メインメニューを開く
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
秋田県道56号標識

秋田大橋(あきたおおはし)は、秋田県秋田市雄物川に架かる全長583.6 mのである。

秋田大橋
秋田大橋全景
雄物新橋から見た秋田大橋全景
基本情報
日本の旗 日本
所在地 秋田市
交差物件 雄物川
建設 1997年 - 2001年
座標 北緯39度41分27.5秒 東経140度5分29.4秒 / 北緯39.690972度 東経140.091500度 / 39.690972; 140.091500
構造諸元
全長 583.6 m
15 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

目次

概要編集

左岸の新屋大川町、右岸の茨島五丁目を結ぶ2車線・両側歩道付きの道路橋。所属路線は秋田県道56号秋田天王線で、2003年3月15日に秋田南バイパスが全通するまでは当路線が国道7号であった。

現在の橋は2代目にあたり、2001年(平成13年)11月22日に完成している[1]。秋田市の中心地区である山王大町方面と新屋地区を結ぶため、朝夕の渋滞が比較的激しい場所でもある。

旧秋田大橋編集

 
旧秋田大橋を記念する説明板

旧秋田大橋は、雄物川両岸の低地を1926年(大正15年)から1933年(昭和8年)にかけて埋め立て、その上に橋脚を据えることで架橋された[2]1934年(昭和9年)11月20日竣工[1]1938年(昭和13年)に雄物川放水路が開通したことにより、それまでの幹線道路であった羽州浜街道(酒田街道)に代わって旧秋田市中心部と新屋方面を結ぶ重要路線になった[2]1976年(昭和51年)6月、交通量の増大に伴い、両側に歩道橋が増築された[2]

構造は単純鋼桁・単純トラス[3]で、全長587.4 m, 幅員7.5 mであった。

隣の橋編集

(上流側)JR雄物川橋梁 - 秋田大橋 - 雄物新橋(下流側)

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 5 秋田県』、1980年。

脚注編集

[ヘルプ]

  ウィキメディア・コモンズには、秋田大橋に関するカテゴリがあります。