メインメニューを開く

秋田県立本荘高等学校(あきたけんりつほんじょうこうとうがっこう)は、秋田県由利本荘市に所在する県立高等学校本高(ほんこう)の通称で呼ばれている。

秋田県立本荘高等学校
秋田県立本荘高等学校
過去の名称 秋田県立本荘中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 秋田県
校訓 右文尚武
質実剛健
玲瓏同氣
設立年月日 1902年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
高校コード 05123D
所在地 015-8585
秋田県由利本荘市陳場岱6番地
北緯39度22分29.86秒東経140度2分27.4秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

秋田県内で4番目に設立された旧制本荘中学校を前身とする公立高等学校。進学重視型単位制を採っており、三学期制。国公立大学に毎年100名以上が進学し、難関私立大学の合格者も顕著である。四年制大学への進学がほとんどで、医歯薬系(特に保健、看護、薬学)への進学者を多く出している。授業は、一日に50分の6(7)コマである。創立以来、由利地方の各市町村の首長を多く輩出していることも特徴である[要出典]

「右文尚武」の校是のとおり、学業とならび、部活動が盛んである。インターハイ常連の端艇部をはじめ、硬式野球部、ヨット部、柔道部、弓道部などが強豪で、硬式野球部は1967年1988年2006年2008年全国高校野球選手権大会に秋田県代表として出場。

新入生は一週間の間、校歌・応援歌練習に参加する。応援歌を歌う際に、男子生徒が肩を組んで、上半身を前後に反らせるのが特徴的である(2006年全国高校野球選手権大会に出場した際の応援でも行われた)。

現在の校舎は三代目で、屋根はである。 校舎までには500メートルほどの急な坂があり、多くの運動部が走り込みを行う。また、この坂は道に沿って桜が植樹されていることから「桜坂」と呼ばれている。

制服は、男子は創立以来の黒の学生服。女子は冬服は濃紺のブレザー、夏服はセーラー服にブルーチェックのスカートであり、夏服にあこがれて同校を目指す女子生徒も珍しくない。

最近は、女子のほうが多い。[要出典]。また、応援団の中核を成すのも、女子生徒である。白の羽織・袴で部活動の応援に励んでいる。

沿革編集

行事編集

4月に行われる運動会では、3年生の男子が文系と理系に分かれて「棒倒し」を行うのが伝統である。6月に行われる文化祭は校訓である「玲瓏同気」にちなんで「玲瓏祭」と呼ばれている。クラスごとに仮装をし、劇などを行う「仮装パフォーマンス」は本荘公園などを利用しての一般公開もされている。

部活動編集

  • 生徒会執行部
    • 応援団
    • 運動部
      • 端艇部
      • ヨット部
      • 陸上競技部
      • 硬式野球部
      • 軟式野球部
      • 剣道部
      • 柔道部
      • 弓道部
      • バスケットボール部
      • バレーボール部
      • 卓球部
      • ソフトテニス部
      • サッカー部
      • 水泳部
      • 山岳部


    • 文化部
      • 吹奏楽部
      • 演劇部
      • 放送部
      • 科学部
      • 文芸部
      • 華道部
      • 茶道部
      • 書道部
      • 美術部
      • 写真部

著名な卒業生編集

最寄駅編集

関連項目編集

外部リンク編集