このページには以下の表記があります
  • 石鉄県
  • 石鐵県
  • 石鐡県

石鉄県(旧字体:石鐵県、いしづちけん[1][2][3][4]、せきてつけん[5][6][7][8][9][10]は、1871年明治4年)に伊予国北部を管轄するために設置された。現在の愛媛県中予地方東予地方にあたる。本項では前身である松山県(まつやまけん。第1次府県統合後)についても記す。

県名について編集

石鉄県の名は、石鎚山(石鈇山[注釈 1]、いしづちやま/いしづちさん)に由来する。ただし「鉄(鐵)」の字を用いたことについては、石鎚山の別表記の一つである「石鈇山」の「[注釈 2]の字を「鉄」[注釈 3]と混同したためではないかとされている[13][14]

明治4年(1871年)に旧来の松山県や西条県などが統合されて「松山県」が発足したが、明治5年(1872年)正月の稟請書によれば、人民の耳目を一新すべく県名を改めることとし、管内の中央にあって「四国第一ノ峻岳霊地」である石鎚山の名を採用すると説明されている[13]。明治5年2月9日付の太政官布告で「松山県石鐵県卜被改候事」と通告された[13][15]

「鉄(鐵)」には多くの字体があり、明治5年2月9日付の太政官布告は「石䥫縣」(䥫:金偏に截)の字体で記録されているが[16][15]、「石◆縣」(◆:金偏に纎の旁を合わせた文字)[17]を用いるものも多く見られ、県の廃止時には「石鐵縣」の字体で記録されている[18](『太政類典』には「石䥫」を「石鐵」に修正する書き込みがある[19])。他に「石銕縣」[20]と記すものもある。現代の文章や事典・データベース等では標準字体(新字体)である「石鉄県」が多く用いられるが[21][注釈 4]固有名詞部分で正字「鐵」を採った「石鐵県」も用いられ[22]、愛媛県地域では『愛媛県史』をはじめとして「石鐡県」の字体を用いる例が見られる[13][23]

沿革編集

後年作成された1872年(明治4年)旧12月の行政区画地図における松山県

管轄地域編集

歴代知事編集

松山県編集

石鉄県編集

  • 1872年(明治5年)2月9日 - 1873年(明治6年)2月20日 : 参事本山茂任(前松山県参事)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 石鎚神社も古くは「石鈇山社」「石鈇権現」「石鈇神社」などといった表記がされていた。
  2. ^ 「斧」の意[11]
  3. ^ 」は「」に対する「新字体」とされているが、「新字体」は第二次世界大戦後の国語改革期に新しく創られた文字ではなく[12]、「鉄」も「鐵」の異体字として古くから用いられてきた文字である。
  4. ^ 国立公文書館デジタルアーカイブでは「石鉄県」の字体で件名登録している。

出典編集

  1. ^ 愛媛県企画振興部総合政策課. “愛媛県庁ホームページ/県名の由来・生い立ち”. 2022年6月1日閲覧。
  2. ^ a b 愛媛県. “県の予算 県勢のあらまし”. 2014年2月2日閲覧。文書の右下、「県のおいたち」の節を参照。
  3. ^ 国立公文書館デジタルアーカイブ. “伊豫久米浮穴の三郡絵図”. 2011年7月20日閲覧。
  4. ^ 愛媛県のおいたち”. 愛媛県企画振興部広報広聴課. 2014年4月30日閲覧。
  5. ^ 愛媛県の地名 日本歴史地名体系第三九巻 平凡社
  6. ^ 角川日本地名大辞典 38 愛媛県 角川書店
  7. ^ 日本大百科全書 小学館
  8. ^ 愛媛県百科大事典 愛媛新聞社
  9. ^ 愛媛県の歴史 県史38 山川出版社
  10. ^ 『松山市史 第三巻 近代』では「石鉄県」に「せきてつ」「いしづち」2通りの読み仮名が振ってある。
  11. ^ 元別子銅山文化遺産課長 坪井利一郎; 新居浜市立図書館 (2016年11月12日). “別子山村郷土誌と別子山村史”. 2022年5月29日閲覧。
  12. ^ 銭谷真人 (2019年1月22日). “「国」と「國」のように,昔と今とで形がちがう漢字があるのはなぜですか”. ことば研究館. 国立国語学研究所. 2022年6月1日閲覧。
  13. ^ a b c d 二 石鐡県政と神山県政”. 愛媛県史 近代 上(昭和61年3月31日発行). 2022年6月1日閲覧。
  14. ^ 徳島県立図書館(回答) (2021年4月17日). “『愛媛県百科大事典』(愛媛新聞社/編 愛媛新聞社 1985.06)の「廃藩置県」の項に、「松山県は石鉄県になった」とあるが、「鉄」ではなく「鈇(金偏に夫)」(石鎚山のツチ)ではないか。”. レファレンス協同データベース. 2022年6月1日閲覧。
  15. ^ a b アジア歴史資料センター 「松山県石鉄県と相致居義太政官より達の件」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C04024991200、明治5年 「大日記 壬申2月 太政官之部 戊」(防衛省防衛研究所)
  16. ^ 松山県ヲ石鉄県ト改ム”. 太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第九十五巻・地方一・行政区一. 国立公文書館. 2022年6月1日閲覧。
  17. ^ 石鉄県庁ヲ三津町ヘ移ス”. 太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第百三巻・地方九・地方官庁制置二. 国立公文書館. 2022年6月1日閲覧。
  18. ^ 石鉄等四県廃合ノ儀伺”. 公文録・明治六年・第百十三巻・明治六年二月・大蔵省伺(三). 国立公文書館. 2022年6月1日閲覧。
  19. ^ 香川県ヲ廃シ名東県ヘ合併神山石鉄ノ二県ヲ廃シ愛媛県ヲ置ク”. 太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第九十五巻・地方一・行政区一. 国立公文書館. 2022年6月1日閲覧。
  20. ^ 石鐡県設置ニ付、近傍区左之如シ(国府叢書 巻十三)”. 今治市立図書館/国府叢書・文化財絵はがき(ADEAC). 2022年6月1日閲覧。
  21. ^ 松山藩〈伊予国〉”. 藩名・旧国名がわかる事典. 2022年6月4日閲覧。
  22. ^ 松山藩(伊予国)”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2022年6月4日閲覧。
  23. ^ 石鉄県管内図”. 愛媛県立図書館/愛媛県行政資料(藩政期・明治期)(ADEAC). 2022年6月1日閲覧。
  24. ^ 愛媛県. “愛媛県政発足記念日について”. 2014年2月2日閲覧。

関連項目編集

先代
西条県小松県今治県松山県
行政区の変遷
1871年 - 1873年 (松山県→石鉄県)
次代
愛媛県