を取り戻させるために執拗に付け狙うことを宣言するシーン、嶋野の命令で葬儀に乗り込んできた桐生と敵対するシーンや桐生の命を狙う元堂島組の動きを察して桐生にメールを送り、埠頭で桐生と共闘して元堂島組組員達を退けた直後に隙を突かれて撃たれるシーンなどが追加されている。

龍が如く2編集

嶋野組が解散した後は東城会本家舎弟頭となるが、2006年(当時42歳)に東城会五代目会長となった寺田行雄(金大津)が自身や二代目風間組組長の柏木修ら古参の者を排斥し、周りにイエスマンしか置かない現状を見て東城会と決別する。また、真島組も建設会社に変えて「賽の河原」(神室西公園跡)に「神室町ヒルズ」を建設する事業を請け負う一方で、賽の河原の地下闘技場チャンピオンにもなる。桐生と再会後は彼の要請により近江連合の関東侵攻阻止に協力することを約束し、数日後に千石組が送り込んできた大量の構成員を一人で全員撃退して桐生不在の神室町を守りきったり、物語終盤には真拳派が設置した時限爆弾の一つを勘で解除して見せるなどの活躍を見せた。

リメイク作品の『極2』では、賽の河原で桐生と再会した後、神室町ヒルズの利権を狙って乗り込んできた悪徳不動産を桐生と共に撃退するシーンが追加されている。また、自身を主人公としたストーリーが新たに追加されており、『2』本編の前日譚として東城会を抜けるまでの詳細と真相が描かれている。2006年2月17日(当時41歳)に、東城会の若頭候補として植松組組長の植松彰信と争う形になりその最中に植松組らしき男達に真島組が襲われ、単身、植松組の事務所に乗り込むがすでに植松は何者かに射殺されており、その場に居合わせたことで飯渕組組長の飯渕圭から疑われることになる。その後、真相を探るべく柏木の伝手で知った情報屋のサイの花屋から賽の河原の管理を引き受けることを条件に自身の組の若衆の川村涼太が植松を殺害したことと川村が蒼天堀にいるという情報を貰い、川村を追って向かった蒼天堀でグランドで働く川村の同級生のアユミやかつてグランドのライバル店(オデッセイ)経営者であった山形、ほぐし快館のスタッフなどから川村が多額の借金を背負っていたことやそれを誰かに肩代わりしてもらったことなどが判明する。その後はアユミから川村がグランドで近江連合の幹部を射殺したという情報を受けて、グランドで川村と対峙するがこれを退け、借金の肩代わりとして植松と近江連合の組長(三次団体)、真島を殺す命を受けていたことを白状し自身に謝罪した直後に彼を利用していた飯渕に川村は射殺されてしまう。その後、飯渕は極道社会を一本化し合理的で近代的にするという理想のきっかけとして東西の戦争を起こそうと動いていることを明かし自身を片付けようとしたがこれを返り討ちにする。決着後、近江連合との戦争を避けるために寺田と共に近江連合本部に赴き、近江連合の組長を殺害したことへの責任として真島組の解散を提示して、東城会と決別し、新たな事業として建設会社「真島建設」を立ち上げた。また、本筋とは別にほぐし快館でマコトと再会する場面があり、自身を施術中のマコトから現在結婚して幸せであることや大事にしていた時計のベルトが壊れて新しいものに変えたことを知り、過去に着けていたものと同様のバンドを店のスタッフにマコトに渡すように頼んでいる。

龍が如く3編集

真拳派や近江連合神室町侵略後の2007年1月[5](当時42歳)に沖縄へ行く桐生の願いにより東城会へ復帰し、東城会若頭補佐直系真島組組長として東城会六代目会長となった堂島大吾を支える。その後、2009年3月(当時44歳)には沖縄のリゾートの利権を狙う浜崎組組長の浜崎豪のリゾート計画に乗ったフリをして沖縄にいる桐生達を守ろうとしたり、国会議事堂で襲われた桐生を救出するなどの活躍を見せた。

