石浜 紅子(いしはま べにこ、1963年12月12日 - 、56歳)は、日本文筆家[1]イラストレーター[1]衣装デザイナー[1]大阪市出身。父は作家石濱恒夫

経歴編集

1977年、13歳のときに父・恒夫他1人と共に、ヨット[注 1]大西洋横断(無寄港)を達成した[2][3][注 2]航海後、ヨットによる無寄港大西洋横断航海で世界最年少記録(13歳265日)を樹立したことを知る[3][4]

20歳代まで、民族学研究者アフリカ中央アジアなどの調査旅行に同行した[1]

1990年大阪市海洋博物館計画懇話会の委員となった[5]2000年6月28日、同年7月14日に開館する海洋博物館なにわの海の時空館』の初代館長に就任することが決定した[6]2010年から名誉館長[7]

著書編集

自著編集

  • よ、私はくじけない : 13歳・女子中学生の冒険光文社カッパ・ホームス〉、1979年3月25日全国書誌番号:79016177[注 3]
  • 『わたしのシャングリラビレッジプレス1997年12月ISBN 4938598574[注 4]

監修編集

その他編集

関連書籍編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ スループ型、全長9m。船名は、自身の名を冠した『まどもあぜる紅子』。
  2. ^ 1977年7月28日アメリカ合衆国メリーランド州アナポリスを出港し、同年9月2日ポルトガルリスボンに入港した。航海日数は37日。
  3. ^ 1977年ヨットによる大西洋横断航海の手記である。田辺聖子との対談が収録されている。カバーに安岡章太郎小松左京イーデス・ハンソン推薦文がある。
  4. ^ 目次「不思議の国紀行」、「この町に生まれ育って」、「日々のコラム」。
  5. ^ 執筆編集協力 : 古川武志。
  6. ^ 執筆、編集協力 : 古川武志。
  7. ^ 2009年1月29日大阪府立文化情報センターさいかくホール」で行われた、『物見遊海 : 観光都市大坂』と題する、石浜紅子による講演が収録されている(全55ページ)。

出典編集

  1. ^ a b c d 大阪府立文化情報センター等/編著『水都大阪盛衰記』 2009年, p.157。
  2. ^ 朝日新聞東京版(夕刊1977年7月29日、8面『中2でっかい夏休み : 大西洋ヨット横断 : 父ら三人で一カ月半』(アナポリスメリーランド州)28日=安藤特派員)。
  3. ^ a b 朝日新聞東京版(朝刊1977年9月6日、23面『お見事…「でっかい夏休み」 : 中学二年、大西洋を横断 : 大阪のヨット「紅子」リスボンに到着』(ロンドン 5日=ヨーロッパ総局)。
  4. ^ 自著『海よ、私はくじけない』 1979年, p.197。
  5. ^ 朝日新聞大阪版(朝刊) 2000年8月21日、29面『世界の海の交流体感 : なにわの海の時空館・石浜館長に聞く』(編集委員 林梓生)。
  6. ^ 朝日新聞・大阪版(朝刊) 2000年6月29日、35面『石浜紅子さん、「時空館」館長に : 来月14日オープン』。
  7. ^ なにわの海の時空館名誉館長の称号贈呈式を行います。”. 大阪市 港湾局. 2010年3月31日 報道資料[リンク切れ]

関連項目編集