プッチンプリン: Putchin Pudding[1])は、江崎グリコが製造・販売するチルドカップのプリンである[2]1972年昭和47年)にグリコ協同乳業(のちグリコ乳業)から発売された『グリコプリン』を前身とする[3]1974年(昭和49年)にリニューアルとともに『プッチンプリン』の商品名に変更し、テレビCMの効果もあって大ヒットした[4][5][6]

プッチンプリン
プッチンプリン.png
皿に乗せたプッチンプリン.jpg
皿に移したプッチンプリン
種類 食品
発売開始年 1972年
会社名 グリコ協同乳業-グリコ乳業-江崎グリコ
生産状況 生産中
販売元 江崎グリコ
ウェブサイト https://cp.glico.com/pucchin/
テンプレートを表示

容器の底にある「プッチン棒」と呼ばれる[7][8][9]ツマミを折ることでプリンが皿の上に滑り落ちる仕組みが最大の特徴であり[10][11]、その楽しさが魅力となっている[2][7][10][12]。発売50年を超えるロングセラー商品であり[13]2022年令和4年)現在もトップシェアを誇る[2]日本のプリンを代表するブランドである[8][14]

なお、2015年平成27年)10月1日にグリコ乳業は江崎グリコと合併し、江崎グリコが存続会社となったため、以降は江崎グリコから製造・販売されている[15]。『カフェオーレ[注釈 1]『朝食ヨーグルト』[注釈 2]『ドロリッチ』[注釈 3]とともに、旧グリコ乳業の主要ブランドの一つであった[10]

特徴編集

底のツマミを折って中身を皿に出すことができることが最大の特徴である[10][19]。これによって喫茶店などで提供されているプリンと同様カラメルソースが上になり[2][20]、ひと口目からプリンとカラメルを同時に食べることができる[4][14]。同業他社の商品にはない[10]プリンがプルルンと皿に滑り落ちる楽しさが子どもたちの人気を集め[2][14]、一躍トップブランドに躍り出た[10]。容器に充填する際は、液体のままのプリン液をまず注ぎ、そのあとカラメルを注ぐ[21][22]。カラメル液の比重が重いため下にたまる[21][22]練乳も加えられ、蒸さずに冷やして作られる[21][23][24]

味は、シュークリームを手本に再現したカスタードクリームコクと味わい[14]、練乳とバニラの風味が特徴とされる[10]。食感は、それまでの通常のプリンより柔らかく[20]プルルンとしたのど越しのよい食感となっている[14]。味の基本は1974年昭和49年)のリニューアル以来維持しているものの[7]、時代にあわせて甘さやコクなどを調整している[25][2]2022年令和4年)のリニューアルでは、以前から使用していなかった保存料人工甘味料に加えて、着色料も不使用としている[2]。『植物生まれのプッチンプリン』では、それらに加えて乳化剤カラメル色素も不使用とした[2]

ツマミを折ってプリンを容器から出す構造がネーミングにも反映されているものの、江崎グリコが2022年(令和4年)におこなったキャンペーン「プッチンプリン国民投票」では「プッチンする派」の43.5%に対し「プッチンしない派」が56.5%と上回った[26]2003年平成15年)にはグリコ乳業商品開発第1特別グループの阪本健二が「いまではお皿にあけて食べる人が10人に1人しかいない」と言われているとも述べている[25]。それでも、「わくわく」感を演出するためには必要と考え、コストがかかっても続けているという[25]。なお、グリコの研究員による官能検査で両方の食べ方の比較がなされており、ここでは「プッチンするのがおすすめ」と報告されている[27]

ラインナップは、ひと口サイズの『ちょこっとプッチンプリン』から380gの『Happyプッチンプリン』など幅広く展開されている[20]2020年(令和2年)には、を使わない、植物由来の原料のみを使用した『植物生まれのプッチンプリン』を発売している[28]。これらのほかにも、2006年(平成18年)の『Happyプッチンプリン』の発売以降、グリコ乳業では、『プッチンプリン』の楽しさと驚きを提供するための「ブランド全体の活性化」施策として、定期的に話題性の高い商品を投入してきた[5]

なお、最終的には保安検査場の検査員の判断となるが、プリンは液体物とされているため100ミリリットルを超える『Bigプッチンプリン』は国際線航空機内には持ち込めない[29]

歴史編集

開発当時の状況編集

1952年昭和27年)、砂糖統制が撤廃され日本の菓子業界は活性化したが[30]1903年(明治36年)のベストセラー[31]食道楽』に「プデン」として[32][30]1950年代ごろまでプリン外食デザートとして供されるか町のケーキ店での販売[33][34]、あるいは一部の家庭で楽しまれるにとどまっていた[30]

1960年代になると、一般家庭でも気軽にプリンが作れる即席プリン(「プリンの素」)が発売された[30]1960年(昭和35年)に明治製菓が発売した即席プリンは半年で発売中止となったが[35]1963年(昭和38年)にゼネラルフーヅが粉末プリンの『バニラ・プディー』を発売し[35]、翌1964年(昭和39年)にはハウス食品工業が、家庭でもプリンが手軽に作れる"プリンの素"である『プリンミクス』を発売[36][37]。この商品が家庭で食べるプリンが普及の契機となった[38]。同年には、ライオンからも『ママプリン』が発売されている[39]

この間、プリンを提供する洋菓子店や喫茶店も増え[40]1962年(昭和37年)にはモロゾフが持ち帰り用のプリンを発売[41]陶器製の容器からに移すことでカラメルが上になるプリンが家庭で楽しめるようになった[41]。ただし皿に移すことなく食べられているケースも多かった[42]1968年(昭和43年)には、それまで職人の手作業で作っていたプリンを、工場で生産するようになった[43]

そして、1971年(昭和46年)に日本初のチルドカップのプリンとして、森永乳業から『森永プリン』が発売された[35][44]。これらによって1970年代にプリンは、家庭で手軽に食べられるおやつとなり[30]、日本の国民食とも[45]ショートケーキシュークリームに並ぶ日本の洋菓子御三家とも呼ばれる地位を築きつつあった[32]

開発の経過編集

グリコ協同乳業では1970年代に入り、プリンの素がよく売れていること、自社にはデザート商品としてのプリンがないことなどから、プリンの商品化を企画したが[3]、当時は小売デザート商品としてヨーグルトに力を入れていたこと、すでにプリンの商品が他社から出ていたことなどから、社長は開発に反対した[3][23]。同業他社が参入しているジャンルにわざわざ乗り込んでリスクを冒すより、主力商品のヨーグルトに専念した方が良いという判断であった[11]。それでも開発チームはあきらめず[11]、グリコらしい[20]他社にはないプリンを開発して経営陣を説得しようと開発を続けた[11]

