虹を織る

日本のテレビドラマ番組、NHK「連続テレビ小説」第26作目

虹を織る』(にじをおる)は、1980年昭和55年)10月6日から1981年(昭和56年)4月4日に放送されたNHK連続テレビ小説第26作目。

虹を織る
ジャンル ドラマ
脚本 秋田佐知子
出演者 紺野美沙子
土門峻
高松英郎
岩本多代
南美江
長門裕之
西村晃
新珠三千代
大地真央
葦原邦子
ほか
ナレーター 井上善夫
時代設定 昭和12年〜40年
製作
制作 NHK大阪放送局
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年10月6日 - 1981年4月4日
放送時間 15分
回数 153[1]
テンプレートを表示

特徴編集

維新の志士を数多く輩出した城下町・に生まれ、青春期には若い情熱を宝塚歌劇団の舞台に注ぎ、退団後もたえず新しい生き方を求め続けた一人の女性をユーモアを交えて明るく描いた。

1980〜81年の平均視聴率は38.5%、最高視聴率は45.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]

スタッフ編集

  • 脚本 - 秋田佐知子
  • 音楽 - 田中正史
  • イメージソング - 「雨上がりの空」(歌 - 堀江美都子
  • 演出 - 松尾剛
  • 語り - 井上善夫アナウンサー

キャスト編集

  • 島崎佳代(ヒロイン) - 紺野美沙子(本格デビュー作)
  • 島崎宗太郎(佳代の父。私塾を営む) - 高松英郎
  • 島崎八重(佳代の母。実家は津和野) - 岩本多代
  • 島崎きぬ(佳代の祖母。主人公を厳しく指導する) - 南美江
  • 島崎誠(佳代の弟。剣道の兄弟子と仲がよいが、序盤で佳代のトラブルの原因を作る) - 入江則雅
  • 島崎光三郎(佳代の叔父) - 鹿内孝
  • 津村賢次郎(佳代の叔父。神戸で宝石商を営む) - 長門裕之
  • 園子(佳代の叔母) - 水野久美
  • 典子(佳代の従姉) - 山本郁子
  • 立花英郎(佳代の夫) - 土門峻
  • 立花ひさの(英郎の母。佳代の姑) - ミヤコ蝶々
  • 上原敏江(佳代の宝塚時代の指導教員。日舞担当) - 新珠三千代
  • 佐々木花子(甘味食堂「おまっとうさん」の女主人) - 葦原邦子
  • 沢木忠一郎(佳代の剣道の先生) - 西村晃
  • 河井正雄(剣道場の兄弟子) - 広井純
  • 北川大吉(宗太郎の友人) - 芦屋雁之助
  • 望月 - 佐々木剛
  • 照子(佳代の友人) - 白石まるみ
  • 春風かおる - 大地真央
  • 宝塚歌劇団関係出演者(当時の現役・判明分)
    • ヒロインの上級生
      • 五月梨世(月組男役・65期)1982年退団。
      • 櫂早春(花組男役・66期)1983年退団。
    • ヒロインの友人
      • 水上エミ(ヒロインの親友・しっかり者の男役) - 友樹こころ(花組男役・66期)1988年退団。
      • 靖子(がんばり屋の男役) - 三城礼(星組男役・66期)1987年退団。
      • 妙子(恋に狂い宝塚を捨ててしまう) - 英マキ(星組男役・66期)1982年退団。
      • ゆき(泣き虫だが歌はうまい) - 毬谷友子(雪組娘役・66期)1985年退団。
  • その他 - 藤井章満

ほか

その他編集

脚注編集

外部リンク編集

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
虹を織る
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
前番組 番組名 次番組
虹を織る