メインメニューを開く
矢作藩があった本矢作城跡

矢作藩(やはぎはん)は、下総国(現在の千葉県香取市本矢作)に存在した。藩庁は大崎城(通称:矢作城、ただし支城の岩ヶ崎城とする説もある)。

目次

藩史編集

小田原征伐後、関東に移封された徳川家康は、国分氏(下総国分氏)の居城のあった下総矢作に鳥居元忠を4万石で入封させた。これが矢作藩の立藩である。これには常陸佐竹義重らに対する牽制の意味があったといわれている。慶長4年(1599年)には領内において総検地が行われている。矢作領84か村にわたる合計高約4万石で、一名「矢作縄」といわれ、それ以前より2倍半の増盛がなされた苛酷なものであった[1]。翌慶長5年(1600年)に発生した関ヶ原の戦いの緒戦である伏見城攻防戦で元忠は戦死し、家康は戦後に元忠の武功を賞してその子・忠政陸奥磐城平藩に加増移封したため、矢作藩は廃藩となり、徳川直轄領となった。

元和4年(1618年)、三浦正次がこの地に780石の旗本として入封するが、正次は次第に出世して加増を受けて石高も5000石にまで昇進する。寛永7年(1630年)に正次は5000石の加増を受けて1万石の大名となり、矢作藩が再立藩された。寛永16年(1639年)、正次は下野壬生藩に移封となったため、矢作藩は再び廃藩となった。

歴代藩主編集

鳥居家編集

譜代。4万石。

  1. 鳥居元忠(もとただ)
  2. 鳥居忠政(ただまさ)

三浦家編集

譜代。1万石。

  1. 三浦正次(まさつぐ)

脚注編集

  1. ^ 佐原市役所編纂『佐原市史』、1966年、186頁