喫茶店などで提供されるプリンは皿に乗せられて提供されており、消費者にも「プリンは皿にのせて食べるもの」という意識が定着していることが調査で明らかになっていた[5]。開発チームは、なじみのある形で食べてもらおうと、簡単に取り出せる容器の開発を模索した[5]。洋菓子店でゼリーを型から外す際にアイスピックで穴を開けているところを見たのがヒントになり[46]、底に穴を開ければ空気が入って皿に落ちることに気付いた[20]。しかし、家庭でアイスピックを使えというのは現実的ではなかった[11]。そんな折、底のツマミを折ると穴が開く仕組みの容器が倉庫で発見される[11]。過去に、海外に出張した社員が持ち帰っていたものだった[11]。さっそく、それを基に試作品を作ってみたものの、ツマミが折れても穴が開かないなど、なかなか思い通りの容器にならなかった[11]。試行錯誤を繰り返す中で、たまたま穴を開けるための底のくぼみとツマミの位置がずれた不良品が発生したが[12]、むしろずれていた方がツマミが簡単に折れ[47]、きれいに穴が開いた[12]

こうして、プラスチック製の容器の底のツマミを折ることにより空気を入れ、中身を容易に皿に落とせる形の容器が開発された[3][20][23][21]。社長が当初反対したことで先行の他社製品との違いを明確にすることができたのだった[48]。経営陣からも商品化が認められ[12]、グリコ協同乳業では1億円以上をかけて充填機を新たに購入[25]1972年昭和47年)7月に『グリコプリン』として発売された[7][9]。価格は、100g入りで50円であった[49]

発売後編集

改名とリニューアル編集

『グリコプリン』はそこそこの売り上げをあげたものの、ヒットというほどでもなかった[5]。そこでグリコ協同乳業は、オイルショックの最中ではあったが、品質を向上させる方向でのリニューアルに踏み切った[4]

まず改善したのは味であった[6]シュークリームカスタードクリームの味を手本に[2][25]、よりミルキーコクがあり[6]、飽きのこない味を目指して改良された[5]。併せて、商品名も、最大の特徴である「プッチンと折ってプルンと出す」[25]楽しさを直接伝える[12]プッチンプリン』に変更して、1974年昭和49年)から販売した[50]

リニューアルと同時にテレビCMを大々的に展開した[12]。これによって『プッチンプリン』人気に火がつき[5]ネーミングの妙もあって売り上げは爆発的に増加[25]。一躍大ヒット商品となった[4][6][8][12]

ライバルへの対抗編集

しかし、1980年代になって小売業の主流がスーパーマーケット、次いでコンビニエンスストアに移ると[12]個人商店などのグリコ特約店を中心に販売されていた[7]『プッチンプリン』の売り上げは次第に低下していくようになる[12]。これに対応するため、1990年平成2年)にスーパーマーケットでの主婦や子ども向けの商品として[12]3個入りパックを発売[7][21]。当時のレギュラーサイズが110g入りであったのに対して[25]、小ぶりな70g入りとした[49]1993年(平成5年)には、コンビニエンスストアでの若い男性向けとして[7][24]、レギュラーサイズの約1.6倍となる176g入り[4][25]Bigプッチンプリン』を投入した[4][6]。これらは人気を集めて『プッチンプリン』の販売の中心を担うようになり[7][12]、ついには従来のレギュラーサイズに代わって『Bigプッチンプリン』が『プッチンプリン』のスタンダードとなるにいたった[4]。これらによって『プッチンプリン』は一時の不振を脱した[12]

2000年代に入ると、焼きプリンなめらかプリンなどが台頭し、従来のプリンは苦戦を強いられた[7]。また、2007年(平成19年)以降は、プリン市場全体が縮小に転じた[10]。コンビニエンスストアやスーパーマーケットがプライベートブランドで手作りスイーツの販売を拡大したことの影響とされている[10]。これらを打破するため、グリコ乳業では2000年代から2010年代初頭にかけて[4]、話題性のある商品を次々と投入していく[7]

2006年(平成18年)、約3.8倍サイズの『Happyプッチンプリン』の販売を開始[7]大量生産が難しいことを逆手にとって、各店舗では1週間程度の販売とし、販売する店舗を短期間で次々と変えた[7]。販売店舗は従業員にも知らされないという[20]。いつどこで買えるのか分からないこの販売手法は[4][12]、「ゲリラ販売」と呼ばれてインターネットを中心に話題となった[7]2008年(平成20年)には、『Happyプッチンプリン』に底のツマミを4つ付け、そのうち一つだけが本物という『Happyプッチン運だめし』を発売したが[28]、これは店頭で折られるいたずら被害が続出したことで販売中止となった[11]

2009年(平成21年)には、レギュラーサイズの約10倍[4]、約1kgのプリンが作れる専用キット『手づくりプッチンプリン』を開発[7][51]。底にツマミのついたプラスチック容器と、プリンの素・カラメルシロップ各2個のセットで、繰り返し使えるよう別売りの詰め替えセットも販売された[51]東急ハンズロフトなどの雑貨店の店頭に並ぶと、驚きをもって迎えられた[4]

2010年(平成22年)[注釈 4]、初めての別フレーバーを期間限定で発売[4]カラメルソースイチゴ味に変更したもので[7]、大ヒットとなった[6]

40周年編集

発売40周年となった2012年平成24年)、「プッチンプリンは、とんでもないことをやるブランドだという驚きを与えたい」と[52]、「プッチンHAPPY!」をテーマに[10]ネタの波状攻撃」を掲げて[52]さまざまな企画を次々と展開した[10]。40周年企画商品として発売された『Specialプッチンプリン』は[53]、子どもには『プッチンプリン』を買い与えても自分用には焼きプリンなめらかプリンを購入する傾向にある世代に向けて『プッチンプリン』初のなめらか系プリンとして開発され、消費者の嗜好の変化に合わせたとろけるような食感と濃厚なカスタードの味わいが特徴であった[9]。3月には通常の『プッチンプリン』とどちらがいいかの「プッチンどっち派キャンペーン」を展開した[9]

