メインメニューを開く

石川県道34号能都穴水線

日本の石川県の道路

石川県道34号能都穴水線(いしかわけんどう34ごう のとあなみずせん)は、石川県鳳珠郡能登町と鳳珠郡穴水町を結ぶ県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
石川県道34号標識
石川県道34号 能都穴水線
主要地方道 能都穴水線
実延長 23.964 km
起点 鵜川駅前交差点
石川県鳳珠郡能登町)【地図
終点 石川県鳳珠郡穴水町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0249.svg 国道249号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

起点から穴水町竹太までの区間および穴水町甲地内、また穴水町岩車の椿崎別荘地内から終点までは両側2車線(片側1車線)の快走路であるものの、普通自動車でもすれ違いが困難な狭隘区間が点在する。2005年平成17年)に並行するのと鉄道能登線が廃線となってからは、能登中央バスおよび奥能登観光開発(現在の北鉄奥能登バス)による代替バスが、ここを路線設定したことで石川県が1.5車線的整備を計画。待避所を狭隘区間随所に設置し、バスの対面通行には支障が無い程度まで改善された。

能登町(旧能都町)と穴水町の間は、国道249号が山側を通るのに対し、当県道は、概ね旧のと鉄道能登線と並行して、海岸線に沿って走るコースをとっている。

路線データ編集

  • 起点:鳳珠郡能登町字鵜川21字44番1地先(鵜川駅前交差点・国道249号交点)
  • 終点:鳳珠郡穴水町字比良ユ17番3地先(国道249号交点)

歴史編集

地理編集

通過する自治体編集

接続道路編集

  • 国道249号(鳳珠郡能登町字鵜川・鵜川駅前交差点:起点)
  • 国道249号(鳳珠郡穴水町字比良:終点)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

参考文献編集

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

関連項目編集