メインメニューを開く

稲城大橋

東京都稲城市と府中市の間で多摩川にかかる橋
Japanese Route Sign Number 9.svg
東京都道9号標識

稲城大橋(いなぎおおはし)は、東京都多摩川にかかる、東京都道9号川崎府中線道路橋である。かつて、この道路橋を含む東京都府中市中央自動車道稲城IC付近から、稲城市東京都道19号町田調布線鶴川街道)までの区間は稲城大橋有料道路と呼ばれる一般有料道路であったが、2010年(平成22年)4月1日に無料開放された。

稲城大橋
稲城大橋(2011年8月7日)
稲城大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都府中市 - 稲城市
交差物件 多摩川
路線名 神奈川県道・東京都道9号川崎府中線
座標 北緯35度39分8秒 東経139度30分42秒 / 北緯35.65222度 東経139.51167度 / 35.65222; 139.51167座標: 北緯35度39分8秒 東経139度30分42秒 / 北緯35.65222度 東経139.51167度 / 35.65222; 139.51167
構造諸元
形式 3径間連続鋼床版箱桁
材料
全長 351m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
稲城大橋入口の標識(府中側、2010年4月)
かつての料金所。現在は中央自動車道上り線の稲城IC入口料金所として使用。(2011年8月7日)
右の土手が中央自動車道本線、右上の2本の曲線が中央道と稲城大橋を繋ぐ連絡路、左は稲城大橋の一般道出入り口。
かつての稲城大橋有料道路の標識(稲城市側、2008年11月)

目次

概要編集

1995年平成7年)4月14日供用開始し、東京都道路公社が建設及びその後の管理をしていた。自動車専用道路ではないので、125cc以下のオートバイ原付一種、原付二種)も通行可能であり、橋上には歩行者や自転車も通行できる歩道が設けられている。

多摩川の北岸で中央自動車道稲城ICと直結している。北行きは稲城ICの新宿方面への入口に、南行きは新宿方面からの出口に接続している。北岸には一般道へ出入りする道路も設置されているため、稲城ICの出入りだけでなく、多摩川を渡るだけの利用も可能である。

稲城ICは新宿方面に向いたハーフインターチェンジであり、稲城大橋と稲城ICを経由し、稲城市側から中央自動車道八王子方面へ向かうこと、八王子方面から稲城市側へ向かうことはできないが、かねてから稲城市は稲城大橋の中央自動車道八王子方面との接続を政策に掲げていて[1]、2015年3月7日に稲城大橋北岸から西に少し進んだ場所に府中スマートICが供用開始された。

稲城市側は、南詰で側道への出入口を分岐した後、半地下構造で東京都道9号川崎府中線(川崎街道)などをアンダーパスし、橋から南へ約1kmの地点にある稲城大橋下新田交差点で東京都道19号町田調布線と合流する。

橋梁編集

稲城大橋の橋梁本体の長さは351mであり、橋梁の形式は3径間連続鋼床版箱桁である[2]

歴史編集

通行料金編集

有料での開通当初、料金所にはETCゲートがなく、有人で料金を徴収していた。支払い方法は現金と回数券のみだった。ただし、中央自動車道(東京方面)へ抜ける場合は、「中央自動車道の料金分のみに限り」、ETCカードを手渡しすることでETC払いが可能であった。 東京都では、当時の稲城大橋有料道路の早期無料化を計画しており[3]、2008年度に無料化による交通量の変化や周辺への影響などを把握するための調査などを行った。国や関係機関、地元市などと早期無料化に向けた協議を進めた[3][5]結果、2010年4月より無料開放された[6][7]

インターチェンジなど編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集