同年の企画で最も注目を集めたのは[7]、6月から8月までの期間限定で148円で発売された『男のプッチンプリンおつまみ冷奴風』であった[54]だしを利かせた豆乳プリン生姜風味のしょうゆソースという、まさに冷奴そのものの[9][11]甘くないプリンであり[4][7]SNSクチコミによる情報拡散を狙った商品であった[54]。開発時には社内でも賛否があり[9]販売店からは「どの売り場に置けばいいのか分からない」との声もあったが[11]、多くのメディアに採り上げられ[7]、癖になる味と[28]人気となった[4]

また、一般的にはオリジナルグッズを景品とするキャンペーンが減少している中で、同年「プッチンスライダープレート」が当たるプレゼントキャンペーンを実施[53]。直径約264ミリメートル・高さ102ミリメートルで、一番高い所で「プッチン」するとプリンが滑り降りプルルン感をより楽しめるというもので、何度も試作して角度などを調整したという[53]グリコ乳業マーケティング部の和田健史は、「応募率を高めることを目標にするのであれば、現金を景品にしたほうが良いのかもしれません。しかし、それではほかの商品との差異化は図れない。商品開発にも通じますが、プッチンプリンのプレゼントキャンペーンではいつの時代も驚きを提供していきたいと思っています」と語っている[53]

こうした2012年(平成24年)の数々の企画については、「メーカーが一つのブランドで、ここまで立て続けにイベントを展開することは珍しい」と評された[52]

さらなるニーズへの対応編集

 
『プッチンプリン』3種(上から時計回りに『ちょこっとプッチンプリン』、3個パック、『Bigプッチンプリン』)

2014年平成26年)には、『プッチンプリン』を弁当などとともに外で食べたいというニーズに応えて[6]常温で約6か月保存可能な一口サイズのプリン『ひとくちプッチンプリン』を発売開始[50]。6個入りで[55]カップの底をつまむだけで食べられる容器とした[6]。商品名は2018年(平成30年)に『ちょこっとプッチンプリン』に変更された[50]

同2014年(平成26年)にソースを増量し滝のように流れる『プッチンプリン ナイアガラソース』、翌2015年(平成27年)にはブラックココア味で真っ黒な『真っ黒プッチンプリン』、2021年令和3年)にはミルクコーヒー味の『Bigプッチンプリン たっぷりミルクのミルクコーヒー』を販売している[28]

2020年令和2年)には、3年の開発期間を経て、動物性原料を使用しない『植物生まれのプッチンプリン』を発売した[50]。開発のきっかけは、「皆がおいしい時間を楽しめるように」という思いだったという[13]。例えば給食などでプリンが出ても、周りの人がおいしそうに食べる姿を見ることしかできなかったアレルギーを持つ子どもたちに、どうすればプリンのおいしさや食べる楽しさを知ってもらえるかを考えて開発されたものであった[13]豆乳アーモンドペーストを使用し[4][6][56]、従来の『プッチンプリン』と変わらない食感と味わいを再現[55]サトウキビの風味を生かした[55]きび砂糖で優しい甘さとなっている[4]。3個パックが1個65g入り、『植物生まれのBigプッチンプリン』は155g入りで[55]、パッケージには植物由来を示すをデザインした[13]

『植物生まれのプッチンプリン』の発売によって、これまでプリン市場のターゲットとなりえなかった[13]卵や牛乳アレルギーの子どもが友達と「プッチン」を体験ができるようになり[4]江崎グリコには、卵アレルギーの子どもを持つ親から「子どもにプリンを食べるという機会を与えてくれてありがとう」という感謝の声が寄せられた[57]。開発に携わった同社のブランド担当の篠歌寿子は、せっかく新しい分野を開拓してもすぐに他社が追随してコモディティ化が進むのではないかとの指摘に対して、「私たちは”皆がおいしい時間を楽しめる”ことを目標に掲げています。当社のプッチンプリンブランドだけでなく、他のブランドでも多くの人がおいしい時間を楽しめるようになるのであれば、むしろコモディティを促進するきっかけになりたい」と答えている[57]

『植物生まれのプッチンプリン』は、アレルギーを持つ子どもだけでなく、環境問題健康に対する意識の高い女性からも歓迎されている[4]。江崎グリコ乳業・洋生菓子マーケティング部でブランドマネージャーを務め、2000年代から『プッチンプリン』のブランディングを担ってきた有馬卓は、「今後も食に対する価値観が変化し続けるのは必至。100周年を迎える頃には、植物生まれのプッチンプリンがブランドの柱の一つとして存在感を示すことになるでしょう」と同製品の可能性を展望している[4]

なお、原材料価格の高騰などにより、2015年(平成27年)4月に価格を維持したまま容量を減らした実質値上げ[58]2019年(平成31年)4月には約4%の値上げを実施した[59]。これによって、メーカー希望小売価格は、3個入りパックが190円から200円、『Bigプッチンプリン』が130円から140円となった[58]2022年(令和4年)9月にも再度の値上げを行っている[60][61]。ただし、実勢価格では『Bigプッチンプリン』は2020年(令和2年)現在110円程度である[40]

50周年編集

2022年令和4年)、発売50周年を迎え、5年をかけて開発したという花びらの形をした特別容器入りのものが3月に数量限定で販売された[62]。これが50周年に際して発売された唯一の特別な『プッチンプリン』であり、40周年の時と異なり、大々的にさまざまな企画を打つことはなかった[4]。これは、一過性の話題を狙うよりプリンそのものの「真面目な進化」によって本来のターゲットである子どもと母親に注力しようという姿勢の表れであると同時に、競合するコンビニスイーツに対して、発売時の開発者の思いであったという「牛乳という完全栄養食を、子供たちが自然と欲しがる形で提供したい」という原点に立ち返り、「素材のおいしさと栄養分を生かす」ことで対抗したいという考え方からであった[62]。実際、この年の4月に『プッチンプリン』と『植物生まれのプッチンプリン』をともにリニューアルし、従来から使っていなかった保存料人工甘味料に加えて着色料も不使用としている[4]。『植物生まれのプッチンプリン』については、乳化剤カラメル色素なども不使用とし、コクを増す改良も加えた[62]

『プッチンプリン』のブランド戦略について、ブランドマネージャーの有馬は、「今後10年、20年とトップブランドの座を守るためには、『最初に食べたプリン』はプッチンプリンだったという人を、できるだけ増やしたい。その人が大人になったとき、”プッチン”した楽しさを幸福な記憶として思い出すことが、次の世代への橋渡しとなるからです」と語っている[62]