龍が如く4 伝説を継ぐもの編集

2010年3月(当時45歳)に自ら若頭補佐を辞めて舎弟へと降格し、組織の若返りを果たすと同時に東城会の再建を図るために神室町ヒルズの建設事業を継続する。その後は自身の兄弟分だった冴島の妹の靖子が「リリ」という名で秋山駿の店で働いているという情報を入手し、彼女を守るために店を訪問したが、既に靖子が店を辞めていることを知り、沖縄の刑務所から脱獄して神室町に戻ってきた冴島とバッティングセンターで拳を交えた後で25年前の真実を冴島に伝える。終盤では宗像の圧力に屈した大吾の判断で一時は警察に身柄を拘束されるが、事件終結後に釈放されて桐生らと共に冴島の冴島組立ち上げを見守った。

龍が如く5 夢、叶えし者編集

2010年12月(当時46歳)に、自らの意思で収監される冴島と馴染みの焼き肉屋である「韓来」で食事を終えた後、バッティングセンターで組員に冴島を襲わせ彼の強さを確認した上で収監を見送った。その後、2012年12月(当時48歳)には東城会の舎弟頭として大吾を支えて組織に貢献していたが、七代目近江連合会長危篤の一報で均衡の破れた近江連合との戦争に備えて北方組との盃交渉のために札幌に向かい、その際に近江連合の跡目争いを利用して東城会と近江連合を潰そうとしている黒幕を炙り出すために長年の友人関係である近江連合の勝矢と協力して近江連合の跡目争いの鍵となる手紙をもう一人の協力者である自身の元妻の朴に送る(後にこの手紙が原因で朴は殺害される)。しかし、福岡にいる桐生や網走に収監されている冴島を誘き出すために黒幕である七代目近江連合会長の黒澤翼の策略として自身の死亡が報道され、更には隙をつかれての黒澤の一派の捕虜にされてしまう。その後、死亡報道を知って脱獄してきた冴島に対して、弱くなった冴島を東西全面戦争に関わらせたくない(死なせたくない)という思いから自身の手で破門状を用意したことを明かし、それでも桐生の命より大切なもの(遥)を見捨てることが出来ずに黒澤に強いられて冴島と殺し合いをするが、決着は付かずに駆け付けた大吾や勝矢に救われた。

龍が如く6 命の詩。編集

黒澤一派との戦いの決着後、大怪我で搬送された桐生の病室の前で、脱獄の罪で再収監される冴島を見送る形になり、冴島に東城会のことを頼まれる。その後、2015年12月(当時51歳)に起きた亜細亜街の火事を機に始まった中国系マフィアの「祭汪会」と東城会との勢力争いで一般人にも犠牲者が出た影響で警察から責任を負わされる形で2016年6月(当時52歳)に大吾と共に逮捕されるが、終盤では釈放されて冴島や大吾と共に東城会に復帰する[注 7]

外伝シリーズ編集

龍が如く OF THE END編集

2011年4月(当時46歳)にゾンビ映画を鑑賞中に本物のゾンビを見てゾンビと戦えることに興奮し、その勢いでゾンビ狩りを始めると同時に隔離エリアで実験体オンラキを撃退後(痕跡から人によって造られた生物であることも知る)は神室町ヒルズで取り残された大吾達を守るために囮になっていたが、隙を突かれてゾンビに噛まれてしまう。その後、大吾と共に辿り着いた賽の河原で顔見知りであったサイの花屋や秋山と再会し、花屋の情報から秋山と共に今回の事件の関係者と思われる二階堂哲雄とDDがいるバッティングセンターへ向かい、そこで実験体ツチグモに襲われるが、秋山と共闘して倒す。その後も傷のことを隠し続けていたが、目も充血し始めたために己がゾンビになってしまうのは時間の問題だと悟って自ら隔離エリアへと乗り込み、そこで桐生と再会し、自身がゾンビに噛まれて既に手遅れで、「もしゾンビ化したら止めを刺してほしい」と頼んだ後に別れ、隔離エリアで通りかかったサウナ店を見て「体内のゾンビの毒を代謝を利用して排出」するデトックスを閃き、一世一代の勝負に出る。しかし、設備が故障する程の調整をしていたらしく、サウナが爆発して崩壊し、直後に駆け付けた自衛隊員達に保護されるが、運良く噛みついたゾンビの歯が入れ歯だったために感染していないことや、目の充血はただの花粉症によるものということが明らかになり、事件終結後はゾンビの襲撃を受けた神室町ヒルズの再建設に尽力した。

