神と共に 第二章:因と縁』(かみとともに だいにしょう いんとえん、原題:신과함께-인과 연)は、2018年公開の韓国ファンタジーアクション映画。『神と共に 第一章:罪と罰』(2017年公開)の続編。監督はキム・ヨンファ、出演はハ・ジョンウチュ・ジフンなど。原作はチュ・ホミンによる同名ウェブコミック[3]韓国では観客動員数1,227万人を記録し、シリーズ累計観客動員数は2,700万人を突破した[4][5]日本での公開は2019年6月28日[5][6]

神と共に 第二章:因と縁
신과함께-인과 연
監督 キム・ヨンファ
脚本 キム・ヨンファ
原作 チュ・ホミン『神と共に』
製作 ウォン・ドヨン
キム・ヨンファ
キム・ホソン
出演者 ハ・ジョンウ
チュ・ジフン
キム・ヒャンギ
マ・ドンソク
キム・ドンウク
イ・ジョンジェ
音楽 パン・ジュンソク
撮影 キム・ビョンソ
編集 キム・ジヌ
キム・へジン
製作会社 リアライズピクチャーズ
デクスタースタジオ
配給 大韓民国の旗 ロッテエンタテインメント
アメリカ合衆国の旗 Well Go USA
日本の旗 ツイン
公開 大韓民国の旗アメリカ合衆国の旗 2018年8月1日
日本の旗 2019年6月28日
上映時間 141分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
製作費 約200億ウォン[1]
興行収入 大韓民国の旗 1,026億ウォン[2]
前作 神と共に 第一章:罪と罰
テンプレートを表示
神と共に 第二章:因と縁
各種表記
ハングル 신과함께-인과 연
発音 シングァハムケ-イングァ ヨン
題: Along With the Gods: The Last 49 Days
テンプレートを表示

ストーリー編集

冥界の弁護士カンニム(ハ・ジョンウ)、護衛のヘウォンメク(チュ・ジフン)、補助弁護士のドクチュン(キム・ヒャンギ)は、1000年の間に48人を転生させることに成功。冥界の法では、あと1人を下界に転生させれば、使者自身も新しい命を得ることができる。

過去にカンニムが冥界裁判で弁護を務めた消防士ジャホンの弟スホン(キム・ドンウク)が兵役中の誤射で殉職し、怨霊となって冥界にやってくる。本来ならば怨霊は消滅しなければならないが、カンニムはスホンの無念の死を証明するため弁護を担うことを決意する。閻魔大王(イ・ジョンジェ)は、ある条件と引き替えにスホンが地獄裁判を受けることを許可。その条件とは、守護神であるソンジュ神(マ・ドンソク)に守られ、使者を追い払い続けている老人チュンサムを冥界に連れてくることだった。

スホンはカンニムと共に地獄巡りを開始し、ヘウォンメクとドクチュンは下界に降りる。下界での任務を進める中で、ソンジュ神が1000年前に2人を冥界に連れて行った使者だったことが発覚。カンニム・ヘウォンメク・ドクチュンを結び付けた驚くべき因縁が暴かれる。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 企画:キム・ホソン、ノ・ウニ、ユン・ジョンソク
  • 監督:キム・ヨンファ
  • 脚本:キム・ヨンファ、カン・ジウォン(補助作家)
  • 原作:チュ・ホミン『神と共に』 ※ウェブコミック
  • 脚色:イ・ジョンウク、キム・チャンフン、パク・チョンス
  • 製作:キム・ヨンファ、キム・ホソン、ウォン・ドンヨン
  • プロデュース: キム・ジホン(総括)、キム・テイム、チェ・ジソン、キム・サナ
  • VFX:チン・ジョンヒョン
  • 音楽:パン・ジュンソク
  • サウンド:チェ・テヨン(サウンドスーパーバイザー)、キム・ビョンイン(スーパーバイザリング・ダイアログエディター)
  • 美術・プロダクションデザイン:イ・モグォン
  • アートディレクター:イ・ジョンフン(美術助監督)、チャン・ヒソン(美術チーム長)、チン・へジョン(美術室長)
  • セット:クォン・ビョンギュン
  • 小道具:パク・ジェワン
  • 衣装:ソン・ユンジョン(衣装室長)、ムン・ヘリン(衣装デザイン)、チョ・サンギョン
  • ヘアメイク:チェ・ヘリン
  • アクション/スタント:オ・セヨン(下界での武術)、ハン・ジョンウク、ホ・ミョンヘン
  • 特殊効果:オ・ウォンジュン(特殊効果室長)、ユン・テウォン
  • 撮影:キム・ビョンソ、キム・ソンジン(再撮影Bカメラ)
  • 照明:シン・ギョンマン
  • 同時録音:イ・サンジュン(録音)、コ・ドンフン(録音サポート)、クォン・イェヨン(再撮影録音技師)
  • 編集:キム・ジノ、キム・へジン
  • 製作会社:リアライズピクチャーズ、デクスタースタジオ
  • 配給:ロッテエンタテインメント