年表編集

  • 1972年昭和47年) - 『グリコプリン』発売[3][9]、100g入りで50円[49]
  • 1974年(昭和49年) - 味やパッケージをリニューアルし、『プッチンプリン』に商品名を変更[50]
  • 1990年平成2年) - 70gの[49]3個入りパック発売開始[21][28]
  • 1993年(平成5年) - 176g入り[4][25]の『Bigプッチンプリン』発売開始[28][49]
  • 2006年(平成18年) - 400g入りの『Happyプッチンプリン』発売開始[9][63]
  • 2014年(平成26年) - 『ひとくちプッチンプリン』発売開始[28][50]
  • 2015年(平成27年) - グリコ乳業を江崎グリコが吸収合併したため、江崎グリコからの販売となる[64]
  • 2016年(平成28年) - 『ひとくちプッチンプリン』の商品名を『ちょこっとプッチンプリン』に変更[50]
  • 2020年令和2年) - 『植物生まれのプッチンプリン』発売開始[50][65]
  • 2022年(令和4年) - 発売50周年[28][66]

容器・包装編集

蓋は、中央の赤・黄・緑のラインで上下に分け、上が白、下がオレンジというデザインになっており、これは発売当初から変更されていない[67]。ただ、2014年平成26年)に、プリン写真が前面に出る形に改められている[63]。また、『グリコプリン』の時代でも「プッチンしてね」と記されていたように[5]商品名の一部であるとともに特徴をもあらわす「プッチン」のロゴがデザインのポイントになっている[49]。ロゴデザインは時代にあわせて何度か変更されているものの、基本的なイメージは変わっていない[67]

容器のプラスチックは、商品の品質の良さがアピールできるよう中身の見える透明の容器が採用されている[67]。発売当初の側面は無地であったが[67]2004年平成16年)以降[63]コンビニエンスストアなど商品の側面しか見えない陳列棚が増えたため、『プッチンプリン』であることが分かる図柄を入れるようになった[67]。3個入りパックで商品全体を包むシュリンクも、2007年(平成19年)以降、全面印刷となっている[63]

容器の形状は、発売当初からの独特の花形を引き継いでいる[49]。これは、おいしさや楽しさを表現しているだけでなく[49]、構造的な強度を高めるとともに、中身を回りにくくするという機能がある[25]。なお、プッチンプリンの容器と同様の底のツマミを折ることで中身を出すことができるタイプのプリン容器は、製菓材料店や100円ショップでも販売されている[51]

栄養素編集

内容量 エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 食塩相当量
プッチンプリン(3個パック) 67g×3 89kcal 1.1g 4.0g 12.1g 0.13g
Bigプッチンプリン 160g 212kcal 2.8g 9.8g 28.1g 0.31g
ちょこっとプッチンプリン 20g×6 29kcal 0.49g 1.1g 4.4g 0.027g
ちょこっとプッチンプリン ミルクショコラ 20g×6 29kcal 0.45g 0.95g 4.7g 0.024g
植物生まれのBigプッチンプリン 155g 203kcal 1.2g 8.5g 30.5g 0.17g
植物生まれのプッチンプリン 3個パック 65g×3 86kcal 0.51g 3.5g 13.0g 0.071g

『プッチンプリン』の公式WEBサイトによれば、製品1個あたりの内容量・栄養成分は上表のとおりである。ただし、実教出版編修部著『カラーグラフ食品成分表2022』では、『Bigプッチンプリン』1個あたりエネルギーは225キロカロリーたんぱく質2.8グラム脂質11.4グラム、炭水化物27.9グラム、食塩相当量は0.3グラムとしている[68]

大阪大学講師医学博士の藤原邦達は、2003年平成15年)に『ニューライフ』誌での対談において、「この分量から3グラムのたんぱく質が摂取できるということは、筋肉脳細胞血管を作るために絶対に必要な栄養素ですから、おやつとしていいサプリメント効果を発揮しています」「成長期の子どもにとっては、脂肪分や炭水化物のカロリー補給も必要です」などとして、「栄養的にも非常に優れた食品」と評価している[25]。この対談の中でグリコ乳業商品開発第1特別グループ阪本健二は、子どもだけでなく、「高カロリーといわれていますが、サラリーマン朝食代わりやOLさんが昼食をこれだけで済ませたり、即効性の糖質に加えて、たんぱく質は持続性がありますので、肉体労働者の方にも好評です」と応じている[25]

評価編集

『プッチンプリン』の味は、「牛乳の風味を生かした味わい」[69]お菓子のような昔懐かしい甘さ」などと評される[40]。発売当時はプリンといえば蒸して作られるものであったが、その中に登場した『プッチンプリン』は、蒸さずにツルンとした食感のプリンであった[14]洋菓子研究家の吉田菊次郎は、『プッチンプリン』のこの食感を「画期的だった」と評している[14]

また、『プッチンプリン』は、ツマミを折って皿に出すことができるという、これも画期的な容器で登場した[12]。おいしさに加えて、この楽しさが多くの人に愛され続けている理由の一つになっている[5]江崎グリコ2000年代から『プッチンプリン』のブランディングを担っている有馬卓も、「おいしさと楽しさ」こそが「プッチンプリンの本質」と自任している[2]

プリン市場が縮小する中でも、『プッチンプリン』の販売実績は常に1位か2位を保持しており[70]2022年令和4年)時点で売り上げ・シェアともに首位の座にある[2]2016年(平成28年)時点でも多い日には日産15万を製造していたが[22]2021年(令和3年)度の販売は、前年比約10%増となり、ここ10年で最高であったという[2]。発売開始から40年が経過した2012年(平成24年)までに、累計販売数は51億個を超え[8][19]、翌2013年(平成25年)1月に、最も売れたプリンのブランドとしてギネス世界記録に認定された[71][注釈 5]。発売から50年が経過した『プッチンプリン』は、日本において誰もが知っており[40]、プリンと聞いて真っ先に思い浮かべるものの一つとなっている[14]

『プリン本』による、スーパーで売られているプリンの食べ比べチャートでは、対象となった9商品のうち、硬さは平均的であり、甘さは最も控えめであった[72]

gooランキング編集部は「自宅・自分用プリンのおすすめ」の1位に『Bigプッチンプリン』を選び、濃厚なカラメルソースとプルプルのプリンが口のなかでしっかりと味わえると評価した[73]

活用・その他編集

アレンジレシピ編集

3個入りプッチンプリンをそのまま使い、クリームチーズホットケーキミックスでつくる「プリンチーズケーキ」は、カラメルをあらかじめ別にしておき最後に塗る[74]。またキャンプ料理として、食パン2枚で挟んだプッチンプリンを網の上で焼く「パン・プッチンプリン・パン」[75]料理研究家リュウジによる「スーパー・プッチンプリン・シェイク」などがある[76]。製品のパッケージ公式サイトでも、2012年平成24年)5月から、パティシエ辻口博啓とのコラボレーションによるアレンジメニューを掲載している[9]

