メインメニューを開く

秀島 一生(ひでしま いっせい、1946年1月1日 - )は、日本の旅行・航空評論家、サービスコンサルタント。

株式会社生島企画室の業務提携タレントとして各メディアで活動しているほか、拓殖大学客員教授も務めている。

略歴編集

東京都千代田区出身[1]1964年東京都立日比谷高等学校卒業[要出典]

1968年日本航空に入社。客室乗務員として経験を積んだ後、国際線チーフパーサーとして30年乗務していた。1998年に退社し、航空を中心とする評論家としての活動を始める。ウェブサイトやテレビ番組・映画などの監修や各地での講演会を開催。学校法人菅原学園早稲田大学エクステンションセンター講師の後、現在「拓殖大学客員教授」も務めている。

1970年代からの政府・国土交通省の総合交通政策並びに現行の航空政策について批判的な評論も聞かれ、「安全政策に辛口」の定評もある[要出典]また、日本航空の経営再建問題に絡んで、メディアで「歴代日本航空経営陣の放漫経営とその責任の取り方」について、追及すべきとの意見を述べてきたこともある[要出典]山崎豊子原作の小説「沈まぬ太陽」の映画化にあたっては、秀島が自ら監修を務めた。

主な出演番組編集

著作など編集

  • 間違いだらけのエアライン選び(マガジンハウス社)
  • 飛行機のしくみ―なぜ空を自由に飛べるのかをわかりやすい絵で一発解説!(2008年4月5日、ぶんか社ISBN 978-4821151547
  • JALvsANA比較(日経トレンディー特集号)
  • 週刊昭和 34号〈昭和53年〉[2]、38号〈昭和59-60年〉[3](朝日新聞社)

出典編集

  1. ^ 自身の公式Facebookプロフィールに掲載。
  2. ^ 週刊昭和 34号 朝日新聞出版
  3. ^ 週刊昭和 38号 朝日新聞出版

外部リンク編集