稲葉 幾通(いなば ちかみち)は、豊後国臼杵藩13代藩主。

 
稲葉幾通
Inaba Chikamichi.jpg
稲葉幾通像(臼杵市・月桂寺所蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 文化12年3月29日1815年5月8日
死没 天保14年12月17日1844年2月5日
改名 邦次郎、辰次郎、幾通
戒名 本誠院殿一寛宗仁大居士
墓所 大分県臼杵市の月桂寺
官位 従五位下備中守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
豊後臼杵藩
氏族 稲葉氏
父母 稲葉雍通稲葉尊通
兄弟 尊通幾通通臧通孚松平康爵正室、松平輝茂正室
奥平昌高
観通
テンプレートを表示

経歴編集

文政4年(1821年)、兄で先代藩主の尊通の死去により、父によって(死後であるが)尊通との養子縁組が行なわれ、新たな藩主として擁立された。擁立時、7歳という若年だったため、藩政は隠居した父によって全て成されていた。

天保7年(1836年)、中津藩、奥平昌高の六女と結婚したが嗣子はなく、側室の間に設けた一男一女も夭折した。このような状態で体調が悪化。万が一の際でも藩の存続を図るため、天保13年(1843年)、幕府に対し甥の冨太郎と仮養子縁組を届け出ている[1]。体調はその後も回復しないまま、兄同様父に先立って天保14年(1843年)12月17日に29歳で死去。跡を仮養子の手続きを行なっていた冨太郎が観通として継いだ。

系譜編集

出典編集

  1. ^ 江後迪子 (1999年). 隠居大名の江戸暮らし. 吉川弘文館. p. 75ページ. ISBN 4-642-05474-X