ネーミングのオノマトペ編集

「プッチン」は、プリンを皿に容易に移すための動作音のオノマトペである。商品名としてオノマトペの例示にたびたび使われており[77][78]、商品特性を生かしたネーミングになっている[79]。また2016年におこなわれた「プッチンする派なのか、しない派なのか」を問う「第1回 プッチン国民投票」などもあり、「プッチンする」などの動詞化の実例もある[24][注釈 6]

教育現場編集

2022年、プッチンプリンの空き容器を使って文房具を作るイベントが千葉県流山市の小学校で行われた。児童や家族が容器を集め江崎グリコが定規などに加工して児童に提供した[81][82]

医療編集

リハビリテーションに関する論文で、嚥下調整食として用いられる[83]。また重症筋無力症による嚥下困難においては、普通のプリンは飲み込みにくいとされているが、プッチンプリンは飲み込みやすいとされている[84]

特許と商標編集

1976年に容器は特許出願され、1978年に公開されている[85]商標は2023年4月現在、グリコ乳業及び江崎グリコとして「プッチン」で50の登録があり、「プッチンプリン」では15の登録がある[86][注釈 7]

また、蓋の裏は特殊な加工がされており、プリンがくっつかないようになっている。この蓋の加工技術も凸版印刷によって特許が取得されており、発明品開発の際にはプッチンプリンが使用されている[87]

CM編集

1974年昭和49年)のリニューアルにあたって、グリコでは「プッチンしちゃお」という『プッチンプリン』のテレビCM[28]短期間に集中的に展開した[12][88]。当時としてはデザート商品や[7]乳製品CMは珍しかったが[4]、プッチンする楽しさを伝えるためには、やはりポスターなどよりテレビCMが適しているとの判断からであった[7][12]。グリコでは、「皿の上に乗せる際に感じる”プルルン”というシズル感と、プッチンアクションの楽しさを音楽で表現」することを狙ったという[53]。テレビCMの効果が高かった時代でもあり[53]、このCMの効果もあって『プッチンプリン』の売り上げは大きく拡大した[5][6]

以降、『プッチンプリン』の広告手段としては、テレビCMが主に採用されている[5]。CMキャラクターはそのときどきによって変更しており、1996年平成8年)にはスキャットマン・ジョンが「プッチンパポペ エブリバディプリンプリン」と歌うCMを放映し[53]2012年(平成24年)には「今っぽい楽しさ」のイメージを発信しようときゃりーぱみゅぱみゅを起用したが[9]、楽しさとシズル感を音楽で訴求するスタイルはあえて変えていない[53]。これは、グリコによれば、「子どものころにテレビCMを見てプッチンプリンを食べていた世代に対して、同じアプローチをすることで商品を再想起させて販売につなげるため」の戦略である[53]

コラボ商品編集

『プッチンプリン』の持つブランド力は、異業種の企業にとっても魅力的であり、コラボレーション企画の声を掛けられることも多い[54]

2011年平成23年)11月に[99]宝島社とのコラボレーションで、『プッチンプリン』の歴史を記したムック本と『手づくりプッチンプリン』のセットを書店で販売した[100]。価格は2,200円であったが、予想を上回る販売数を記録したという[52]2012年(平成24年)5月に神戸屋で販売された『プッチンプリン蒸しパン』も、売り上げは非常に好調だったとされている[52]

同年7月からは、タカラトミーアーツが『おかしなプッチンプリン プッチンアイス』を販売した[52]。「プッチンバー」と呼ぶ棒を『プッチンプリン』に刺して冷凍庫で凍らせると、容器から引き抜いて食べられるという商品である[52]。ズボッと引き抜く感覚の楽しさと、凍った『プッチンプリン』のモチモチ感が味わえる[52]。価格は997円で、プリン色とイチゴ色の2色がある[52]。コラボレーションにあわせて『プッチンプリン』は凍らせても美味しいというメッセージを売り場で発信したところ、通常は売り上げの落ちる夏場に大きく売り上げが向上したという[52]

2020年令和元年)には、マクドナルドから「マックシェイク “プッチン”できないけど プッチンプリン」が期間限定で発売された[101]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1979年発売[16]
  2. ^ 1997年発売[17]
  3. ^ 2007年発売開始。2019年生産終了[18]
  4. ^ 宣伝会議編集部著「ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略 file.39」では2009年(平成21年)としている。
  5. ^ 田久晶子著「プッチンプリンとドロリッチができたっ‼」および2013年(平成25年)1月12日付『朝日新聞』では認定は2012年(平成24年)10月としており、ギネス世界記録公式WEBサイトでは2013年(平成25年)1月21日に行われたのは授与式としている。
  6. ^ TBSラジオ 2023年4月6日(木)『こねくと』♯4においての石山蓮華による実例[80]
  7. ^ 2023年4月12日時点での特許情報プラットフォーム[1]での検索結果による