製作・公開編集

本作は、韓国映画史上初めて前作(『神と共に 第一章:罪と罰』)と併せて2作同時に製作され、総製作費は約400億ウォン(約42億円)に上った[2]。前作と併せて撮影には約1年を要した[7]

韓国ならびにアメリカ2018年8月1日に公開され、韓国映画として初めて全公開国でIMAX上映された[8]。観客動員数は1,227万人を記録し[4][2]、韓国映画史上初の2作連続1,000万人突破となった[9]

日本では2019年6月28日に公開された[5]

受賞歴編集

  • 第55回大鐘賞 - 技術賞(チン・ジョンヒョン〈視覚効果〉)[10]
  • 第27回釜日映画賞 - 男性人気スター賞(ディオ[11]
  • 第27回釜日映画賞 - 女性人気スター賞(キム・ヒャンギ[11]
  • 第18回ディレクターズ・カット・アワード - 今年の男性新人演技者賞(ディオ)[12]
  • 第5回韓国映画制作家協会賞 - 技術賞(チン・ジュンヒョン〈視覚効果〉)[13]
  • 第10回今年の映画賞 - 今年の映画人賞(キム・ヨンファ[14]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ “[韓流]韓国映画「神と共に2」が観客1千万人突破 2作連続の大台超え”. livedoor NEWS (livedoor). (2018年8月14日). https://news.livedoor.com/article/detail/15157811/ 2018年8月14日閲覧。 
  2. ^ a b c 韓国映画振興委員会 歴代ボックスオフィス”. 韓国映画振興委員会. 2019年9月15日閲覧。
  3. ^ “ハ・ジョンウ&チャ・テヒョン&EXO ディオ出演映画「神と共に」ウェブ漫画バージョンのスペシャルポスターを公開”. Kstyle (LINE). (2017年12月20日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2084464 2017年12月20日閲覧。 
  4. ^ a b “ハ・ジョンウ&チュ・ジフンら出演「神と共に2」観客動員数1千万人突破…記念写真を公開”. Kstyle (LINE). (2018年8月14日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2099018 2018年8月14日閲覧。 
  5. ^ a b c “マ・ドンソクも神に!「神と共に」新たな地獄巡り描く第2章の予告解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月31日). https://natalie.mu/eiga/news/333651 2019年5月31日閲覧。 
  6. ^ “ハ・ジョンウ主演映画「神と共に」2部作が日本公開!5月と6月に新宿ピカデリーほか全国ロードショー決定”. Kstyle (LINE). (2019年2月20日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2111514 2019年2月20日閲覧。 
  7. ^ “ハリウッド映画の1/10以下の製作費で実現? 『神と共に』キム・ヨンファ監督、撮影の裏側語る”. Real Sound (blueprint). (2019年5月24日). https://realsound.jp/movie/2019/05/post-365186_1.html 2019年5月24日閲覧。 
  8. ^ “ハ・ジョンウ&チュ・ジフン出演「神と共に2」全世界でIMAX上映を確定…“韓国映画としては初””. Kstyle (LINE). (2018年7月12日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2096883 2018年7月12日閲覧。 
  9. ^ “ハ・ジョンウ&チュ・ジフンら出演「神と共に2」観客動員数1千万人突破…記念写真を公開”. Kstyle (LINE). (2018年8月14日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2099018 2018年8月14日閲覧。 
  10. ^ “イ・ソンミン&ファン・ジョンミン&ナ・ムニ「第55回大鐘賞映画祭」男女主演賞を受賞…最優秀作品賞は「バーニング」(総合)”. Kstyle (LINE). (2018年10月23日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2103475 2018年10月23日閲覧。 
  11. ^ a b “EXO ディオ&キム・ヒャンギ「第27回釜日映画賞」男女人気賞を受賞…感想を伝える”. Kstyle (LINE). (2018年10月6日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2102368 2018年10月6日閲覧。 
  12. ^ “EXO ディオからキム・テリまで…監督たちが選ぶ“今年の俳優”に!「第18回ディレクターズ・カット・アワード」受賞者に選定”. kstyle (LINE). (2018年12月12日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2106816 
  13. ^ “チュ・ジフン&ハン・ジミン「第5回韓国映画制作家協会賞」で主演賞を受賞…“今この瞬間、映画を撮っているよう””. Kstyle (LINE). (2018年12月19日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2107394 2018年12月19日閲覧。 
  14. ^ “ソル・ギョング&ナ・ムニ「今年の映画賞」男女主演賞を受賞…作品賞は「1987、ある闘いの真実」(総合)”. Kstyle (LINE). (2018年1月31日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2086796 2018年1月31日閲覧。 

外部リンク編集