メインメニューを開く

秋田 佐知子(あきた さちこ、1943年2月14日 - 2006年1月[1])は、日本の脚本家

宮崎県延岡市出身。1965年日本大学芸術学部放送学科を卒業。一旦故郷の宮崎で教職に就いた後、1968年に再上京。1978年の『微笑』(TBS)が、単独脚本での初作品といわれる[2]

作品例編集

テレビドラマ編集

太字は、単独脚本と思われるもの

漫画原作編集

脚注編集