出典編集

  1. ^ History | Ezaki Glico USA Corporation” (英語). www.glico.com. 2023年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 奥井真紀子著「攻める!長寿ブランド #10 プッチンプリン」『日経トレンディ』第491号、株式会社日経BP、2022年4月4日、140頁。 
  3. ^ a b c d e 有馬 卓・柳澤 香|開発者インタビュー|プッチンプリン|グリコ”. cp.glico.com. 2023年4月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 奥井真紀子著「攻める!長寿ブランド #10 プッチンプリン」『日経トレンディ』第491号、株式会社日経BP、2022年4月4日、141頁。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k 宣伝会議編集部著「ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略 file.39 1972~グリコ乳業『プッチンプリン』」『宣伝会議』第844号、株式会社宣伝会議、2012年9月1日、211頁。 
  6. ^ a b c d e f g h i j 藤井龍二著「商品に歴史あり 341 『プッチンプリン』」『THE21』第39巻第5号、株式会社PHP研究所、2022年4月6日、101頁。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 宣伝会議編集部著「ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略 file.39 1972~グリコ乳業『プッチンプリン』」『宣伝会議』第844号、株式会社宣伝会議、2012年9月1日、212頁。 
  8. ^ a b c d 田久晶子著「プッチンプリンとドロリッチができたっ‼」『サンキュ!』第17巻第12号、株式会社ベネッセコーポレーション、2013年3月2日、29頁。 
  9. ^ a b c d e f g h i j k Value creator編集部編「このブランド戦略が凄い‼ プッチンプリン40周年」『Value creator』第325号、株式会社Value creator社、2012年6月25日、89頁。 
  10. ^ a b c d e f g h i j k Value creator編集部編「このブランド戦略が凄い‼ プッチンプリン40周年」『Value creator』第325号、株式会社Value creator社、2012年6月25日、88頁。 
  11. ^ a b c d e f g h i j k 日経デザイン編『ロングセラーパッケージ大全』株式会社日経BP、2016年6月21日、58頁。 
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 日経デザイン編『ロングセラーパッケージ大全』株式会社日経BP、2016年6月21日、59頁。 
  13. ^ a b c d e 宣伝会議編集部編「『プッチンプリン』から”植物生まれ”が登場」『宣伝会議』第960号、株式会社宣伝会議、2021年9月1日、10頁。 
  14. ^ a b c d e f g h 角山祥道著「愛しの『プリン』」『サライ』第33巻第10号、株式会社小学館、2021年9月10日、82頁。 
  15. ^ 連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ | 【公式】江崎グリコ(Glico)”. www.glico.com. 2023年4月10日閲覧。
  16. ^ カフェオーレのひみつ カフェオーレ”. www.cafeore.jp. 2023年5月11日閲覧。
  17. ^ 朝食りんごヨーグルトSTORY”. 朝食りんごヨーグルト | グリコ. 2023年5月11日閲覧。
  18. ^ 「ドロリッチ」の生産終了 グリコ、売り上げ減少で - 日本経済新聞”. www.nikkei.com. 2023年5月11日閲覧。
  19. ^ a b 「累計51億個販売 プッチンプリン世界一」『朝日新聞』株式会社朝日新聞社、2013年1月12日、第14版、朝刊、8面。
  20. ^ a b c d e f g 藤井龍二著「商品に歴史あり 341 『プッチンプリン』」『THE21』第39巻第5号、株式会社PHP研究所、2022年4月6日、100頁。 
  21. ^ a b c d e f まもなく発売50周年!「プッチンプリン」ロングセラーの理由”. サライ.jp (2021年9月19日). 2023年4月10日閲覧。
  22. ^ a b c [WBS] 【ロングセラー研究所】プッチンプリン”. LOVELY-LOVELY.NET. 2023年4月10日閲覧。
  23. ^ a b c d 『プッチンプリン』発売から50年、コロナ禍でも売上を伸ばした「変わらぬ味」とパッケージの秘密”. fumufumu news -フムフムニュース-. 2023年4月10日閲覧。
  24. ^ a b c 発売50周年!「プッチンプリン」ブランド通信” (PDF). 江崎グリコ (2022年1月18日). 2023年4月11日閲覧。
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m ニューライフ編集部編「デザートプリンの定番 ロングセラーを誇るプッチンプリン」『ニューライフ』第50巻第7号、株式会社ニューライフ、2003年2月20日、26頁。 
  26. ^ プッチンプリン国民投票開催!”. cp.glico.com. 2023年4月11日閲覧。
  27. ^ する派?しない派?研究結果| プッチンプリン | グリコ”. cp.glico.com. 2023年4月12日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g h i 角山祥道著「愛しの『プリン』」『サライ』第33巻第10号、株式会社小学館、2021年9月10日、83頁。 
  29. ^ チャーリィ古庄著『ちょっと自慢できる ヒコーキの雑学100』株式会社インプレス、2019年7月11日、183頁。 
  30. ^ a b c d e 昭文社編集部編『プリン本 大阪・京都・神戸』株式会社昭文社、2020年8月1日、99頁。 
  31. ^ 角山祥道著「愛しの『プリン』」『サライ』第33巻第10号、株式会社小学館、2021年9月10日、71頁。 
  32. ^ a b 吉田菊次郎著『洋菓子はじめて物語』株式会社平凡社<平凡社新書121>、2001年12月19日、34頁。 
  33. ^ プリンの発祥は?蒸し料理からプディングになるまでの歴史 | 北の菓子 菓風”. 北の菓子 菓風 (2021年11月26日). 2023年4月10日閲覧。
  34. ^ プリンって実はとってもSDGsなスイーツだった?プリンの歴史から紐解くプリンのすごさ、可能性について(後半)|プリン王子の今日のプリンあしたのプリン。 | スイーツのことならTASTEMADE”. sweets.tastemade.jp. 2023年4月10日閲覧。
  35. ^ a b c 昭文社 旅行ガイドブック 編集部 編『プリン本』昭文社、2019年11月22日、115頁。ISBN 4398144110 
  36. ^ 会社の歩み | 会社案内 | ハウス食品”. housefoods.jp. 2023年4月10日閲覧。
  37. ^ 半世紀つづくロングセラーがフレッシュアップ!気分上がる、かんたん自家製スイーツ「パウダーデザートシリーズ」”. PR TIMES. 2023年4月10日閲覧。
  38. ^ プリンの歴史について”. 伊豆のスイーツ・お土産・特産品の通販【伊豆取り寄せ宅急便】. 2023年4月10日閲覧。
  39. ^ 『&Premium(アンドプレミアム) 2022年2月号 やっぱり、おやつは大切。』マガジンハウス、2021年12月20日、42頁。 
  40. ^ a b c d 昭文社編集部編『プリン本 大阪・京都・神戸』株式会社昭文社、2020年8月1日、96頁。 
  41. ^ a b プリンの歴史をご存じですか?愛されスイーツの歩み「プリン年表」”. 雑誌 家庭画報公式サイト. 2023年4月10日閲覧。
  42. ^ プッチンプリン | グリコ エピソード 1-04”. cp.glico.com. 2023年4月10日閲覧。
  43. ^ かつて「プリン」は「レストランで食べるもの」だった?”. ニッポン放送 (2023年3月21日). 2023年4月10日閲覧。
  44. ^ 森永乳業商品ヒストリー”. 100th anniversary. 森永乳業株式会社. 2023年4月12日閲覧。
  45. ^ 角山祥道著「愛しの『プリン』」『サライ』第33巻第10号、株式会社小学館、2021年9月10日、70頁。 
  46. ^ プッチンプリン | グリコ エピソード 1-05”. cp.glico.com. 2023年4月10日閲覧。
  47. ^ プッチンプリン | グリコ エピソード 1-11”. cp.glico.com. 2023年4月10日閲覧。
  48. ^ 真下弘孝『ドーナツの穴 食べもののかたちの秘密!?』大空出版、2008年3月15日、33頁。ISBN 4903175219 
  49. ^ a b c d e f g h 日経デザイン編『ロングセラーパッケージ大全』株式会社日経BP、2016年6月21日、56頁。 
  50. ^ a b c d e f g h プッチンプリン | グリコ history”. cp.glico.com. 2023年4月10日閲覧。
  51. ^ a b c 田久晶子著「プッチンプリンとドロリッチができたっ‼」『サンキュ!』第17巻第12号、株式会社ベネッセコーポレーション、2013年3月2日、30頁。 
  52. ^ a b c d e f g h i j Value creator編集部編「このブランド戦略が凄い‼ プッチンプリン40周年」『Value creator』第325号、株式会社Value creator社、2012年6月25日、91頁。 