真島ベスト編集

2017年12月7日に龍が如くシリーズに登場した真島の歌うカラオケ楽曲のすべてを収録した『真島ベスト -龍が如く 真島吾朗 KARAOKE ALL TIME BEST COLLECTION-』が発売された[6]。全16曲。なお、このアルバムは単品だけでなく「龍が如く 極2 DXパック 真島ベストセット」にも同梱されている[7]

収録曲編集

  1. 幸せならいいや【Full Spec Edition】 / 真島吾朗(宇垣秀成)
  2. 絶望頂プライド【Maji Spec Edition】 / 桐生一馬(黒田崇矢)&真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:青木千紘
  3. 24時間シンデレラ【Full Spec Edition】 / 真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:ZENTA
  4. GET TO THE TOP!(Remix OF THE END) / 真島吾朗(宇垣秀成)
  5. 真島のマジROCK【Full Spec Edition】 / 真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:江湯季世 / 作曲:ZENTA
  6. さむらい音頭【Full Spec Edition】 / 沖田総司(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:青木千紘
  7. ×3シャイン【Maji Spec Edition】 / 小雪(本居真優) with 桐生一馬(黒田崇矢)&真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:季世
  8. 刹那の人魚姫〜Heart break mermaid〜【Maji Spec Edition】 / 千佳&彩也香 with 真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:季世
  9. Rouge of Love【Maji Spec Edition】 / かぐや(吉原ナツキ)&詩音(水城レナ) with 真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:Hyd Lunch
  10. rain drops【Maji Spec Edition】 / 花(平野綾) with 真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:福田有理
  11. ring【Maji Spec Edition】 / ユキ(杉平真奈美) with 桐生一馬(黒田崇矢)&真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:ZENTA
  12. ユーロde×3シャイン【Maji Spec Edition】 / ユキ(杉平真奈美) with 桐生一馬(黒田崇矢)&真島吾朗(宇垣秀成)
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:福田有理
  13. GET TO THE TOP! -情熱的だよ全員集合mix- / 澤村遥(釘宮理恵)feat.情熱オールスターズ<桐生一馬(黒田崇矢)、真島吾朗(宇垣秀成)、秋山駿(山寺宏一)、郷田龍司岩崎征実)>
    • 作詞:堀井亮佑 / 作曲:庄司英徳
  14. 真島建設社歌【Full Spec Edition】 / 真島建設社員一同
    • ボーナストラック
  15. 絶望頂プライド【Full Spec Edition】 / 桐生一馬(黒田崇矢)
    • ボーナストラック
  16. 真島建設社歌(Karaoke)
    • ボーナストラック

