神は偉大な王を守る

かつてのフランス王室歌

神は偉大な王を守るDomine salvum fac regem)は、フランス王国の王室歌、非公式の国歌である。フランスフランス革命の結果、共和制の国家として現在も存在しているため、この国歌は一切使用されない。

神は偉大な王を守る
Domine, salvum fac regem

歌の対象
フランス王国

作詞 不明
採用時期 不明
採用終了 1792年
言語 フランス語
テンプレートを表示

歴史 編集

音楽・音声外部リンク
「神は偉大な王を守る」
様々な作曲家による旋律の例
  例1 - ムートン作曲
IDOL提供YouTubeアートトラック
  例2 - リュリ作曲 (整理番号LWV 77/4)
PIAS提供YouTubeアートトラック
  例3 - リュリ作曲 (整理番号LWV 77/14)
Naxos of Amerca提供YouTubeアートトラック
  例4 - ブクステフーデ作曲
Naxos of Amerca提供YouTubeアートトラック
  例5 - シャルパンティエ作曲 (整理番号 H.285)
Harmonia Mundi提供YouTubeアートトラック
  例6 - シャルパンティエ作曲 (整理番号 H.291)
Naxos of Amerca提供YouTubeアートトラック
  例7 - シャルパンティエ作曲 (整理番号 H.299)
Hungaroton提供YouTubeアートトラック
  例8 - クープラン作曲
Naxos of Amerca提供YouTubeアートトラック
 
ヴェルサイユ宮殿内の壁画にフランス王国の国歌のタイトルが描かれている[1]

中世にはフランスで歌詞が確立していた。歌詞の冒頭文"Domine, salvum fac regem, et exaudi nos in die qua invocaverimus te."は、ラテン語訳聖書詩篇第20篇(la:Psalmus 20)の最後の行から取られている。

この歌詞に作曲家のジャン・ムートンが1515年に音楽をつけてモテットとした。同一の歌詞に対して多数の作曲家が異なる旋律を付けており、ムートン以外にジャン=バティスト・リュリディートリヒ・ブクステフーデマルカントワーヌ・シャルパンティエ(24曲作曲)、フランソワ・クープランなどの作曲したものが知られている。

俗説 編集

「神は偉大な王を守る」の旋律がイギリス国歌「国王陛下万歳」の旋律として流用されたという俗説があるものの、信憑性は疑わしいとされている。

歌詞 編集

歌詞はラテン語で書かれている。

英語訳

Domine salvum fac regem
et exaudi nos in die qua invocaverimus te.
Gloria Patri et Filio,
et Spiritui Sancto.
Sicut erat in principio
et nunc et semper et in saecula saeculorum.
Amen.

Lord, save our King
and hear us in the day in which we shall call upon Thee.
Glory to the Father and the Son,
and the Holy Spirit.
As it was in the beginning
and it is now, and it shall be, for ever without end.
Amen.

日本語訳

Domine salvum fac regem
et exaudi nos in die qua invocaverimus te.
Gloria Patri et Filio,
et Spiritui Sancto.
Sicut erat in principio
et nunc et semper et in saecula saeculorum.
Amen.

神よ、私たちの王をお守りください。
わたしたちがあなたを呼び求める日にわたしたちの言葉を聞いてください。
父と子への栄光、そして聖霊。
始まりのときのように
そしてそれは今であり、またそれは永遠に終わりのないものになるでしょう。
アーメン。

歴代フランス国歌一覧 編集

脚注 編集

  1. ^ The Fountains” (英語). Palace of Versailles (2016年3月27日). 2021年8月10日閲覧。

関連項目 編集