  53. ^ a b c d e f g h i j k 宣伝会議編集部著「ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略 file.39 1972~グリコ乳業『プッチンプリン』」『宣伝会議』第844号、株式会社宣伝会議、2012年9月1日、213頁。 
  54. ^ a b c Value creator編集部編「このブランド戦略が凄い‼ プッチンプリン40周年」『Value creator』第325号、株式会社Value creator社、2012年6月25日、90頁。 
  55. ^ a b c d 田中理恵「新発売 植物生まれのプッチンプリンで家族のハッピータイム」『レタスクラブ』第904号、株式会社KADOKAWA、2020年3月25日、49頁。 
  56. ^ 田中理恵「新発売 植物生まれのプッチンプリンで家族のハッピータイム」『レタスクラブ』第904号、株式会社KADOKAWA、2020年3月25日、48頁。 
  57. ^ a b 宣伝会議編集部編「『プッチンプリン』から”植物生まれ”が登場」『宣伝会議』第960号、株式会社宣伝会議、2021年9月1日、11頁。 
  58. ^ a b 久保田侑暉「「プッチンプリン」が値上げ 生乳価格の引き上げが影響」『朝日新聞』、2019年2月7日。2023年5月16日閲覧。
  59. ^ 「グリコ、プリンなど値上げ」『日本経済新聞』日本経済新聞社、2019年2月8日、第13版、朝刊、16面。
  60. ^ 一部製品の価格改定ならびに内容量変更のお知らせ”. 江崎グリコ公式ウェブサイト. 江崎グリコ株式会社 (2022年5月26日). 2023年5月16日閲覧。
  61. ^ 「グリコも値上げ 原材料高が影響 ポッキーなど199品目」『読売新聞』、2022年5月27日、第13版、朝刊、8面。
  62. ^ a b c d 奥井真紀子「攻める!長寿ブランド #10 プッチンプリン」『日経トレンディ』第491号、株式会社日経BP、2022年4月4日、140-141頁。 
  63. ^ a b c d 日経デザイン編『ロングセラーパッケージ大全』株式会社日経BP、2016年6月21日、57頁。 
  64. ^ 江崎グリコ、グリコ乳業を吸収合併”. www.nikkei.com. 2023年4月10日閲覧。
  65. ^ 〈植物生まれの〉Bigプッチンプリン(江崎グリコ)2023年2月20日発売”. 日本食糧新聞電子版. 2023年4月10日閲覧。
  66. ^ 『「プッチンプリン」は今年で50周年!原料を一から見直し、こだわり抜いたおいしさにリニューアル | 【公式】江崎グリコ(Glico)』(プレスリリース)https://www.glico.com/assets/files/NR20220330__3.pdf2023年6月3日閲覧 
  67. ^ a b c d e 日経デザイン編『ロングセラーパッケージ大全』株式会社日経BP、2016年6月21日、55頁。 
  68. ^ 実教出版編集部著『カラーグラフ食品成分表2022』実教出版株式会社、2022年2月20日、195頁。 
  69. ^ 新聞ダイジェスト社編・著 (2013-02-15). “プッチンプリン、販売世界一 ギネスが認定”. 月刊新聞ダイジェスト 47 (3): 196. 
  70. ^ ニューライフ編集部編「デザートプリンの定番 ロングセラーを誇るプッチンプリン」『ニューライフ』第50巻第7号、株式会社ニューライフ、2003年2月20日、25頁。 
  71. ^ 40年間で達成、世界一のクリームキャラメル~ギネス世界記録の地域活性”. ギネス世界記録 (2013年1月23日). 2023年4月10日閲覧。
  72. ^ 昭文社 旅行ガイドブック 編集部 編『プリン本』昭文社、2019年11月22日、112-113頁。ISBN 4398144110 
  73. ^ プリンの人気おすすめランキング20選【固めのプリンやスーパーで買える市販の安いプリンも】|セレクト - gooランキング”. セレクト - gooランキング. 2023年5月13日閲覧。
  74. ^ 料理研究家 ゆかり『料理研究家ゆかりのおうちで簡単! 3時のおやつ』宝島社、2022年3月16日、51-52頁。ISBN 4299026136 
  75. ^ 佐藤 一博『アルミホイル・ソロキャンレシピ』秀和システム、2021年7月31日、72-73頁。ISBN 4798064351 
  76. ^ リュウジ『お手軽食材で料理革命! リュウジのコンビニレストラン』宝島社、2021年7月21日、93頁。ISBN 4299018486 
  77. ^ オノマトペ使っていますか?”. ビジネス成功脳のすべて (2019年6月26日). 2023年4月11日閲覧。
  78. ^ ユーザの所望する質感や感性 を表す言葉の生成システム” (PDF). 国立大学法人電気通信大学 大学院情報理工学研究科総合情報学専攻 准教授 坂本真樹 (2012年5月15日). 2023年4月11日閲覧。
  79. ^ 大男 (2021年12月14日). “【なめらか派】シェフパティシエが教える!生菓子の基本理論~プリンの作り方のポイント~前編【しっかり派】”. hanawamam.com. 2023年4月11日閲覧。
  80. ^ TBSラジオ 2023年4月6日(木)『こねくと』♯4”. TBSラジオ (2023年4月6日). 2023年4月11日閲覧。
  81. ^ ~「プッチンプリン」子どもたちと考えるSDGs取り組み~ 「プッチンプリン」の容器が文房具になる!子どもたちに特別授業 「プッチンプリン オリジナル文房具贈呈式」を開催 | 【公式】江崎グリコ(Glico)”. www.glico.com. 2023年4月10日閲覧。
  82. ^ プリンの空き容器、文房具に再生 児童へ贈呈、千葉・流山(共同通信)”. Yahoo!ニュース. 2023年4月10日閲覧。
  83. ^ 飲食物の違いによる嚥下音の変化について” (PDF). 神戸学院総合リハビリテーション研究 藤原有沙 古田恒輔. 2023年4月11日閲覧。
  84. ^ 飲み込みやすい食事、飲み込みにくい食事 | 重症筋無力症について”. www.med.nagoya-cu.ac.jp. 2023年4月10日閲覧。
  85. ^ j-platpat”. www.j-platpat.inpit.go.jp. 2023年4月10日閲覧。
  86. ^ ブランドテラス. “プッチンプリン 称呼(呼称)・ネーミング | 商標(商標出願・登録商標) 情報”. patent-i.com. 2023年4月10日閲覧。
  87. ^ 特許第6354491号(P6354491)”. 知財ポータルサイト「IP Force」. 2023年4月10日閲覧。
  88. ^ 宣伝会議編集部著「ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略 file.39 1972~グリコ乳業『プッチンプリン』」『宣伝会議』第844号、株式会社宣伝会議、2012年9月1日、212-213頁。 
  89. ^ 初代CMガール、世界中で食べたプッチンプリン/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online. 2023年4月10日閲覧。
  90. ^ ゴジラ グリコプッチンプリン CM ゴジラ編/ゴジラ CM bb-navi”. www.bb-navi.com. 2023年4月10日閲覧。
  91. ^ 「プッチンプリン」CM│CM作品情報│東映ビデオ-あのテーマ”. 東映ビデオ-東映Vモバイル(あのテーマ)-. 2023年4月10日閲覧。
  92. ^ 有田シュン (2014年1月16日). “スキャットマンが再ブレイクの兆し!? 「プッチンプリン」ギネス世界記録(TM)達成との、意外で懐かしい関係!”. 日刊サイゾー. 2023年4月12日閲覧。
  93. ^ Inc, Natasha. “やくしまるえつこ「プッチン大統領」でプルルルルン”. 音楽ナタリー. 2023年4月10日閲覧。
  94. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ グリコ乳業 プッチンプリン Specialプッチンプリン~とろける食感~ TV-CM プッチン体操 主…/きゃりーぱみゅぱみゅ CM bb-navi”. www.bb-navi.com. 2023年4月10日閲覧。
  95. ^ 本田望結 東MAXに説教!?「お金で買えないものもある」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年4月10日閲覧。
  96. ^ Toshlが、プッチンプリンの化身“プッチンプリンスToshl”に!大人に向けて「おいしさのこだわり」を魂のシャウト!!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2023年4月10日閲覧。
  97. ^ Inc, Natasha. “Toshlがプッチンプリンへの愛込めたオリジナルソング制作、Web CMにも出演(動画あり / 写真32枚)”. 音楽ナタリー. 2023年4月10日閲覧。
  98. ^ 真木よう子 マックシェイク プッチンプリン CM プッチンできないけど プッチンプリン篇。「プッチンできねぇっす」/真木よう子 CM bb-navi”. www.bb-navi.com. 2023年4月10日閲覧。
  99. ^ グリコ手づくりプッチンプリンジャンボ&ミニ&アニバーサリーBOOKセット│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル”. 宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル. 2023年4月10日閲覧。
  100. ^ Value creator編集部編「このブランド戦略が凄い‼ プッチンプリン40周年」『Value creator』第325号、株式会社Value creator社、2012年6月25日、90-91頁。 
  101. ^ ニュースリリース | マクドナルド公式”. www.mcdonalds.co.jp. 2023年4月10日閲覧。