その他の出演作品編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『0』の時期である24歳の時点で既に所持している。また、このドスを作った刀匠が刀に施してはならないといわれる「鬼炎」を彫った後にそのドスで自害したという逸話がある。
  2. ^ ストーリーシーンの追加以外にも、桐生を付け狙うことを宣言した後に様々な場所から桐生を襲い、これに勝つことで桐生の「堂島の龍スタイル」の能力が上がる「どこでも真島」というシステムが追加されたことで、いわゆる師匠的な役割も担うようになった。なお、どこでも真島のシステムの中では、警察官の格好をした「真島巡査」や女装した「ゴロ美」、ゾンビに扮した「ゾンビ真島」や『0』での持ち歌「24時間シンデレラ」のスポットライトモードで着ていた衣装を着た「みんなのアイドル吾朗」など、デフォルトの他にも様々なコスチュームで登場する。
  3. ^ シリーズ中最もボスとしての登場回数が多い。また、『1』のテーマソングである「Receive You」は真島の戦闘時のBGMにも設定されており、以降の作品では戦闘時に毎回アレンジされた「Receive You」が流れるなど真島のBGMとしても定着している。
  4. ^ ドスによる攻撃に目が奪われがちだが、状況によっては素手で襲ってくることもある。『1』では手負いの状態で桃源郷の床をトラックの衝突によるダメージを負っていたとはいえ、素手で陥没させたほどの膂力を誇るなどの地力の強さも持ち合わせている。
  5. ^ 『0』でも特定の条件を満たすことでドスを使用した「嶋野の狂犬スタイル」を開放することができる。リメイク版の『極2』では主人公として操作する際はこの「嶋野の狂犬スタイル」で戦う。
  6. ^ 龍が如く ONLINE』ではこの際の舞台裏が描かれ、元は嶋野組の別の傘下の組員が遥を捕まえたが、桐生と戦うために遥を利用することを思い付きその組員から遥を横取りしたことや、嶋野から遥を連れて来るように命令を受けるもこれを断り、事実上の謀反を起こしていたことなどが新たに判明した。
  7. ^ 真島と冴島の出所時期は不明だが、二人共に大吾よりも先に出所しており、出所直後の大吾を二人で出迎えている。

出典編集

  1. ^ 「『龍が如く』シリーズ10周年記念本 龍大全」 エンターブレイン、2016年1月21日発売
  2. ^ 龍オン質問箱”. 『龍が如く ONLINE』公式アカウント@RyuOnline_PR (2019年7月27日). 2019年7月27日閲覧。
  3. ^ 「桐生チャ〜ン!」は真島弁!? 『龍が如く3』Webラジオ特別編の模様をお届け”. 電撃オンライン (2009年3月15日). 2014年5月26日閲覧。
  4. ^ 「龍が如く」シリーズキャラクター総選挙の1位は真島吾朗に。「龍が如く 維新!」の話もちょっと聞けた,名越総合監督と横山プロデューサーへの合同インタビューを掲載”. 4Gamer.net (2013年8月18日). 2014年3月2日閲覧。
  5. ^ 龍が如くヒストリー
  6. ^ 「龍が如く」シリーズの「真島吾朗がカラオケで歌った曲」全16曲を集めた「真島ベスト」がセガストアに登場”. GAME Watch (2017年10月24日). 2017年10月26日閲覧。
  7. ^ PS4®『龍が如く 極2』販売店別のオリジナル予約特典を実施!”. 龍が如く.com (2017年10月6日). 2017年10月20日閲覧。
  8. ^ 太鼓の達人ぽ〜たぶるDXが強力コラボレーション!”. 太鼓の達人開発ブログ (2011年6月9日). 2014年3月2日閲覧。
  9. ^ 『バイナリー ドメイン』無料ダウンロードコンテンツとして『龍が如く』シリーズの秋山、郷田、真島が登場決定”. ファミ通.com (2012年2月15日). 2014年3月2日閲覧。
  10. ^ 『龍が如く』×「PSO2」”. 龍が如く.com (2012年6月11日). 2014年7月29日閲覧。
  11. ^ 『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD(プロジェクト クロスゾーン2:ブレイブニューワールド)』始動!!”. ファミ通.com (2015年4月13日). 2015年4月16日閲覧。
  12. ^ 真島吾朗登場決定!『コトダマン』事前登録8万件突破で『新日本プロレスリング』のケニー・オメガ選手がコトダマン化!”. ファミ通App (2018年3月20日). 2018年11月6日閲覧。

参考文献編集