参考文献編集

  • 奥井真紀子著「攻める!長寿ブランド #10 プッチンプリン」『日経トレンディ』491号、株式会社日経BP、2022年4月。
  • ジェリ・クィンジオ著・元村まゆ訳『プディングの歴史』株式会社原書房<「食」の図書館>、2021年10月。ISBN 978-4-562-05946-1
  • 実教出版編修部著『カラーグラフ食品成分表2022』実教出版株式会社、2022年2月。ISBN 978-4-407-35243-6
  • 昭文社編集部編『プリン本』株式会社昭文社、2019年12月。ISBN 978-4-398-14411-9
  • 昭文社編集部編『プリン本 大阪・京都・神戸』株式会社昭文社、2020年8月。ISBN 978-4-398-14412-6
  • 新聞ダイジェスト社編・著『月刊新聞ダイジェスト』第47巻3号(通巻636号)、株式会社新聞ダイジェスト社、2013年2月。
  • 宣伝会議編集部著「ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略 file.39 1972~グリコ乳業『プッチンプリン』 誰もが笑顔になるような『楽しさ』と『驚き』を伝え続ける」『宣伝会議』844号、株式会社宣伝会議、2012年9月。
  • 宣伝会議編集部編「『プッチンプリン』から”植物生まれ”が登場 食べられなかった消費者へ向け新市場をつくる」『宣伝会議』960号、株式会社宣伝会議、2021年10月。
  • 田中理恵著「新発売 植物生まれのプッチンプリンで家族のハッピータイム」『レタスクラブ』第34巻4号(通巻904号)、株式会社KADOKAWA、2020年3月。
  • 田久晶子著「プッチンプリンとドロリッチができたっ‼」『サンキュ!』第17巻12号、株式会社ベネッセコーポレーション、2013年3月。
  • チャーリィ古庄著『ちょっと自慢できるヒコーキの雑学100』株式会社インプレス、2019年7月。ISBN 978-4-295-00656-5
  • 角山祥道著「愛しの『プリン』」『サライ』第33巻10号(通巻677号)、株式会社小学館、2021年9月。
  • 日経デザイン編『ロングセラーパッケージ大全』株式会社日経BP、2016年6月。ISBN 978-4-8222-3514-7
  • ニューライフ編集部著「デザートプリンの定番 ロングセラーを誇るプッチンプリン」『ニューライフ』第50巻7号(通巻555号)、株式会社ニューライフ、2003年7月。
  • Value creator編集部編「このブランド戦略が凄い‼ プッチンプリン40周年 新商品、キャンペーン、異業種コラボレーション…グリコ乳業の『ネタの波状攻撃』に、今年は目が離せない!」『Value creator』325号、株式会社VALUE CREATOR社、2012年6月。
  • 藤井龍二著「商品に歴史あり 341 『プッチンプリン』」『THE21』第39巻5号(通巻450号)、株式会社PHP研究所、2022年4月。
  • 吉田菊次郎著『洋菓子はじめて物語』株式会社平凡社<平凡社新書121>、2001年12月。ISBN 4-582-85121-5

関連項目編集

外部リンク編集